【米国テック株を徹底研究】NASDAQ100とFANG+はどっちがいい?

NASDAQ100とFANG+って、めっちゃ似てるイメージがあるんやけど。

どっちもハイテク企業に投資してるよなぁ。

どっちがええんやろ?

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こかです。

アメリカのハイテク産業へ投資がしたいとき、「おぉ、個別株じゃなくてETFや投資信託もあるじゃないか!」とQQQやNASDAQ100投信などを候補に挙げる。

しかし、いざ投資しようとすると「似てる商品が多くて、わからん…」と立ち止まってしまう。

こんなことはありませんか。

今回のブログは、アメリカのハイテク産業へ投資できるiFreeNEXT FANG+インデックスとiFreeNEXT NASDAQ100インデックスの比較をします。

なんとなく、FANG+とNASDAQ100は似ているイメージですが、実は構成銘柄やパフォーマンスに大きな違いがあります。

中身をしっかりと理解して投資しないと、想定外のリスクを抱えてしまうかもしれません。

本日もぜひ最後までご覧ください。

NASDAQ100とFANG+はどっちがいいですか

NASDAQ100とFANG+はどっちがよいか。

iFreeNEXT FANG+インデックスとiFreeNEXT NASDAQ100インデックスを用いて、両者を比較します。

両方とも、大和投信が運営している投資信託だよ。

まずは、サクッと結論をまとめるで。

NASDAQ100とFANG+どっちがいい?
  • NASDAQ100とFANG+は似て非なるもの
  • 組入銘柄が異なるため、パフォーマンスに差がある
  • 個人的には、NASDAQ100の方がよいと思う

重複している銘柄がほとんどですが、NASDAQ100とFANG+の組入銘柄は相違点もあります。

そのため、パフォーマンスに違いが出ています。

FANG+には中国企業が含まれており、中国株の是非で投資判断が分かれそうです。

FANG+はNASDAQ100の切り取りという認識だと、想定外の動きをするかも。

iFreeNEXT FANG+インデックスとiFreeNEXT NASDAQ100インデックスをまるっと

iFreeNEXT FANG+インデックスとiFreeNEXT NASDAQ100インデックスの概要です。

iFreeNEXT FANG+インデックスiFreeNEXT NASDAQ100インデックス
設定日2018/1/312018/9/4
純資産総額183.79億円358.43億円
信託報酬0.7755%0.495%
信託期限無期限無期限
連動指数FANG+指数NASDAQ100指数
ウェート方式等ウエート投資方式時価総額加重平均方式
決算月1月8月
2021年10月1日現在

純資産額に大きな差がありますね。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスの方が2倍近い資金が集まっています。

運用コスト面にも差がありますね。

銘柄を比較してみましょう

iFreeNEXT FANG+インデックスとiFreeNEXT NASDAQ100インデックスの構成銘柄をまとめます(2021年8月31日現在)

iFreeNEXT FANG+インデックス

iFreeNEXT FANG+インデックスの組入銘柄です。

iFreeNEXT FANG+インデックスは合計10銘柄で構成されており、以下の銘柄が全銘柄です。

銘柄国・地域割合
1NVIDIA CORPアメリカ11.0%
2ALPHABET INC-CL Aアメリカ10.9%
3APPLE INCアメリカ10.6%
4TESLA INCアメリカ10.6%
5FACEBOOK INC-CLASS Aアメリカ10.4%
6NETFLIX INCアメリカ10.2%
7TWITTER INCアメリカ9.6%
8AMAZON.COM INCアメリカ8.9%
9BAIDU INC – SPON ADR中国7.4%
10ALIBABA GROUP HOLDING-SP ADR中国6.9%

ほぼ均等配分やな。

アメリカのハイテク企業を中心に、中国のバイドゥやアリババも含まれています。

ちなみに、マイクロソフトは含まれていません。

  • バイドゥ:中国検索大手
  • アリババ:ECサイトや決済システム

iFreeNEXT FANG+インデックスについては、以下の記事でまとめています。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

次に、iFreeNEXT NASDAQ100インデックスの構成銘柄トップ10をご紹介します。

銘柄国・地域割合
1APPLE INCアメリカ11.1%
2MICROSOFT CORPアメリカ9.9%
3AMAZON.COM INCアメリカ7.5%
4ALPHABET INC-CL Cアメリカ4.1%
5FACEBOOK INC-CLASS Aアメリカ3.9%
6TESLA INCアメリカ3.8%
7ALPHABET INC-CL Aアメリカ3.8%
8NVIDIA CORPアメリカ3.7%
9PAYPAL HOLDINGS INCアメリカ2.2%
10ADOBE INCアメリカ2.1%

FANG+と似ている顔ぶれですが、組入割合が全く違いますね。

iFree NEXT NASDAQ100インデックスについては、以下の記事で詳しくお話ししています。

もしよかったらご覧くださいね。

パフォーマンスはどう?

大和アセットマネジメントの資料を引用し、FANG+とNASDAQ100、NYダウ、S&P500を比較します。

引用:大和アセットマネジメント

FANG+すごいやん!

2014年9月を起点とした場合、4つの指標の中ではFANG+のパフォーマンスがもっとも優秀でした。

しかし、切り取る期間を変えると見える景色は全く異なります。

直近1年間のiFreeNEXT FANG+インデックス(ピンク)とiFree NEXT NASDAQ100インデックス(青)を比較すると、以下のチャートのようになります。

引用:Yahoo!ファイナンス

FANG+の方がボコボコしてる。

NASDAQ100に比べ、FANG+の方が変動幅が大きいです。

期間によっては、FANG+の方が優秀…とは言い難い状態です。

個人的にはNASDAQ100をおすすめします

冒頭の言葉と重複しますが、「NASDAQ100とFANG+はどっちがよいか」については、わたしはNASDAQ100で十分だと思います。

バイドゥやアリババに投資できる点は魅力的であると同時に、リスクが大きいかなと思います。

バイドゥやアリババを取り巻く中国経済や市場環境を考えると、まだ「不安定」というイメージが強いです。

中国のハイテク産業の進化は目まぐるしいのですが、まずはNASDAQ100でいいんじゃないか、と。

わたしは両方を保有していますが、FANG+はポイント投資でお遊び程度しか投資していません。

FANG+とNASDAQ100は似て非なるもの

FANG+とNASDAQ100を比較しました。

似ているようなイメージの2つですが、構成銘柄や過去のパフォーマンスを見てみると、意外と差があります。

ここ数年は米国テック企業が優勢で、FANG+もNASDAQ100も好調ですが、相場の流れが変わると大きく値を下げるかもしれません。

いづれも自分のリスク許容度、投資年数、資産と相談して投資すべき対象かなと思います。

米国テック企業へ投資する場合、まずはNASDAQ100のETFや投資信託から始めてみる。

もっと深掘りしてみたくなったら、FANG+も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

QQQ・NASDAQ100
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました