【10年間データ】VTIの配当金と配当利回りをまとめました

VTIの配当金って、いくらもらえるん?

配当利回りもどれくらいなんやろ…?

値動きに気を取られて、配当金はあまり気にしてへんかったなぁ。

どれくらいやろ?

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こか(@cocablog)です。

 

VTIといえば、値上がりを期待して買う方も多いと思います。

しかし、VTIの配当金はいくらなのか(高配当株の多い米国株のことだから、配当金も期待できそう?!)も気になりませんか。

3か月に1回受け取れる配当金も、米国株投資の醍醐味ですものね!

 

さて、今回のブログは、VTIの配当金と配当利回りについてまとめました。

2011〜2022年6月までのVTIの配当金と配当利回りを一覧にし、配当金の受け取りシミュレーションもしています。

 

本日もぜひ最後までご覧ください。

VTIの配当金と配当利回りについて

VTIの配当金と配当利回りについて、まとめます。

VTIの配当利回りは2%前後で推移していましたが、2020年あたりから株高の影響もあり、1.2〜1.4%程度となっています。

実際にVTIへ投資している場合、自分の買付価格をもとに利回りを計算するため、利回りは投資家によって異なります。

 

VTIの配当金と配当利回りの推移(2011〜2022年6月)

VTIの配当金と配当利回りを表にまとめるよ!

2011〜2022年6月のVTIの配当金を一覧にしました。また、2011年から10年間の配当利回りの推移をグラフにしています。

 

年 度配 当 金利 回 り年 度 末 株 価
2011年1.233ドル1.918%64.3ドル
2012年1.563ドル2.171%71.98ドル
2013年1.673ドル1.751%95.57ドル
2014年1.869ドル1.746%107.06ドル
2015年2.067ドル2.185%94.61ドル
2016年2.215ドル2.095%105.71ドル
2017年2.343ドル1.829%128.13ドル
2018年2.604ドル2.165%120.28ドル
2019年2.905ドル1.836%158.25ドル
2020年2.770ドル1.430%193.75ドル
2021年2.930ドル1.214%241.44ドル
2022年3月0.7491ドル——————
2022年6月0.7082ドル——————
2011年からのVTIの配当金
VTIの配当金と配当利回りの推移(2011〜2021年)
2011〜2021年のVTIの配当金と配当利回り

 

過去10年間のVTIの配当利回りは2%前後で動いていました。

VTIは、めちゃめちゃ高利回りってわけでもないんやな〜

5%以上の配当利回りの米国株もあるため、VTIの配当利回りは「普通」…ではないでしょうか。

配当金生活をするには心もとなく(元本にもよりますが)、高配当株投資家さんが飛びつくほどの利回りでもないように感じられます。

 

とは言えど、配当金を出さないETFもある中、定期的に1〜2%の配当金が出るVTIは悪くないと思っています。

キャピタルも狙えて、定期的に配当金が出て、バランス感覚に優れたETFかな、と。

だから、わたしは毎月コツコツとVTIを買い増ししています(2022年7月現在:163株保有中です)

 

配当金と配当利回りの算出について

配当金と利回りは、Vanguard公式サイトDividend.comを参考にし、以下の方法で算出しました。

  • 年間配当金:1年間(3・6・9・12月期)の配当金の合計
  • 利回り:配当金を年度末株価(毎年12月最終営業日の終値)で割ったもの

 

10万円投資したら、いくら配当金がもらえる?

配当利回りを聞いても、ピンと来ないやん?

実際に数字をあてはめて、考えてみよ!

VTIへ約10万円投資したら、いくら配当金がもらえるかシミュレーションしてみますね。

VTI配当金シミュレーション
  • 2020年12月31日の終値(193.75ドル)で10万円分買ったと仮定
  • 2021年3・6・9・12月に配当金を受け取る
  • わかりやすくするため、1ドル=100円で計算

 

上記の仮定の場合、VTIを5株買い付けることができ、投資額は日本円で96,875円です。

VTIを5株買った場合、2021年の1年間の受取配当金は14.65ドル(税引前)でした。

 

つまり、2020年12月31日の終値でVTIを5株買った場合、14.65ドルの配当金を受け取ることができます。(税金や手数料等は考慮しない)

 

1ドル=100円で単純計算しちゃうと、2020年末にVTIへ約10万円 投資した場合、翌2021年には1,465円の配当金を受け取れたことになります。

株価の値上がりに加え、1.5%ほどの配当金がもらえたら、決して悪くない投資だと思います。

もちろんリスクはありますが、株価上昇と配当金の両方が狙えるのが米国株投資の醍醐味だとあらためて感じますね。

 

✔︎ VTIの配当金をもらったときの税金はいくら?
✔︎ VTIで配当金生活ってできる??

ぶっちゃけ、VTIは高配当ではない

VTIの配当利回り1%か〜

やっぱり、高配当ではないなぁ。

ほかのETFや銘柄と比較すると、VTIはけっして高配当株ではありません。

高配当株のETFに投資したいならば、VTIと同じバンガードのVYMはいかがでしょうか。

 

高配当株ETFに投資したいならば、VYMを

VYMは、ローコストで運用できる高配当株ETFです。

配当利回りは2〜3%ほどであり、VTIより配当利回りが高いです。

 

また、VYMの組入銘柄を見ると、JPモルガンやホームデポ、ジョンソン&ジョンソンなど大型株中心に投資しており、値動きの激しさに悩まされることなく保有できるのではないかと思われます。

わたしはSPYDを保有していますが、「VYMにしておけばよかった…」と後悔したこともありました。

 

VYMについては、【米国株】金利が上がってきた時に投資する銘柄【VYM】でまとめていますので、よかったらご覧ください。

 

また、VYMの配当利回りについては、【VYM】利回り3%!配当金と配当金利回りの推移でまとめています。

併せて、ご覧くださいませ。

 

VTIは値上がり益×定期的な配当金が魅力の商品

先日、VTIからの配当金が100ドルを超えたことが嬉しく、下記のツイートをしました。

3年間で300万円近く投資して、ようやく100ドルを超える配当金です。

ひょっとしたら、「配当金、少ないなぁ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

VTIは高配当ではありませんが、元本部分の強い値上がりに加え、きっちりと配当金も出してくれるため、バランスよく投資できる商品です。

高配当株ではないですが、これからもVTIをコツコツと積み上げます!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

 

配当金をもらうためには「この日までに買う」が大事です!スケジュールはこちらの記事で↓↓

「もう少し利回りの高い商品がよいな!」という方は、VYMも検討してみてはいかがでしょう?

VYMの配当利回りについては以下の記事でチェック↓↓


【無料レポート】株価10倍を狙う3つの成長株!!

米国のアナリスト、アレックスグリーン氏による成長株レポートです。

米国株が不調な今こそ、情報収集して、上昇相場に備えませんか?

成長株を3つの銘柄名を公開
医療技術分野での成功期待銘柄
レポートは無料

 

わたしも読みました。

素人とは異なる着眼点で書かれており、参考になりました。

》株価10倍が狙える3つの米国株レポートの詳細を見る


 

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら
VTI
あなたのSNSでシェアしてね
Follow me
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました