【残念】国内高配当株ETF(ファンド)を買わない理由はコレだ!

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

配当利回りを追い求めて、元本部分で多額の含み損を抱える…は本末転倒と思いつつ、JTの含み損から逃れられません。

本末転倒…?!5年後、10年後どうなってることやら。

しかし、高配当株は投資資金の母!配当金だってバカにはできません。

2020年の配当金収入は約18万円でした。

インカムゲインを得るため、日本株の高配当株式ETFやファンドも検討してみましたが、残念ながら買う気にはなりませんでした。

本日のブログは、日本株の高配当株式ETFを買わない理由と現在のインカムゲイン戦略についてお話しします。

本日もぜひ最後までご覧ください。

国内の高配当株式ETF、投資するならばどれ?

国内の高配当株式ETFを一覧にし、投資対象を検証しました。

コード銘柄名指数純資産総額(億円)信託報酬分配金利回り管理会社
1489NEXT FUNDS
日経平均高配当株50指数
連動型上場投信
日経平均高配当株
50指数
292.30.308%3.29%野村アセットマネジメント
1499MAXIS
日本株高配当70マーケット
ニュートラル上場投信
野村日本株高配当70
マーケットニュートラル指数
44.890.44%3.75%三菱UFJ国際投信
1577NEXT FUNDS
野村日本株高配当70連動型
上場投信
野村日本株高配当70
マーケットニュートラル指数
616.30.352%3.07%野村アセットマネジメント
1478iシェアーズ
MSCIジャパン
高配当利回りETF
MSCIジャパン高配当利回り
インデックス
431.40.209%2.73%ブラックロック・ジャパン
1651ダイワ上場投信
TOPIX高配当40指数
TOPIX高配当40指数1620.209%2.86%大和証券投資信託委託
1698上場インデックスファンド
日本高配当
(東証配当フォーカス100)
東証配当フォーカス100指数1170.308%2.83%日興アセットマネジメント
1494One ETF
高配当日本株
S&P/JPX 配当貴族指数156.50.308%2.82%アセットマネジメントOne
1399上場インデックスファンド
MSCI日本株
高配当低ボラティリティ
MSCIジャパンIMIカスタム
高流動性高利回り
低ボラティリティ指数
63.40.385%2.17%日興アセットマネジメント
国内高配当株式ETF一覧(2021/4/7現在)

国内株式の高配当株ETFなんて初めて聞いた。

ETFでなく、高配当株へ直接投資してる人が多いよね。

わたしは、iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回りETFを投資候補にあげました。

以下の観点から投資候補をしぼりました。

  • 信託報酬
  • 純資産

ほとんどのETFが、3%前後の利回りです。利回りはどれも同程度かなと思います。

しかし、結局、高配当利回りETFの買付には至りませんでした。

国内高配当株ETF(ファンド)を買わない理由2つ

国内高配当株(ファンド)を買わない理由

国内高配当株ETFを買わない理由は2点あります。ETFの組入内容と分散力です。

買わない理由1:ETFの組入内容がイマイチ

iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回りETFの組み入れ業種(2020/7/2)

上の図は、iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回りETFの組み入れ業種です。

情報通信業16%、輸送用機器17%、電気機器14%、卸売業6%、食品4%…と続き、景気後退期に弱い機械や卸売業が目立つ点が気になります。

次に組み入れ銘柄上位10銘柄を見てみます。

ブラックロックジャパンのHPより引用します。

iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回りETF組み入れ銘柄
引用:iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回りETF組み入れ銘柄

配当利回りはよいけれど、今後の株価上昇が厳しそうな銘柄がいくつか含まれています。

ETFに組み入れられているすべての銘柄が完璧であることはありえませんが、この銘柄はちょっとな…と躊躇させられます。

買わない理由2:分散力が弱い

iシェアーズ MSCIジャパン高配当利回りETFの組入銘柄数は、全部で50ほどです。

米国株のETFへ投資していて思うことは、「銘柄数が100以下だと1銘柄の影響が大きい」ということです。

分散力が弱いと1つの銘柄の株価動向の影響が大きいため、ボラティリティが大きくなりがちです。

たとえば、S&P500へ投資するVOOや米国株式全体に投資するVTIと比較すると、配当利回りでスクリーニングし、80銘柄へ投資しているSPYDはやや分散力に欠けると感じています。

国内の高配当株ETFに代わるインカム戦略

国内の高配当株ETFを買わない代わりに買うもの

最近のインカム戦略は、米国株とREIT・不動産に注目しています。

米国企業は株主還元に積極的

米国企業は株主還元に積極的な企業が多く、増配銘柄もたくさんあります。

たとえば、プロテクターアンドギャンブル(PG)や3M(MMM)などは60年以上連続で増配しています。

一方、日本での増配銘柄は、32年連続増配の花王くらいです。

高配当株投資をするならば、米国株も視野に入れて投資した方がよいと思います。

米国株の情報って、SNSやブログで集めてるんか?

無料メルマガ「オックスフォードインカムレター」で米国株の高配当銘柄の情報収集ができます。

メルマガ登録は無料&いつでも解除可能なので、よかったら、一度、見てください。

》【無料】オックスフォードインカムレターをみる

▼わたしも無料メルマガを購読しています。

REITや不動産も視野に入れてみる

不動産賃料が分配源であるREITや不動産にも投資するようになりました。

REITは減配はあれども、無配になったことがありません。

REITを運営する投資法人は、分配金を出した方が税法上有利になることも大きいでしょう。

また、不動産投資クラウドファンディングへも少額ながら投資しています。

「クラウドファンディング」ってつくだけで、毛嫌いしてました。

実は、最初に利回りが確定しているおかげで、不動産クラファンは運用しやすいんです。

CREALのファンド一覧例
CREALのファンド一覧例

2020年8月からCREALを利用し始めましたが、きちんと分配金も入り、元本も返ってきて、安心しました。

ファンドの詳細を見るには、メールアドレスで投資家登録する必要があります。

もし、ご興味があれば、投資家登録だけでもしてみてください。

》【無料登録】CREALを見る

賃料収入を分配する不動産は、高配当株のような謎の配当性向にヤキモキすることがないのでよいですね。

▼怪しみながら始めた不動産クラファンでしたが、案外、使える投資先でした。

国内の高配当株投資は個別銘柄の方がよいのでは

国内の高配当株ETFはやや魅力に欠けるため、投資を見送りました。

現在のところ、米国株やREIT・不動産を中心としたインカムゲイン戦略にしています。

国内株は始めやすく、なじみもありますが、少し視野を広げると、ほかにもいろいろな投資対象があります。

国内の高配当株のみにとらわれず、様々な投資対象を吟味して、ベストポートフォリオを作ってください。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。


3つの米国株

【無料レポート】Amazon、Teslaに続く銘柄は?日本人が知らない3つの米国株

米国アナリスト:アレックス・グリーン氏が書く無料レポートをご覧になったことがありますか?

株価10倍を狙う3つの成長株(医療技術分野)を公開
日本人投資家に知られていない銘柄
レポートは無料

ご興味がある方は下記URLをチェックしてみてください!

》【無料】株価10倍が狙える3つの米国株レポートを見てみる



いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

日本
あなたのSNSでシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました