PR

新NISAで買えるNASDAQ100投資信託まとめ

わたしは新NISAでもNASDAQ100に投資予定!

ふぅん

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こか(@cocablog)です。

新NISAでも、NASDAQ100買ってやる…!

オルカン推しの風潮が強いなか、わたしは新NISAでもNASDAQ100への投資を予定しています!

NISA満額(1,800万円)も埋められないし、好きなものを買いたいなと思って。

今回のブログは、2024年からの新NISAで買えるNASDAQ100投資信託についてお話しします。

本日もぜひ最後までご覧ください。

新NISAで買えるNASDAQ100投資信託まとめ

新NISAで買えるNASDAQ100投資信託を一覧にしました(人気の銘柄のみ)

おまけで、FANG+も載せています。

(ファンド名称のリンクは各ファンドの説明サイトです)

ファンド名称設定日投資枠区分純資産信託報酬
eMAXIS NASDAQ100インデックス2021/1/29成長838.86億円0.44%
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス2018/8/31つみたて・成長808.46億円0.495%
ニッセイNASDAQ100インデックス2023/3/31成長210.56億円0.2035%
SBI・インベスコQQQ・NASDAQ100
インデックス・ファンド
2023/8/23成長11.35億円0.2388%
iFreeNEXT FANG+インデックス2018/1/31つみたて・成長403.04億円0.7755%
2023/11/20現在

気になった点をピックアップしますね。

iFree NEXT NASDAQ100・FANG+ はつみたてOK

以下2つの投資信託は、つみたて投資枠を利用できます。

  • iFreeNEXT NASDAQ100インデックス
  • iFreeNEXT FANG+インデックス

NISA投資枠の観点で考えると、 iFreeシリーズの優位性が(ちょっとだけ)出ますね。

わたしは「つみたて投資枠が使えなくても、成長投資枠を使えばいいや」と思いますが、つみたて投資枠のみを利用したいユーザーも一定数いるはず。

iFreeシリーズは、つみたて投資枠メインのユーザーニーズを汲み取れるのではないかと思います。

まぁ、ほかの投資信託も追随するでしょうし、少しの間の先行者利益かと思いますが…。

SBI・インベスコQQQはQQQへ直接投資

SBI・インベスコQQQ・NASDAQ100インデックス・ファンドは、QQQへ直接投資しています。

QQQへ直接投資??

ほかのNASDAQ100ファンドは「NASDAQ100への連動を目指すファンド」です。

QQQへは投資しておらず、QQQと近似していますがビミョーに異なります。

「QQQに投資したいけれど、米国株市場でやりとりするのは抵抗がある」ような方におすすめの商品ですね。

SBI証券でしか購入できないから注意してね


こかブログでは、NASDAQ100やFANG+についてまるっとご紹介しています。

よかったらご覧くださいね。

つみたて投資枠に選ばれるには?

なんで、iFreeだけがつみたて投資枠OKなん?

実は、つみたて投資枠対象に選べれるためには要件があります。

「iFreeがつみたて投資枠になったなら、eMAXIS だって…」とカンタンにはいかないんです。

SBI証券の投資メディアから引用します。

一方で、指定インデックス投資信託以外の投資信託のつみたてNISA要件は、コストの要件に加えて、

☆ 純資産額が50億円以上
☆ 信託期間が5年以上
☆ 信託期間のうち、資金流入超の回数が2/3以上

といった厳しい要件があります。

引用:https://go.sbisec.co.jp/media/report/fund_info_plus/fund_info_plus_231113.html

低コストに加え、純資産額や運用期間、資金流入などの条件を満たして初めて、つみたて投資枠の投資信託に選べれます。

たとえ、ほかの条件を満たしていても、eMAXIS NASDAQ100インデックスやニッセイNASDAQ100インデックスファンドは運用期間がまだ浅いため、つみたて投資枠では扱えないんですね。

スポンサーリンク

新NISA関連の手続きはお早めに

人気のNASDAQ100やFANG+関連の投資信託は新NISAに対応していますが、つみたて投資枠で購入できるものはiFree NEXT NASDAQ100インデックスiFree NEXT FANG+インデックスの2本のみです。

もし、つみたて投資枠での投資を考えているならば、iFree シリーズ一択ですね(2023年11月現在)

わたしは成長投資枠の利用で構わないので、ニッセイNASDAQ100インデックスファンドへの投資を検討しています。

信託報酬の安さが魅力なんですよね〜

また、楽天証券からSBI証券へNISAを移管した話 でも書きましたが、NISA移管(乗り換え)を検討されている方はお早めに!

年末が近づくにつれて、手続きが混み合います。

乗り換え先の金融機関に口座を持っていない方は、口座開設とNISAの乗り換え手続きを並行して進めましょう。

※ SBI証券、楽天証券、マネックス証券それぞれのHPリンクを貼りますね。ご参考まで。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

こか

アラフォー女性投資家。新卒で証券会社へ入社。転職後の2007年より投資をスタート、2019年に米国株投資を始める。はじめは失敗だらけの投資人生だったが、コツコツ投資に切りかえ、2021年には資産2,000万円に到達!お金や労働の不安が軽くなりつつある。2030年までに資産3,000万円を目指す。

フォローする
QQQ・NASDAQ100
この記事をシェアする
フォローする
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました