【ナスダック100】11月の投資結果を公開します【35回目の積立記録】

米国株戻ってきてるやん。

でも、ナスダックはイマイチやな。

うん、戻りが遅いなって感じてる。

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こか(@cocablog)です。

 

米国株はぼちぼち戻ってきているのに、ナスダックはなかなか戻りませんね。

ナスダック投資家のみなさん、NASDAQ100を売らずにホールド中でしょうか?

 

さて、今回のブログは、ナスダック100投信やFANG+の損益状況とその他積立投信の買付についてお話しします。

最後までご覧いただけると嬉しいです。

 

NASDAQ100・FANG+の投資状況(2022年11月)

2022年11月28日現在の運用状況です。

冒頭でもお話したとおり、米国株全体は持ち直してきたように思いますが、NASDAQはまだ戻りが遅いですね。

特に、中国株も含んでいるFANG+はイマイチです。

銘柄運用開始日運用期間投資額評価額評価損益
iFree NASDAQ100インデックス
(積立)
2020/1/835か月1,111,4991,461,214+349,714
(+31.46%)
eMAXIS NASDAQ100インデックス
(一括投資&積立)
2022/1/411か月520,438459,151-61,288
(-11.77%)
iFree NASDAQ100インデックス(iDeCo)2021/8/2616か月849,584865,674+16,090
(+1.8%)
iFree NEXT FANG+インデックス
(ポイント投資)
2020/6/330か月25,08320,075-2,502
(-11.08%)
合計2,506,6042,806,114302,014
2022/11/28現在

eMAXIS NASDAQ100インデックスは、年初に45万円分一括買いした分です。

取得単価を下げるために月々10,000円ずつ買い増ししています。

資金管理上、iFreeとeMAXISに分けて投資しましたが、そろそろ目的が果たせそうなので、キリのいいところで積立をストップする予定です。

 

iFree NEXT FANG+インデックスは、LINEポイントで買っています。

アリババやバイドゥにも投資できる点を魅力に感じ、投資を始めました。

しかし、中国株って難しいなとひしひしと感じています。

お国柄もあるせいか…米国株とは違いますね。

FANG+は、ポイント投資だからこそチャレンジできた銘柄です。

 

【毎月の記録】2022年11月 積立投信の約定結果

記録のため、サラッと。

2022年11月の積立投信の約定結果です。

積立投信の記録
  • iFreeNEXT NASDAQ100インデックス:19,756円/7,087口
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT):16,751円/9,552口
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス:20,646円/4,844口

価格にとらわれず、高いときも、安いときも淡々と続けるのみです。

 

来月の積立で、NASDAQ100投資も丸3年です!

最初は3か月のつもりでしたが、3年も続けることになるとは、自分でも驚き。

これから投資を始める方がいらっしゃったら、いきなり遠くの目標(5年後や10年後)ではなく、中間地点にマイルストーン(3か月継続しTwitterで投稿する、半年継続でご褒美スイーツを食べるetc)を置く方が継続しやすいですよ。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました