【最強対決】S&P500とNASDAQ100はどっちがいい?徹底比較!

1月から始めたiFreeNEXT NASDAQ100インデックス。

早くも含み益で、やっぱりNASDAQ100って最強なん?

そんなにNASDAQ100が強いなら、NASDAQ100にフルコミットすればよかったっ…!

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

恐る、恐る、2020年1月からiFreeNEXT NASDAQ100インデックスの積み立てを始めました。

最初に積立設定をしただけなのに、1年半で50%近く上がってくれています。

S&P500も強いと思っていましたが、NASDAQ100も本当に強い!

ひょっとして、NASDAQ100に投資してたら、めっちゃ儲かる…???

S&P500とNASDAQ100、投資するならばどっちがよいのでしょうか。

本日のブログ記事では、S&P500とNASDAQ100の概要、過去のリターンを比較します。

本日も最後までご覧ください。

NASDAQ100とS&P500をまるっと比較します

S&P500とNASDAQ100の違い?

銘柄数とか、業種とか??

NASDAQ100とS&P500の対決をするため、両者を比較しましょう。

まずは、概要をざくっと比較した表をご覧ください。

S&P500NASDAQ100
算出開始時期1957年3月4日1985年1月31日
算出会社S&P Dow Jones Indices社Nasdaq社
対象銘柄ニューヨーク証券取引所、
NASDAQに上場している銘柄
NASDAQに上場している銘柄
銘柄数500100
評価通貨米ドル米ドル
指数の計算方法時価総額比率の加重平均方式時価総額比率の加重平均方式
業種幅広い業種情報技術が多い
日本からの投資方法ETF・投資信託ETF・投資信託
 投資信託の場合
 つみたてNISA
OKNG

S&P500とNASDAQ100を比較すると、割と違いがあるね。

NASDAQ100は、S&P500より銘柄数が少ない上に、業種もやや偏っています。

NASDAQ100は勢いのある銘柄群が揃っている分、値動きも大きいです。

ちなみに、つみたてNISAでの運用はS&P500系投資信託に限られます。

「つみたてNISAを始めたばかりで、S&P500か、NASDAQ100か…」のようなお悩みがあるならば、S&P500系の投資信託にしましょう。

全米株式とNASDAQ100に投資して

S&P500ではありませんが、わたしは全米株式(VTI)へ投資しています。

VTIと並行してNASDAQ100に投資して思うことは、「この勢いがいつまで続くかな」ということ。

上がりっぱなしの株式なんてあるわけがなく、NASDAQ100の上昇余地は常に気になります。

楽観的になりすぎず、「いつか資金が一気に流出するかも…」という危惧は抱いていますね。

NASDAQ100とS&P500の構成銘柄

NASDAQ100ってどんな銘柄が入ってるんや?

NASDAQ100とS&P500の構成銘柄の上位10位をおさらいします。

NASDAQ100S&P500
1Apple(11.40%)Apple(5.55%)
2Microsoft(10.04%)Microsoft(5.02%)
3Amazon.com(7.77%)Amazon.com(4.34%)
4Alphabet<GOOG>(4.15%)Facebook(2.49%)
5Facebook(3.99%)Alphabet<GOOG>(2.14%)
6Tesla(3.87%)Alphabet<GOOGL>(2.12%)
7NVIDIA(3.84%)Berkshire Hathaway(1.77%)
8Alphabet<GOOGL>(3.83%)JPMorgan Chase(1.33%)
9PayPal(2.29%)Tesla(1.61%)
10Adobe Inc(2.15%)Johnson & Johnson(1.19%)
NASDAQ100はQQQ構成銘柄より、S&P500はHIS証券より引用(2021/9/7)

GAFAMが上位を占める点は、NASDAQ100、S&P500とも共通ですが、組み入れ割合が異なります。

  • NASDAQ100:GAFAM約4割
  • NASDAQ100:GAFAMが約2割

NASDAQ100ってほとんどGAFAMやん。

「アメリカのハイテク産業はまだまだ伸びるぜ!!」と考える投資家さんならば、NASDAQ100のようにGAFAMを多く含む投資先がよいかもしれません。

しかし、NASDAQ100は情報技術セクターを多く含む反面、金融セクター銘柄やオールドエコノミー銘柄を含みません。

繰り返しになりますが、S&P500と比べると、NASDAQ100の分散力はやや心許ない印象です。

直近10年間のリターン比較 NASDAQ100 vs S&P500

直近10年間のリターンを比較するため、nasdaq.comの特集にあった「NASDAQ100 vs S&P500」から引用します。

年間トータルリターン比較

2008年からのNASDAQ100とS&P500の年間のトータルリターン比較です。

(青:NASDAQ100/ピンク:S&P500)

引用:nasdaq.com

リーマンショックのあった2008年は、S&P500よりもNASDAQ100の方が下げていました。

しかし、その他の年ではNASDAQ100の方が年間リターンは優秀でした。

やっぱ、NASDAQ100の方がS&P500より優秀なんか…。

わたしは「華やかに株価挽回をしたから、NASDAQ100の方が優秀」とは思いません。

2021年現在から振り返れば、「NASDAQ100って、見事に回復してすごいね」と思いますが、2008年、2009年の渦中にいるときも同じように感じられたでしょうか。

当時、わたしがNASDAQ100へ投資していたら、

株価が戻ってきてるしいいけど、その前にめっちゃ下がってるしな。

また二番底が来るんじゃ…。

など、ボラティリティの大きさを気にしながらホールドしていたと思います。

累積のトータルリターン比較

次に、2008年からのNASDAQ100とS&P500の累積のトータルリターン比較です。

引用:nasdaq.com

2007〜2019年の動きを見ると、NASDAQ100がS&P500をアウトパフォームしています。

ただし、どの時代を切り取るかによって見える景色は異なります。

2000年1月からNASDAQ100とS&P500に投資した場合

パフォーマンスを比較する時期を変えてみよう!

2000年からの20年間でNASDAQ100とS&P500を比較してみます。

青:NASDAQ100/水色:S&P500

引用:Yahoofinance

2000年から投資を始めた場合は、NASDAQ100とS&P500は同程度のリターンです。

むしろ、2000年からの20年間の場合、NASDAQ100の方が下回っていることがほとんどです。

ハイテクバブルがはじけて、NASDAQ100は株価を回復するのに時間を要したのでしょう。

やはり、投資する時期、投資環境によって、投資結果は異なります。

ひとつのデータを過信するのは禁物や!

スポンサーリンク

NASDAQ100はポートフォリオの50%程度で楽しみませんか

2021年現在、NASDAQ100はS&P500をアウトパフォームしています。

レバレッジをかけて投資する商品もあるくらい、「アツイ」商品です。

しかし、負け知らず、下げ知らずの銘柄などあるわけがなく、わたしはNASDAQ100へ全力投資はしていません。

全米株式を基本とし、1/3〜1/2程度でNASDAQ100へ投資しています。

NASDAQ100は非常に魅力的な投資対象ですが、ボラティリティの大きさや銘柄群の偏りがあります。

リターンにはリスクが伴うことを承知の上で、資産の一部を米国の情報技術へ投資しています。

S&P500をベースに、NASDAQ100は一部資金で投資するのがよいのではないでしょうか。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。



3つの米国株

【無料レポート】Amazon、Teslaに続く銘柄は?日本人が知らない3つの米国株

米国アナリスト:アレックス・グリーン氏が書く無料レポートをご覧になったことがありますか?

株価10倍を狙う3つの成長株(医療技術分野)を公開
日本人投資家に知られていない銘柄
レポートは無料

ご興味がある方は下記URLをチェックしてみてください!

》【無料】株価10倍が狙える3つの米国株レポートを見てみる



いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

QQQ・NASDAQ100
あなたのSNSでシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました