こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

GAFAMに投資するならばVOOで十分か、やはりQQQか?

米国株式投資

かー坊がQQQを売った途端、上がってきた。

ハイテクめ…、許せへん。

逆恨みやん。

かー坊だって、VOOでハイテク銘柄に投資してるやん。

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回の記事は、「GAFAMに投資するばらばVOOかQQQかとちらがよいか」をテーマにお話しします。

「GAFAMに投資したい」だけならば、どちらのETFでも満足できます。

でも、ETFの中身を見ていくと、それぞれに特徴があり、その特徴が株価推移に影響していると思われます。

本日もぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

GAFAMに投資するならVOOで十分か。

「GAFAMに投資したい」と思うだけならば、VOO(S&P500)で十分です。

「GAFAMに重点的に投資したい」ならば、QQQを選んだ方がよいでしょう。

なぜならば、VOOとQQQではGAFAMの組み入れ比率が異なるからです。

組み入れ比率の差って結構大きいんです。

QQQとVOOの組み入れ銘柄を比較

組み入れ比率の差を確認するために、QQQをVOOの組み入れ銘柄を比較します。

組み入れ銘柄の上位10銘柄をピックアップしました。

また、重複していない銘柄には色付けをしました。

VOOの場合、GAFAMの組み入れ比率は18.89%、QQQの場合は35.12%です。

2倍近くの違いがあります。

2倍も違えば結構大きい。

また、上位10銘柄の顔ぶれはVOOとQQQでは大きく異なりますね。

組み入れ比率の差って大したことないのでは?

「ゆーても、ETFやし、分散投資できてるし」と思うかもしれませんが、組み入れ比率の差はそれなりにインパクトがあります。

割合で聞いても、なかなかピンと来ないので、具体例を出してみますね。

たとえば、1クラスが40名の学級があったとき。

どこのクラスにも、明るくて、おもしろい、勉強もスポーツもできるモテモテの人たちっていますよね。

GAFAMはそういったグループをイメージしてください。

では、VOOとQQQにおけるGAFAMの組み入れ比率を学級に換算してみると、

VOO組にはGAFAMが8名、QQQ組にはGAFAMが14名います。

QQQ組はキラキラグループが多い!

自分のクラスにキラキラグループが14名もいるところを想像してみてください。

多分、クラス全体の雰囲気も変わってくるはずです。

これが組み入れ比率の差です。

QQQは万能ではないことをお忘れなく

言うまでもなく、VOOは大型株が多く、昔ながらの手堅い銘柄群が揃っています。

一方、QQQはVOOと重複する銘柄はあるものの、新興銘柄も多く、冒険的な組入内容です。

オールドエコノミーをよしとするのか、ニューエコノミーに期待したいのか。

QQQ組でGAFAMたちがインフルエンザにかかったら、一気に学級閉鎖になりかねません。

しかし、VOO組ならば影響範囲が限定されます。

QQQは破竹の勢いだけれども、万能ではないことを忘れてはいけません。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

人気記事▶︎会社イヤやねん!配当金で生活したい→米国株の高配当銘柄でマネーマシーンを作る

人気記事▶︎【投資の種銭を作る】残業代に頼らない!つみたて資金作りには「おうち稼ぎ」

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

米国株式投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました