こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【新登場】2568:NASDAQ100ETFとQQQ、そしてiFreeNASDAQ100投信どれを選ぶ?

投資信託ほか

2020年9月24日、2568:上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)が上場したよ!

本家QQQやら、NASDAQ100投信やら、ETFやら…。

いっぱい出てきたなぁ。

 

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回の記事は新設された2568:上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)についてです。

2020年1月より、わたしはiFree NEXT NASDAQ100投信へ積立投資をしており、今回のETFを買うつもりはありません。

しかし、2568は「市場で売買したい」「日本円で低コストで投資したい」というニーズを満たしてくれる商品ではないでしょうか。

本日もぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

2568:上場インデックスファンド米国株式とQQQ、iFree NEXT NASDAQ100を比較

新しく設定された2568:上場インデックスファンド(NASDAQ100)とQQQ、加えてNASDAQ100投信の概要をまとめます。

2568:上場
インデックスファンド
米国株式

インベスコ
QQQ

iFreeNEXT
NASDAQ100

どんな指数に
連動してる?

ナスダック100指数

ナスダック100指数

ナスダック100指数

どんな商品?

日本の
ETF

米国株市場に
上場するETF

日本の
投資信託

いくらから買える?

10口〜

1株〜

100円〜

値段の決まり方は?

株価(時価)

株価(時価)

基準価額
(1日に1回)

通貨は?

日本円

米ドル

日本円

いつから
やってる?

2020/9/24

1999/03/10

2018/9/4

買うときの
手数料は?

証券会社による

証券会社による

無料の場合が
ほとんど

信託報酬は?
(税抜)

0.25%

0.20%

0.45%

分配金は?

年に2回
(決算は1月・8月)

4半期ごと

年に1度

どの口座で
買える?

一般・特定口座・NISA

一般・特定口座・NISA

一般・特定口座・NISA

運用会社は?

日興アセットマネジメント

インベスコ

大和投資信託

日本からNASDAQ100へ投資する選択肢が増える=NASDAQ100市場への注目度の高さを感じますね。

NASDAQ100に投資するなら、どの商品?

2568(上場インデックスファンド米国株式)とQQQ、iFree NEXT NASDAQ100はNASDAQ100へ投資するという点は共通していますが、対象投資家が異なるように考えられます。

それぞれの商品の特徴が異なるため、投資家のニーズに合う商品を選ぶのがよいでしょうね。

【見える化】NASDAQ100へ投資する基準

さて、投資対象を選ぶときの目安を見える化してみました。

  1. どの通貨で取引するか
  2. どの商品を選ぶか

大きな違いはこの2点です。

どの通貨で取引するか

米ドル建てで投資するか、日本円で投資するか決めましょう。

米ドル建てで投資するならば、QQQ一択ですね。

どの商品を選ぶか

ETF、投資信託のどちらを選ぶか決めましょう。

ETFと投資信託の選ぶ目安を図解しました。

ETFか、投資信託か

たとえ、コストパフォーマンスがよくとも、自分に合わない投資方法・売買手法であれば、投資を継続することが困難になります。

わたしは米国株投資もしているため、米ドル投資は抵抗がありません。

しかし、毎月の積立機能や投信積立で貯まる楽天ポイントを考えると、「まぁ、コスト高でもiFree NEXT NASDAQ100(投信)にしとこうか」と思う次第です。

「あの投資ブロガーが言ってたから、この商品」ではなく、自分が無理なく続けられるような商品を選びましょう。

見える化から導く各商品のメリット・デメリット

次にざっくりとメリット・デメリットを紹介します。

QQQ

2568

iFree
NEXT(投信)

メリットコスト最安

分配金あり

市場で売買できる

1株から売買できる

円建て

低コスト

分配金あり

市場で売買できる

円建て

積立対応

分配金自動投資

100円単位で買付、
1円単位で売却可能

デメリット外貨建て

外国税発生

分配金再投資は手動

売買手数料が発生する

10口単位で購入

分配金再投資は手動

売買手数料が発生することも

信託報酬が高い

市場で売買できない

かー坊は米国株投資もしてるし、QQQや!

普段から米国株へ投資している人ならば抵抗なくQQQに投資できますね。

ドル建て資産や米国株投資に慣れていない人でも、2568やiFree NEXT NASDAQ100に投資すれば大丈夫です。

ちなみに、「コストが高い」と言われるiFree NEXT NASDAQ100でも、そこそこの投資成績を出すことができ、わたしは満足しています。

2020年9月28日現在のiFree NEXT NASDAQ100投信

「どの商品がいいかな」と研究に時間を費やすのもよいですが、まずは自分でやってみないとわかりません。

興味があり、やってみたいならば、まずは挑戦してみましょう!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

QQQとiFree NEXT NASDAQ100(投信)を比較しています↓

人気記事▶︎会社イヤやねん!配当金で生活したい→米国株の高配当銘柄でマネーマシーンを作る

人気記事▶︎【投資の種銭を作る】残業代に頼らない!つみたて資金作りには「おうち稼ぎ」

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

投資信託ほか
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

  1. 叶エイジャ より:

    こかさん
    こんにちは!

    私も、このまま投信QQQでいくつもりです。
    長期で持つ=頻繁に売り買いしない予定のため、というのが一番の理由ですが……。

    今、自分の中のテーマが「投信だと配当再投資時に未購入が発生しない→そのちょっとした差が長期で成長した際、コスト差を0あるいはひっくり返すのでは?」
    であり、もしそれが仮に正しいとすると長期で見るほど、手間いらずの投信が便利かなぁ、と考えています。
    (しかも価格でも勝つ想定で!)

    正直どこか勘違いしてそうな気もしますし、積立と一括で変わりそうな気もします。
    どちらにせよ、それだけの成長を期待している、が大前提なので、自分にしっくりくるのを選ぶのが良いのだと思います。

    • こかこか より:

      叶さん

      いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます!

      投資信託の自動積立&自動再投資に慣れてしまうと、ETF投資が手間に感じてしまいますね…。
      1円も残さず、自動で再投資してくれるのは確かにありがたい。

      ETFも、投資信託も、投資対象は同一ですし、商品の決め手は投資家自身の価値観ですね。
      おっしゃるとおり、自分がしっくりくるものを選ぶのが一番だと思います。

      しばらく不安定な相場が続きそうですが、お互いじっくりと投資しましょう♪

      また、お時間があれば、ブログに遊びにきてください。
      お待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました