【グローバル3倍3分法ファンド】人気急上昇!1年間の成績はどうだった?誰もが買いの商品なの?

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

先日、日興アセットさんからグローバル3倍3分法ファンドのセミナーが開かれ、グローバル3倍3分法ファンドの話題がブログやSNSで急上昇です。

本日はグローバル3倍3分法ファンドの1年間の成績をおさらいしてみます。
直帰1年間の基準価額を見てみると、ファンドの牽引役はREITでした。

グローバル3倍3分法ファンドの1年間おさらい

グローバル3倍3分法ファンドの1年間の成績をおさらいします。

グローバル3倍3分法ファンド設定来、強かったのはJ-REITでした

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の基準価額推移です。黒のラインです。

直近1年間、プラスに貢献したのは国内外のREITです。
株式があまり奮わない1年でした。リートが基準価格を牽引しています。

ちなみに、J-REITは、現在も高値更新中です。
金融機関の買付のみでなく、個人投資家のマネーも流入しています。
J-REITの高い利回りに魅力を感じ、インカムゲイン重視の個人投資家が買い付けているようです。

債券クッション効果はあまり確認できず

株式が下落する局面において、債券は“クッション”として機能・・・

https://www.nikkoam.com/files/lists/news/2019/news1018_10.pdf

幸か不幸か、債券のクッション効果を確認できるほど株式が大きく下落する局面は2018年12月くらいでした。

債券クッション効果うんぬんもさることながら、株式・REITがしっかりと上がることがこのファンドにとって肝要だと思います。

グローバル3倍3分法ファンドの分散投資パワーはどうか。

「どの資産が優位な時でも、グローバル3倍3分法ファンドはなかなかいい成績だよ」という販売資料でよく見る表です。

直近1年の場合はREIT優勢の年でしたが、グローバル3倍3分法ファンドは上述のとおり2位。

「今年1年間は販売資料のこのカラフルな表が実証されました」と考えても良さそうです。

この表、目がチカチカする…。

参考:主な資産の相関係数

 

ご参考までに、主な資産の相関係数(2003年9月末~2019年9月末、月次、円ベース)です。

日本株式

海外先進国株式

日本REIT

海外先進国REIT

日本株式1.0
海外先進国株式0.81.0
日本REIT0.60.51.0
海外先進国REIT0.60.80.51.0
日本国債(先物)0.4-0.30.0-0.1
米国国債(先物)0.3-0.4-0.1-0.2
ドイツ国債(先物)0.3-0.4-0.1-0.2
日本国債(現物)0.4-0.30.1-0.1
米国国債(現物)0.40.50.20.4
ドイツ国債(現物)0.50.70.30.6

 

グローバル3倍3分法ファンドは株式投資オンリーの人にはおすすめできない

グローバル3倍3分法ファンドは株式・リートの攻撃力と債券の守備力が相高まったときが最大パフォーマンスを発揮するときで、攻撃力・守備力ともに下がった時はイタタな展開となりそうです。

さて、バランスファンドと株式投資ではニーズが異なります。
株がいい人は株を持っている方がよいです。
また、債券が好きでない人もグローバル3倍3分法ファンドは好かないと思います。

グローバル3倍3分法ファンドへの注目度が上がってきていますが、自分の価値観・ニーズと合うかどうかをしっかりと考えて参戦しましょうね。

わたしは毎月少額の積立投信で参戦中。

かー坊も積立中や。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今日も応援よろしくお願いします☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました