【暴落中】QQQとiFreeNEXT NASDAQ100はどっちがいい?【ETFと投資信託を比較】

ハイテクがめっちゃ暴落してるやん。

今こそ投資チャンスかと思うんやけど、QQQか投資信託かどっちがいいやろ?

投資対象は同じやけど、違いがあるんやろか。

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

2022年に入り、QQQが大暴落しています。

しかし、大暴落時期こそ、ハイテクへの投資チャンスと思う方も多いのではないでしょうか。

 

 

さて、いざ、ナスダック100へ投資するとき、QQQと投資信託のどっちで投資するか、迷いませんか。

わたしはQQQと大和投信のiFreeNEXT NASDAQ100インデックスで悩み、iFreeを選びました。

 

本日のブログでは、QQQと投資信託を比較します。

自分にピッタリの商品を選んで、ハイテク投資で明るい未来をゲットしてくださいね!

 

ぜひ最後までご覧ください。

ETF(QQQ)と投資信託を比較!あなたにおすすめは?

ETF(QQQ)と投資信託を比較します。

ナスダック100投信の二大巨頭であるiFree NEXT NASDAQ100インデックスeMAXIS NASDAQ100インデックスの2種類の投資信託を取り上げます。

 

QQQがおすすめな人、投資信託がおすすめな人

まず、QQQ、投資信託それぞれおすすめな人をカンタンにまとめますね。

 

QQQ
  • 米国株市場で売買したい人
  • 外国株投資に慣れている人
  • コストを抑えたい人
投資信託
  • 手軽に円貨で投資したい人
  • 少額から投資したい人
  • 自動積立をしたい人

 

投資金額や取引通貨を考えると、気軽に始められるのは投資信託かなと思います。

投資信託ならば、「まずは、1,000円だけ…」のような投資も可能です。

 

一方、米国株市場で取引するQQQならば、指値注文も可能です。

「305ドルで買いたい!」のようなときも困らないですね。

 

わたしは投信(iFree NEXT NASDAQ100インデックス)で投資しています。投信で十分でした。

 

QQQとiFree NEXT NASDAQ100インデックス・eMAXIS NASDAQ100インデックスの商品概要

それぞれの商品の概要を比較しましょう。

(iFree NEXT NASDAQ100インデックス・eMAXIS NASDAQ100インデックスは、名称を略しています)

QQQiFreeeMAXIS
設定日1999/03/102018/9/42021/1/29
純資産1,616億ドル490.34億円454.41億円
連動指数ナスダック100指数ナスダック100指数ナスダック100指数
買付単位約300ドル〜100円〜100円〜
コスト0.20%0.495%0.44%
取引通貨米ドル日本円日本円
運用会社インベスコ大和投資信託三菱UFJ国際投信
2022年7月16日現在

 

QQQは、アメリカのナスダック市場に上場しているETFです。

歴史が長く、純資産も多く(1,600億ドル超)、世界中の投資家から愛好されている商品と考えられます。

 

一方、iFree NEXT NASDAQ100インデックス・eMAXIS NASDAQ100インデックスは、日本の投資信託です。

先発のiFree NEXT NASDAQ100インデックスでも4年前に設定されたばかりです。

eMAXIS NASDAQ100インデックスは後発組とは思えないほど、純資産を伸ばしています。

 

似てるようで、違う…。

共通点と相違点はどこや?

ナスダック100へ投資する点は共通ですが、投資金額やコストなどが異なります。

QQQもナスダック100投信も、ナスダック100へ投資している。

しかし、投資金額・コスト・取引通貨が異なる。

 

共通点や相違点をまとめていきますね!

 

共通点:投資対象はNASDAQ100

投資対象は共通しており、QQQも、ナスダック100投信も、ナスダック100へ連動するよう設定されています。

 

ところで、ナスダック100ってナニ?

ナスダック100は、ナスダック市場に上場している時価総額上位100銘柄で構成されている指数です。

ただし、金融銘柄は含まれません。

ナスダック市場全体の約7割を超える銘柄が含まれています。

また、毎年12月に、ナスダック100指数の銘柄が見直されます。

 

たとえば、どんな銘柄がナスダック100に含まれるん?

