こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【VOOG】バンガード・S&P500グロースETFで始めるグロース株投資

VISA上がってる。もっと買っておけばよかった。

かー坊が買ってからも、順調に上がってるね。
私も買ってたらなぁ〜って思ったわ。

今からの買い増しはちょっと迷う。

みなさん、こんにちわ。

VISAやマイクロソフト、アマゾンなどの素晴らしいパフォーマンスを見て、「個別株もいいなぁ、でも景気後退も気になるしなぁ」と思いに耽る、インデックス投資家 こかです。

手間とコストをかけたくないという考えもあり、私はインデックス投資をしています。

しかし、個別株、特に成長株のパフォーマンスには心揺さぶられるものがあります。

前回ご紹介した【VUG】のほか、バンガード社は【VOOG】というグロース株ETFを扱っています。
ETFならば、ローコストでお手軽に成長株投資が楽しめます。

今回は【VOOG】のご紹介です。

 

バンガード・S&P500グロースETF【VOOG】とは

バンガード・S&P500グロースETF【VOOG】は、S&P500グロース指数のパフォーマンスへの連動を目指すETFです。

2019年7月12日現在の株価は、165.52ドルです。

S&P500への連動を目指すETFが【VOO】で、グロース株要素を加えたものが【VOOGです。
覚えやすいですね。

バンガード・S&P500グロースETF

【VOOG】

インデックスS&P500グロース指数
設定日2010/09/07
特徴S&P500採用企業のうち、大型グロース株に投資
決算3/6/9/12月決算
経費率0.15%
配当利回り1.27%

 

バンガード・S&P500グロースETF【VOOG】の組入銘柄

バンガード・S&P500グロースETF【VOOG】の組み入れ銘柄は以下のとおりです。

「おやっ?」と思う点は、ファイザーやベライゾンが組み入れられている点です。

保有銘柄

構成比


Microsoft Corp.
7.649%
Amazon.com Inc.5.904%
Facebook Inc. Class A3.413%
Alphabet Inc. Class C2.735%
Alphabet Inc. Class A2.670%
Visa Inc. Class A2.276%
Pfizer Inc.1.858%
Cisco Systems Inc.1.846%
Mastercard Inc. Class A1.830%
Verizon Communications Inc.1.810%

バンガード・S&P500グロースETF【VOOG】の構成セクター

構成セクターを見てみると、ヘルスケアや通信業が上位に並んでいます。

セクター

比率

情報技術26.1%
ヘルスケア16.9%
通信業14.3%
一般消費財12.6%
資本財8.6%
生活必需品5.5%
金融5.4%
不動産3.4%
エネルギー3.3%
素材2.0%
公益事業1.9%

 

バンガード・S&P500グロースETF【VOOG】のパフォーマンスは

バンガード社のHPによると、2014年6月30日に100万円を投資した場合、2019年6月30日には約183万円と1.8倍近くになると書かれています。

では、直近5年間のチャートを使って、【VOOG】を【VOO】【VUG】と比較してみます。
青:VOOG/水色:VOO/紫:VUG


上昇相場、下降相場にもよりますが、直近5年では【VOOG】・【VUG】が【VOO】を凌いでいます。
【VOOG】と【VUG】はほぼ重なって動いています。

【VOOG】・【VUG】を保有するよりも、マイクロソフトやアマゾンを保有する方が優れたパフォーマンスである可能性があります。

しかし、グロースETFを保有するメリットは、インデックス投資であるという点に尽きると思います。

  • 個別銘柄が孕んでいるリスクを低減させてくれる。
  • ポートフォリオのメンテナンスが不要(「旬の銘柄」を追わなくて良い)

グロース株ETFは低コストで幅広い銘柄に分散投資できるので、グロース株投資としてスタートしやすすいです。

少額投資から始めるグロース株ETF

最近、証券会社各社が最低手数料の値下げ、撤廃の動きが盛んになっています。

少額投資が始めやすくなった今、メインを【VTI】や【VOO】として 【VOOG】や【VUG】のようなスパイス的なETFもポートフォリオに組み入れやすくなりました。

頻繁な売買や株価チェックを避け、低コストでグロース株投資を始めたい投資家は、グロース株ETFも視野に入れてみてはどうでしょうか。
今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました