NASDAQ100投信の戦国時代。おすすめはどれ?【信託報酬と純資産をチェック】

NASDAQ100投信がめっちゃ増えてる!

似たようなヤツが多いけど、結局、どれがええんや?

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回のブログはについて、NASDAQ100へ投資する投資信託4種類を比較します。

ちょっと前まではNASDAQ100投信なんてiFreeだけだったのに、いつの間にか4つも販売されていました。

ずいぶん、増えましたね。結局、どれがいいのでしょうか。

ちなみに、わたしはiFree NEXT NASDAQ100インデックスへ投資しています。

乗り換え予定はないですが、今後、eMAXIS NASDAQ100インデックスも伸びてくるのではないかと思います。

本日もぜひ最後までご覧ください。

NASDAQ100への投資信託、4つアリ

昨今のハイテク投資人気で、NASDAQ100へ投資する投資信託が増えましたね。

2021年5月現在、NASDAQ100へ投資できる投資信託(レバレッジなし)は4種類あります。

  • iFree NEXT NASDAQ100インデックス
  • NZAM ベータ NASDAQ100インデックス
  • インデックスファンドNASDAQ100
  • eMAXIS NASDAQ100インデックス

NASDAQ100投信4つを比較

4つのNASDAQ100投資信託を比較します。

iFree NEXT
NASDAQ100
インデックス
NZAM ベータ
NASDAQ100
インデックス
インデックス
ファンド
NASDAQ100
eMAXIS
NASDAQ100
インデックス
設定日2018/9/42020/3/122020/8/312021/1/29
純資産(億円)250.0615.9597.3889.22
信託報酬(税込)0.495%0.44%0.484%0.44%
その他費用
(運用報告書より)
0.083%
(第二期
運用報告書)
1.175%
(第一期
運用報告書)
不明
(決算未到来)
不明
(決算未到来)
運営会社大和アセット
マネジメント
農林中金全共連
アセット
マネジメント
日興アセット
マネジメント
三菱UFJ
国際投信

投資対象(NASDAQ100)と為替ヘッジなしという点は、4商品とも共通しています。

また、全商品、つみたてNISAの対象外です。

一番の古株は、iFree NEXT NASDAQ100インデックスか。

iFree NEXT NASDAQ100インデックスに「追いつけ、追い越せ」の雰囲気がよくわかるね。

iFree NEXT NASDAQ100インデックス

最初に売り出されたNASDAQ100投信です。

先行者利益も働き、純資産額も4商品の中でトップ。

同じiFreeシリーズで、レバレッジ型のNASDAQ100投信も販売しており、レバレッジあり・なしで保有している投資家もいることでしょう。

iFree NEXT NASDAQ100を積み立て、毎月運用報告を書いています。

NZAM ベータ NASDAQ100インデックス

取り扱っている金融機関が、以下の5社のみとなっており、純資産額がなかなか伸びず、苦戦しているように見受けられます。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • auカブコム証券
  • 松井証券

あまりに純資産額が少ないと、将来的に繰上償還の恐れもあるため、投信を選ぶときは純資産額も要チェックです。

また、信託報酬はiFree NEXT NASDAQ100インデックスよりも安いものの、その他の費用が1%を超えています。

初年度のため、管理費等発生したのでしょうが、1%を超えるコストはイタイです。

個人的には、NZAM ベータ NASDAQ100インデックスへの投資はナイかな…と思います。

インデックスファンドNASDAQ100

インデックスファンドNASDAQ100も、純資産がそれほど伸びていないようです。

後発のeMAXIS NASDAQ100インデックスと比較すると、勢いにかけるかな…という印象。

個人的には、信託期限10年は不要だと思います。

インデックスファンドNASDAQ100をさくっと解説しています

eMAXIS NASDAQ100インデックス

eMAXISシリーズの知名度も相まってか、純資産の伸びは4商品の中でトップクラスです。

これからも純資産は伸びるでしょうね、

eMAXIS NASDAQ100インデックスの大きなポイントは、iFreeより信託報酬を安く抑えられている点です。

実質コストがどの程度かが気になるところですね(決算未到来のため、まだわかりません)

eMAXISシリーズはコッソリと実質コストが高いので、結局、iFreeとトントンかもしれません。

iFreeのライバルになるならば、eMAXIS NASDAQ100インデックスだと思います。

eMAXIS NASDAQ100インデックスをまるっとまとめています

投資信託選びで純資産が重要な理由

なんで投信選びで純資産が重要なん?

繰り返しますが、純資産が減ってしまうと、繰上償還の可能性があるため。

繰上償還とは、投資信託の運用が途中で終わってしまうことです。

たとえば、信託期間が「無期限」や「20XX年XX月XX日」と設定されていたとしても、「もう、あきまへん」となったら、途中で投資信託が償還されてしまいます。

繰上償還が起こると、損益が確定してしまう

繰上償還が起こると、償還時点での時価総額から諸経費を引かれた金額が、保有数量に応じて分配されます。

これから利益が見込めるのに!

今の価格で損切りはやめてぇぇぇ!

など、投資家の意向は反映されず、ゲームストップ。

投資信託の運用が終了してしまう=その時点で損益が確定してしまいます。(大抵、損失が出ることが多いです)

どうして繰上償還が起こるのか

繰上償還の条件は、目論見書に書かれています。

一般的に、投資信託の資産規模(純資産)が小さくなると繰上償還が起こりやすいです。

投資信託は一定以上の資産があってこそ、効率的に運用されるモノ。

解約が増え資産規模が小さくなると、運用が困難になり、繰上償還するパターンが多いです。

たとえば、iFree NEXT NASDAQ100インデックスの場合

iFree NEXT NASDAQ100インデックスの目論見書には、繰上償還の条件が下記のように書かれています。

次のいずれかの場合には、委託会社は、事前に受益者の意向を確認し、受託会社と合意のうえ、 信託契約を解約し、信託を終了させること(繰上償還)ができます。

● 受益権の口数が30億口を下ることとなった場 合
● NASDAQ100指数(円ベース)が 改廃された場合
● 信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき
● やむを得ない事情が発生したとき

iFree NEXT NASDAQ100インデックス 交付目論見書より

繰上償還リスクを回避するため、投資信託の純資産額も要チェックです。

スポンサーリンク

NASDAQ100投信の違いは信託報酬のみでなく、純資産もチェック

NASDAQ100へ投資する投資信託をご紹介しました。

いづれもNASDAQ100へ投資する商品で、信託報酬や純資産などで差が出てきます。

個人的には、今後、iFree NEXT NASDAQ100インデックスとeMAXIS NASDAQ100インデックスの二大勢力となるのではないかと予測しています。

オルカンホルダーがNASDAQ100に投資するならば、eMAXISシリーズを選ぶというパターンも増えそうです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

NASDAQ100関連の記事をまとめます。

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

投信・その他商品
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)
タイトルとURLをコピーしました