【10年間データ】VTIの配当金と配当利回りをまとめました

VTIの配当金って、いくらもらえるん?

配当利回りもどれくらいなんやろ…?

値動きに気を取られて、配当金はあまり気にしてへんかったなぁ。

どれくらいやろ?

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こか(@cocablog)です。

 

今回のブログは、VTIの配当金と配当利回りについてまとめます。

2011〜2021年のVTIの配当金と配当利回りを一覧にしたので、ぜひ見てください!!

 

VTIの配当利回りは1〜2%ですが、定期的な配当金と値上がり益の両方が魅力なETFです。

 

本日もぜひ最後までご覧ください。

VTIの配当金と配当利回りについて

VTIの配当金と配当利回りについて、まとめます。

VTIの配当利回りは2%前後で推移していましたが、2020年あたりから株高の影響もあり、1.2〜1.4%程度となっています。

 

VTIの配当金と配当利回りの推移(2011〜2021年)

VTIの配当金と配当利回りを表にまとめるよ!

2011〜2021年のVTIの配当金と配当利回りの推移です。

 

年 度配 当 金利 回 り年 度 末 株 価
2011年1.233ドル1.918%64.3ドル
2012年1.563ドル2.171%71.98ドル
2013年1.673ドル1.751%95.57ドル
2014年1.869ドル1.746%107.06ドル
2015年2.067ドル2.185%94.61ドル
2016年2.215ドル2.095%105.71ドル
2017年2.343ドル1.829%128.13ドル
2018年2.604ドル2.165%120.28ドル
2019年2.905ドル1.836%158.25ドル
2020年2.770ドル1.430%193.75ドル
2021年2.930ドル1.214%241.44ドル
VTIの配当金と配当利回りの推移(2011〜2021年)

配当金と利回りは、Vanguard公式サイトDividend.comを参考にし、以下の方法で算出しました。

  • 配当金:1年間(3・6・9・12月期)の配当金の合計
  • 利回り:配当金を年度末株価(毎年12月最終営業日の終値)で割ったもの

 

VTIの配当利回りは2%前後です。

VTIは、めちゃめちゃ高利回りってわけでもないんやな〜

5%以上の配当利回りの米国株もあるため、VTIの配当利回りは「普通」…ではないでしょうか。

 

配当金生活をするには心もとなく(元本にもよりますが)、高配当株投資家さんが飛びつくほどの利回りでもないように感じられます。

 

とは言えど、配当金を出さないETFもある中、定期的に1%の配当金が出るVTIは悪くないと思っています。

 

実際にVTIへ投資している場合、自分の買付価格をもとに利回りを計算するため、利回りは投資家によって異なります。

 

10万円投資したら、いくら配当金がもらえる?

配当利回りを聞いても、ピンと来ないやん?

実際に数字をあてはめて、考えてみよ!

VTIへ約10万円投資したら、いくら配当金がもらえるかシミュレーションしてみます。

VTI配当金シミュレーション
  • 2020年12月31日の終値(193.75ドル)で買うと想定
  • 2021年3・6・9・12月に配当金を受け取る
  • わかりやすくするため、1ドル=100円で計算

 

上記想定の場合、VTIを5株買い付けることができ、投資額は日本円で96,875円です。

VTIを5株買った場合、2021年の1年間の受取配当金は14.65ドル(税引前)でした。

 

つまり、2020年12月31日の終値でVTIを5株買った場合、14.65ドルの配当金を受け取ることができます。

 

1ドル=100円で単純計算しちゃうと、2020年末にVTIへ約10万円 投資した場合、翌2021年には1,465円の配当金を受け取ることができました。

 

2022年1月現在、VTIの配当利回りは1%強である。

 

ぶっちゃけ、VTIは高配当ではない

配当利回り1%か〜

やっぱり、高配当ではないなぁ。

VTIはけっして高配当株ではありません。

高配当株のETFに投資したいならば、VTIと同じバンガードのVYMはいかがでしょうか。

 

高配当株ETFに投資したいならば、VYMを

VYMは、ローコストで運用できる高配当株ETFです。

配当利回りは2〜3%ほどであり、VTIより配当利回りが高いです。

 

また、VYMの組入銘柄を見ると、JPモルガンやホームデポ、ジョンソン&ジョンソンなど大型株中心に投資しており、値動きの激しさに悩まされることなく保有できるのではないかと思われます。

 

VYMについては、【米国株】金利が上がってきた時に投資する銘柄【VYM】でまとめていますので、よかったらご覧ください。

 

また、VYMの配当利回りについては、【VYM】利回り3%!配当金と配当金利回りの推移でまとめています。

VTIは値上がり益×定期的な配当金が魅力の商品

先日、VTIからの配当金が100ドルを超えたことが嬉しく、下記のツイートをしました。

3年間で300万円近く投資して、ようやく100ドルを超える配当金です。

どちらかと言えば、VTIは値上がり益を狙う商品だなと感じています。

 

VTIは高配当ではありませんが、元本部分の強い値上がりに加え、きっちりと配当金も出してくれるため、バランスよく投資できる商品です。

米国株投資家で、VTI(VOOも)へ投資している方はたくさんいます。

たくさんの投資家から支持されている銘柄ですね。

 

これからVTIへ投資する方の参考になれば幸いです。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

 

「もう少し利回りの高い商品がよいな!」という方は、VYMも検討してみてはいかがでしょう?

VYMの配当利回りについては以下の記事でチェック↓↓

配当金をもらうためには「この日までに買う」が大事です!スケジュールはこちらの記事で↓↓


3つの米国株

【無料レポート】Amazon、Teslaに続く銘柄は?日本人が知らない3つの米国株

米国アナリスト:アレックス・グリーン氏が書く無料レポートをご覧になったことがありますか?

株価10倍を狙う3つの成長株(医療技術分野)を公開
イノベーションが期待される銘柄
レポートは無料

下記URLをクリックして、メールアドレス登録!レポートがあなたへ届く!

》【無料】株価10倍が狙える3つの米国株レポートを見る



いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら
VTI
あなたのSNSでシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました