こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【図解】グローバル3倍3分法ファンドの考え方と注意すべきリスク4つ

巷で話題のグローバル3倍3分法ファンド。

レバレッジを利用した運用らしいけど、買っても大丈夫?

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

楽天証券でグローバル3倍3分法ファンドの積立を始めました。

公式サイトを見ていてもなかなか商品が理解できず、運用を始めてみてやっとわかったこともあります。

公式サイトより易しいファンドの紹介とグローバル3倍3分法ファンドの注意すべき点について書きます。

2019年11月追記
4か月経過後の評価益はプラス2.8%と好調な滑り出しです。

グローバル3倍3分法ファンドの概要

グローバル3倍3分法ファンドとは、2018年10月に日興アセットマネジメントが運用を始めたバランス型ファンドです。

2018年10月に設定され、1年決済型の純資産は2,940億円を超えています。(2019年11月現在)
大人気のファンドです。

名称

グローバル3倍3分法ファンド (1年決済型)

設定日

2018/10/4

信託期間

2028/9/21まで

決算日

毎月9/21

(隔月決算型もあり)

購入時手数料

販売会社による
楽天証券は無料でした!

信託報酬

税抜0.44% 

信託財産留保額

なし

構成されている資産と比率は以下のとおりです。
すべてインデックス運用です。

株式(20%) 

日本株式・先進国株式・新興国株式

REIT(13.3%)

日本REIT・先進国REIT

債券(66.7%)

日本債券・米国債券・ドイツ債券

イギリス債券・オーストラリア債券

よくあるバランス型ファンドと同じに見えますが、グローバル3倍3分法ファンドはレバレッジを効かせて運用するため、バランス型ファンドより大きなリターンを狙うファンドと謳われています。

レバレッジ?

難しい言葉がいっぱい…。

グローバル3倍3分法ファンドをまるっとご紹介

グローバル3倍3分法ファンドについて、まるっと図解しちゃいます。
※今回は説明のために簡略化しています。

10,000円の投資金額で、8,000円分株式とREITへ現物投資する(=現金で買う)
残った2,000円は先物を使用して、22,000円分の債券を買う

10,000円の投資額に対して、8,000+22,000=30,000円分の投資ができる、ここが3倍のカラクリです。
資金を有効活用するため、先物投資を取り入れています。

通常のバランス型ファンドと異なる点2つ

商品内容をまるっとご紹介した上で、通常のバランスファンドと異なる点をまとめます。

1.株式とREITでしっかりとリターンを狙う(比率を高めている)
2.債券で資産が下がらないようにしている

これが「バランス型ファンドより大きなリターンを狙うファンド」と謳う所以です。

しかし、この特徴こそが「グローバル3倍3分法ファンドはリスクがある」とも言われるポイントです。

次でお話しします。

グローバル3倍3分法ファンドの注意すべきリスク4つ

グローバル3倍3分法ファンドへ投資するには注意すべきリスクが4点あります。
これから投資される方、検討中の方はよくご覧になってくださいね。

1.信託報酬が高め
2.信託期限が10年と限定されている
3.つみたてNISA対象外
4.レバレッジ運用というリスク

信託報酬が高い

信託報酬が0.44% (税抜)と他のバランス型ファンドと比較して高めです。
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の場合、0.1512%(税抜)です。(2019年8月現在)

レバレッジファンドはどうしても信託報酬が高くなりがちです。

信託期限が10年

信託期限は10年となっています。
景気の循環サイクルは10年と言われており、投資タイミングによっては10年という信託期限は短いかもしれません。

信託期限がやってきたころは相場状況が悪かった…なんて最悪の事態は避けたいところ。

「信託期限がある」ということを念頭におき、信託期限までに売却するかどうかを判断しなくてはいけません

つみたてNISA対象外

2019年11月現在、グローバル3倍3分法ファンドはつみたてNISAの対象外となっています。

つみたてNISAは少額・長期・分散投資で財産形成をしていくための制度。
「投資ビギナーでもハードルが低い」ことがセールスポイントですが、グローバル3倍3分法ファンドはつみたてNISAの顧客ニーズを満たすような商品ではありません。

グローバル3倍3分法ファンド買付のためにNISAを使うならば、通常のNISAでの買付です。

レバレッジ運用というリスク

商品そのもののリスクが高い、これは紛れもない事実です。
販売用資料にも「通常の商品よりも価格変動が激しい」と書かれています。

「債券は株式と比較してリスクが低い。」という前提で「ディフェンスである債券を手厚くしよう」と考えられた商品設計です。しかし、その債券運用は先物利用しているため債券価格の上下には注意しなくてはいけません。

また、株式、REIT、債券などあらゆる資産が同時に下落したリーマン・ショックのような局面では、グローバル3倍3分法ファンドも下落が避けられません。
これはバランスファンド固有のリスクです。

グローバル3倍3分法ファンドの運用を始めます

グローバル3倍3分法ファンド

昨今は株高・債券高・REIT高の適温相場で、グローバル3倍3分法ファンドのようなファンドには追い風が吹いています。

しかし、ファンドが想定しないような相場が訪れたときは、グローバル3倍3分法ファンドの値動きには十分注意しないといけません。

「今なら始めても大丈夫かな」と思い、わたしは5,000円/月の積立投信から始め、冒頭のとおり、今のところはプラスとなっています。

普通のバランスファンドと異なり、レバレッジを使用したバランスファンドという点に注意した上での投資をおすすめします。

グローバル3倍3分法ファンドは、投資家に人気の楽天証券・SBI証券・マネックス証券で購入可能です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました