【50万円買った!】eMAXIS NASDAQ100インデックスをまるっとご紹介します

eMAXISのNASDAQ100インデックスを50万円一括投資した。

年初に買ったから、下がってる(涙)

また、NASDAQ100か!

「ハイテクは暴落します」って決まってるのに。

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こかです。

 

みなさん、ハイテク株へ投資していますか。

わたしは、2022年1月にeMAXIS NASDAQ100インデックスを50万円一括買いして、目下マイナスです!(涙・涙)

 

さて、2022年7月現在、米国ハイテク銘柄は非常に厳しい局面を迎えています。

米国や世界各地で利上げが進み、経済が冷え込むかもしれません。

利上げが進めば、株式から資金を引き上げる人が増えるかもしれません。

 

2022年のナスダックの下落は、コロナショックの比ではないと思います。

そんな中、ナスダック100へ投資する価値はあるのでしょうか。

 

さて、今回のブログは、eMAXIS NASDAQ100インデックスについてご紹介します。

前半ではeMAXIS NASDAQ100インデックスの概要をまとめ、後半ではナスダック100投資について検討します。

 

本日もぜひ最後までご覧ください。

eMAXIS NASDAQ100インデックスについて

eMAXIS NASDAQ100インデックスについて、概要をまるっとまとめます。

eMAXIS NASDAQ100
インデックス
設定日2021/1/29
純資産400.67億円
ベンチマークNASDAQ100指数
買付単位100円〜
購入時費用0円
信託報酬率0.44%(税込)
信託財産留保額0円
信託期間無期限
つみたてNISA対応していない
運用会社三菱UFJ国際投信
2022年6月19日現在

 

eMAXIS NASDAQ100インデックスは、2021年1月に設定されたファンドです。

まだ新しいファンドですが、純資産額は400億円を超えており、先発商品のiFree NEXT NASDAQ100インデックスの純資産額に迫る勢いです。

eMAXISシリーズ×NASDAQ100の組み合わせがよいのかも!

 

また、iFree NEXT NASDAQ100インデックスより、信託報酬率が低く設定されています。

差別化を図ったのでしょうね。

※買付単位や購入時費用は販売会社によります。

QQQとeMAXIS・iFreeを比較!あなたはどれに投資する?

 

人気が出れば、信託報酬が下がる?!

eMAXIS NASDAQ100インデックスは、純資産総額が増えれば増えるほど信託報酬率が下がる仕組みを採用しています。

 

え?どういうことなん?

 

受益者還元信託報酬率と言いますが、言葉は覚えなくてオッケーです。

「実際、どれくらい信託報酬率が変化するのか?」を以下の表にまとめました。

 

純資産総額信託報酬率
(税込)
500億円未満の部分0.440%
500億円以上1,000億円未満の部分0.429%
1,000億円以上の部分0.418%
目論見書を参考に、当ブログが作成

もし、純資産額が500億円を超えれば、信託報酬率は0.44%から0.429%へ引き下げられます。

なるべく、運用コストは抑えるほうがよいので、信託報酬が下がる嬉しいですね。

 

設定後、約1半年で400億円近い純資産を積んだeMAXIS NASDAQ100インデックス。

信託報酬率の変化も注目です。

 

eMAXIS NASDAQ100インデックスの純資産総額が、500億円を超える可能性ってあるやろか。

どやろ?

今のNASDAQ100人気を見てると、ゼロではないと思うな。

 

販売会社が少ない

eMAXIS NASDAQ100インデックスの販売会社はまだ少なめ。

2022年6月現在では12社です。

 

今後、販売会社も増えていくでしょうが、自分が取引している金融機関での取り扱いはしっかり確認してくださいね。

 

楽天証券・SBI証券・マネックス証券は取扱アリや。

 

eMAXIS NASDAQ100インデックスの組み入れ銘柄

eMAXIS NASDAQ100インデックスの組み入銘柄トップ10をまとめます。(2022年6月現在)

 

銘柄比率
APPLE INC12.4%
MICROSOFT CORP10.7%
AMAZON.COM INC6.1%
TESLA INC3.9%
ALPHABET INC-CL C3.9%
ALPHABET INC-CL A3.7%
META PLATFORMS INC-CLASS A3.1%
NVIDIA CORP3.0%
PEPSICO INC2.1%
COSTCO WHOLESALE CORP1.9%
月次レポートを参考に、当ブログが作成

組み入れ銘柄トップ10は、ほぼ予想通りではないでしょうか。

アップルやマイクロソフト、アマゾン、テスラ、アルファベット、メタ…と続きます。

 

NASDAQ100って聞いて、想像する銘柄ばかりや。

米国のハイテク銘柄へまるっと投資できる投資信託ですね。

 

投資信託だからこそ幅広い銘柄に投資できる

ハイテク銘柄ばかりかと思いきや、ペプシコやコストコが組み入れられている点もおもしろいなぁと思います。

おそらく、「ハイテク株を買おう!」と思う人はなかなかペプシコやコストコには投資しないはず。

普段、自分が買わないような銘柄にも投資でき、投資信託って新しい出会いがあるなぁと見ています。

 

【超個人的意見】今、eMAXIS NASDAQ100インデックスって買い時?

eMAXIS NASDAQ100インデックスって、買い時なのでしょうか。

年初に50万円一括買いしたわたしですが、2020年・2021年のようにハイテク銘柄へ資金が流れるかはギモンです。

 

配当金が少ない中、投資のモチベーションが保てるか?下がってきても、売らずにホールドできるか?

長期投資できるかどうか試練の時かな、と。

 

ハイテク銘柄の上値は重いかも

コロナショック後のような華やかな展開は期待できず、ハイテク銘柄の上値は重いと見ています。

下図は2017年7月〜2022年7月のナスダック100のチャートです。

下げることを知らないナスダックでしたが、2022年に入り、急落しています。

 

ただし、今後のわたしたちの生活を考えると、テクノロジー化は欠かせないと思います。

リモートワーク一つ取ったって、パソコンやネットワーク、クラウドシステム、セキュリティ…

さまざまテクノロジーに支えられて成り立っています。

2022年7月、マイクロソフトのTeamsで障害が起こり、ニュースになりました。

 

テクノロジーが不具合を起こすと、仕事や学業、生活が大混乱しちゃうんやね。

 

しかし、生活のテクノロジー化が株価へ反映されるかは、ややギモンです。

コロナショック以降のカネ余りもあり、「期待」からハイテク銘柄へ資金が流れていたと思います。

金融引き締めで株式相場が鈍化している今、なかなか株価は上がりづらいのではないでしょうか。

 

やっぱりハイテクはオワコンなのか

やっぱりハイテクはオワコンってこと?

オワコンとまでは思いませんが、しばらくは停滞気味かと覚悟しています。足踏み状態、と言いましょうか。

 

長期投資と言っても、なかなか上がらないとメンタルがやられちゃう。

長期投資どころか、割切投資くらいでよいのでは?

 

わたしは「10年後にフタを開けて、プラスだったらバンザイ!!」くらいの気長に構えて、NASDAQへ投資しています。

今までが好調しすぎました。

日々の値動きは気になりますが、「答え合わせは10年後〜」と思い、長〜い目で見ています。

 

もし、NASDAQ100への投資をしたいと思う投資家さんがいたら、ハイテク株の勢いが落ち着きを見せている今こそ、NASDAQ100への投資スタート時期ではないでしょうか。

ただし、焦りは禁物です。ゆっくりと構えましょ。

 

eMAXIS NASDAQ100インデックス、10年後の未来に期待!

eMAXIS NASDAQ100インデックスとナスダック100投資について、まとめました。

 

eMAXIS NASDAQ100インデックスは、純資産額に応じて信託報酬が見直されるため、人気が出れば出るほど、運用コストが縮小されます。

同じナスダック100投信のiFree NEXT NASDAQ100インデックスより、一歩、リードしている点かと思います。

 

でも、今年のナスダックの勢いを見ると、投資メンタルがガクンと挫けそうになりますよね。

2022年1月の最高値付近で50万円一括投資したわたしのNASDAQ100は、ずーーーっとマイナスです。

マイナスに見慣れて、もはや背景化しています。

しかし、わたしはテクノロジー産業の作る未来の暮らしに期待をしたいし、また強い相場が来ると信じ、ガッツリホールドです。

 

これからeMAXIS NASDAQ100インデックスへ投資する人も、すでに投資している人も、10年先の明るい未来に期待して、長い目で投資しましょ!

こかブログはいつもあなたを応援しています!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

NASDAQ100はオワコン?
QQQとeMAXIS・iFree、どっちを選ぼう?


【無料レポート】株価10倍を狙う3つの成長株!!

米国のアナリスト、アレックスグリーン氏による成長株レポートです。

米国株が不調な今こそ、情報収集して、上昇相場に備えませんか?

成長株を3つの銘柄名を公開
医療技術分野での成功期待銘柄
レポートは無料

 

わたしも読みました。

素人とは異なる着眼点で書かれており、参考になりました。

》株価10倍が狙える3つの米国株レポートの詳細を見る


 

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら
QQQ・NASDAQ100
あなたのSNSでシェアしてね
Follow me
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)
タイトルとURLをコピーしました