ナスダック100銘柄のうち、組入上位10銘柄は以下の通りです。

ティッカー銘柄組入比率
1MSFTマイクロソフト11.88%
2AAPLアップル11.75%
3AMZNアマゾン6.61%
4GOOGグーグル クラスC4.02%
5GOOGLグーグル クラスA3.97%
6NVDAエヌビディア3.79%
7TSLAテスラ2.81%
8METAメタ2.71%
9PEPペプシコ2.02%
10AVGOブロードコム2.00%
参照:invesco.com(2023年1月22日現在)

つまり、QQQやナスダック100投信を買うと、アップルやマイクロソフト、アマゾンなどに投資できちゃいます。

ハイテクグロース銘柄への投資を考えている方に、ピッタリの商品です。

 

ちなみに、QQQの構成銘柄については、こちらの記事でもまとめています。よかったら、ご覧くださいませ。

 

相違点①:経費が気になりますか?

実は、ETFと投資信託は信託報酬が異なります。

上図は、QQと2つのナスダック100投信のコストをまとめたものです。

最も信託報酬が安い商品はQQQです。

一方、投資信託はQQQの2倍以上のコストです。

 

数字だけ見ると、QQQの方がよさそうに思うけど。

とことん低コストで運用したいあなたには、QQQをおすすめします。

 

しかし、わたしは0.3%弱のコスト差くらいは許容範囲なので、投資信託で運用中です。

自動積み立てや分配金再投資機能を考えると、「ま、許せるかな」と気にしていません。

わたしのように少しのコスト差は許容できるあなたは、ナスダック100投信で問題ないと思います。

 

相違点②:いくらから取引したいですか?

あなたは、QQQやナスダック100投信にいくら投資する予定ですか。

QQQは約300ドルから、投資信託は100円から投資できます。

 

個人的に、投資金額の差は重要ポイントじゃないかと考えており、投資信託の優位点かと思っています。

投資信託ならば、「ハイテクってコワイイメージがあるけれど、1,000円だけ投資してみようかな。慣れてきたら、金額を増やそう」など、小さく始めて大きく育てることが可能だからです。

一方、QQQの場合、1株300ドル(1ドル=135円とすると、約40,000円)が最小金額となり、初めての方には少しハードルが高いかな…と思います。

 

相違点③:ドルか、円、どちらで取引したい?

取引通貨の違い
  • QQQ:ドル建て
  • 投資信託:円建て

ETFとナスダック100投信では、取引する通貨も異なります。

QQQは米ドルで取引し、投資信託は日本円で取引します。

 

普段から米国株取引をしている人は、米ドルでの取引に抵抗はないでしょうが、外貨建て資産に抵抗がある方は、投資信託で保有する方がベターです。

投資信託を選んでも、為替の影響は受けるよ。

あくまでも、「米ドルで持つか」「日本円で持つか」の違いや。

 

率直なところ、QQQでも、投資信託でも問題ない

率直なところ、QQQでも、投資信託でも問題と思います。

時価を見ながら投資できる点はQQQの大きなメリットですが、長期投資の場合、数ドルの差に神経質になる必要もないかと考えており…。

現状のiFree NEXT NASDAQ100インデックスで満足して、投資しています。

 

成長株投資に興味があるなら、3つの米国株レポートがおすすめ

QQQや投資信託でハイテク株へ投資し、さらに個別銘柄にも興味が出てきたら、「株価10倍が狙える3つの米国株」をご覧になってください。

メールアドレスを登録するだけで、米国株の銘柄情報が届きます。

アメリカのアナリスト、アレックス・グリーン氏との情報が手軽に読めちゃうんです。

無料なので、気軽にご覧になってください♪

 

ナスダック100に投資するならば、ETF?投資信託?

QQQ(ETF)とiFree NEXT NASDAQ100インデックス・eMAXIS NASDAQ100インデックス(投資信託)を比較しました。

 

  1. QQQ・iFree NEXT NASDAQ100インデックス・eMAXIS NASDAQ100インデックスともに、ナスダック100に連動する動きを目指している
  2. QQQは米国株市場で取引するETFであり、米ドルで取引する。コストが安い。
  3. iFree NEXT NASDAQ100インデックス・eMAXIS NASDAQ100インデックスは、国内の投資信託であり、少額投資可能。日本円で買える。

自分にピッタリとくる投資商品を選んで、ハイテク投資でよい結果をつかみましょ。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました