【VOO・VTI・VYMを比較】最初の米国株投資で迷ったら読んで!

バンガードの3大人気ETFのVOOとVTIとVYM。

わたしにはどれがいいやろ?

ほな、今日はじっくりと比較してみるか。

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こかです。

過去のわたし:「経費率が安くて、分散されているETFがいいことはわかった。で、どれがいいの?」

バンガード社のVTI、VOO、VYMくらいまでは絞り込めましたが、3つのETFの特徴がわからず、困っていました。

悩んだ末、VTIを選び、現在も積み上げ中です。

 

さて、今回のブログは、VOOとVTI、VYMで悩むあなたに向けて、3つのETFを比較します。

 

今回のブログの内容
  • 前半:VTI、VOO、VYMの特徴や過去の実績を比較
  • 後半:VTIやVOO、VYMに投資している【こか】と【かー坊】の声

あなたの米国株投資にお役立てくださいね!

本日もぜひ最後までご覧ください。

VOO/VTI/VYMを比較します

VTIとVOO、VYMを比較します。

詳細をお伝えする前に、まるっと結論を。

  • 狙えるリターン、値動きの大きさ、配当利回りの捉え方を比較して、ETFを選ぼう
  • トータルリターンを狙いやすいのは、VTIとVOO
  • 値動きを抑えつつ、高配当株へ投資したいならばVYM

 

VOO/VTI/VYMの一覧比較

VTI・VOO・VYMの一覧比較です。

VanguardDividend.comをもとに、作成しました。

VTIVOOVYM
設定日2001/05/242010/09/072006/11/10
純資産額1兆1,103億ドル7,097億ドル556億ドル
信託報酬0.03%0.03%0.06%
インデックスCRSP
USトータル・
マーケット・
インデックス
S&P500指数FTSE
ハイディビデンド・
イールド・
インデックス
銘柄数4,098503443
分配金利回り1.57%1.63%3.30%
リスク444
個人的な所感全米掌握エリート500株高配当株
2022年7月23日現在

 

「リスク」は、バンガードのHPにある「Risk potential」を引用しています。

Risk potentialは5段階で評価されており、4は「分散されているが、全資産が株式であるため、値動きアリ。長期保有向け」との評価です。

VTIも、VOOも、VYMも、ファンドの中身はすべて株やからな。

ちなみに、5は「株価変動が激しい」株式系ETFを指すみたい。

新興国系のETFは、5やったよ。

 

VTI・VOO・VYMは米国株式を組み入れているETFです。

ただし、運用コンセプトの違いから、値動きや配当利回りに差が出ます。

次に、それぞれのETFの値動きやボラティリティを確認しますね。

 

VOO/VTI/VYMのチャート

組み入れる銘柄が違うってことは、値動きも違ってくるよな。

どれくらい違うんや?

ETFreplay.comより、分配金込みのチャートを引用し、3つのETFの値動きを比較します。

VOOが設定された2010年9月からの比較チャートです。

  • VTI:緑
  • VOO:青
  • VYM:黄色

 

VTIとVOOの値動きはほぼ同じで、チャートが重なっています。

VTI・VOOに比べると、VYMの値動きは控えめです。

 

2010年以降、3つのETFはゆるやかに株価が上昇していましたが、2020年のコロナショックで大きく下落します。

コロナショックを経て、VTI・VOOの株価が急騰しましたが、2022年は金利上昇に伴い、株価が下がっています。

一方、VYMのチャートはコロナショック後の上げ幅はゆるやかですが、2022年の下げ幅もゆるやかです。

 

2020年〜2021年のハイテク主導相場では、VTI・VOOが目立ちます。

2022年の相場では、金利上昇にも強い銘柄で構成されているVYMが底力を見せています。

 

VOO/VTI/VYMのトータルリターンとボラティリティ

続いて、トータルリターンとボラティリティを見てみましょう。

トータルリターンは分配金込みの数字です。

ETFreplay.comより

チャートで見た通りの結果ですね。

VTIとVOOのトータルリターン・ボラティリティは、ほぼ同じです。

VYMはボラティリティが低く、トータルリターンも抑えられています。

ボラティリティは、株価の変動率のことだよ。

 

VOO/VTI/VYMの組み入れ銘柄トップ10

それぞれのETFの組み入れ銘柄が異なるため、値動きやリターンに差が生じます。

詳細な銘柄を見る前に、ざっくりまとめますね。

  • VOOとVTIのトップ10は同じ(組み入れ比率がやや異なる)
  • VYMは配当利回りのよい銘柄が上位を占める

 

各ETFの組み入れ銘柄トップ10を確認しましょう。

Vanguardをもとに、作成しました。

VTIVOOVYM
1Apple Inc.(AAPL)Apple Inc.(AAPL)Johnson & Johnson(JNJ)
2Microsoft Corp.(MSFT)Microsoft Corp.(MSFT)Exxon Mobil Corp.(XOM)
3Amazon.com Inc.(AMZN)Amazon.com Inc.(AMZN)Procter & Gamble Co.(PG)
4Alphabet Inc. Class A(GOOGL)Alphabet Inc. Class A(GOOGL)JPMorgan Chase & Co.(JPM)
5Tesla Inc.(TSLA)Alphabet Inc. Class C(GOOG)Pfizer Inc.(PFE)
6Alphabet Inc. Class C(GOOG)Tesla Inc.(TSLA)Chevron Corp.(CVX)
7UnitedHealth Group Inc.(UNH)Berkshire Hathaway Inc. Class B(BRK.B)Home Depot Inc.(HD)
8Johnson & Johnson(JNJ)UnitedHealth Group Inc.(UNH)Eli Lilly & Co.(LLY)
9Berkshire Hathaway Inc. Class B(BRK.B)Johnson & Johnson(JNJ)AbbVie Inc.(ABBV)
10Facebook Inc. Class A(META)NVIDIA Corp.(NVDA)Coca-Cola Co.(KO)
2022年6月30日現在

VTIとVYMの組み入れ銘柄は似ていますね。

GAFAMやテスラを中心に、UNHやJNJ、BRK.Bを組み入れています。

しかし、VYMは高配当株を中心に、JNJやXOM、JPMなどで構成されています。

 

VYMのパフォーマンスが劣るのは、イマイチな銘柄を組み入れているわけではありません。

VYMには、ガツンと値上がりするハイテク系銘柄の比率が少ないだけです。

見方を変えれば、不況期にも強い銘柄が多いですね。

 

実際に、VOO/VTI/VYMへ投資してみて【こかとかー坊の感想】

VTI・VOO・VYMに投資している生の声をまとめますね。

わたしは、VTIへ投資しています。一方、かー坊はVOOとVYMに投資しています。

二人の実際の投資体験談です。

 

VTIに投資しているこか

何もわからず、最初に買った銘柄やけど、VTIが一番信頼できるかも!

米国株投資を始めるとき、「なんとなく」「よくわからないから」「まるっと米国を買いたくて」VTIへ投資ししました。

3年半、毎月買い続けています。

コロナショックのときは、「ぶ、、VTIがマイナスになりそう…」と危機を感じていましたが、投資をやめず、2022年の今も買い続けています。

 

VOOとVYMに投資しているかー坊

かー坊は、VOOとVYMに投資してるねん。

「儲かりそう」と思ってVOOを買い、「配当金も欲しいし、キャピタルも狙えるから」と考えVYMを買っているそうです。

なんで、VTIにせーへんかったん?

中小型株みたいなモンはいらんからや。

ちなみに、かー坊は、VOOもVYMも利益が出ており、「いい感じ♪」とのこと。

VOOとVTIは日々の値動きこそ違えど、長期で見たらほぼ同じパフォーマンスです。

正直、VTIとVOOは甲乙つけがたいので、好みで選んでいいと思います。

 

VOOかVTI?それとも、VYM?迷ってる時間がもったいない!

VOO/VTI/VYMのバンガードの3大人気ETFを比較しました。

VTIやVOOはほぼ同じパフォーマンスです。

とりあえず、すべての米国株に投資するならば、VTIですね。

中小型株を含まず、S&P500のみへ投資したい場合、VOOの方が適していると思います。

 

一方、VYMは高配当株に特化したETFです。

配当金がほしい人はVYMを選ぶのがよいですね。

 

また、3つのETFに共通することは、「時間をかければかけるほど、投資は有利になる」ということ。

どのETFにしようか迷う気持ちはわかりますが、悩むよりも運用に時間をかけましょう。

 

あなたにピッタリのETFで、素晴らしい米国株ライフを!!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

 

▼VTI・VOO・VYMに投資するなら、配当金も気になる!配当日をしっかりとチェック!


【無料レポート】株価10倍を狙う3つの成長株!!

米国のアナリスト、アレックスグリーン氏による成長株レポートです。

米国株が不調な今こそ、情報収集して、上昇相場に備えませんか?

成長株を3つの銘柄名を公開
医療技術分野での成功期待銘柄
レポートは無料

 

わたしも読みました。

素人とは異なる着眼点で書かれており、参考になりました。

》株価10倍が狙える3つの米国株レポートの詳細を見る


 

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら
VTI
あなたのSNSでシェアしてね
Follow me
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました