【VTV】もうハイテクは終わりなの?米国大型バリュー株へ投資するETFをご紹介します

最近、バリュー株が上がってきた!

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回の記事は、VTV(バンガード・米国バリューETF)についてご紹介します。

さて、先日、バンガード社のMarket perspectivesに、10年間リターンの予測が出ていました。

バンガード社による今後10年の予測(株式)

バンガードの予測によると、今後10年間でアツイのはグロース株ではなく、バリュー株とのことです。

11月の大統領選挙でバイデン氏の当選が確実になってから、相場の流れが変わりました。

今まで買われていたハイテク銘柄でなく、割安で放置されていたバリュー株に資金が流れるようになったのです。

ハイテクの時代は終わりや!

バリュー株投資をするならば、VTVも一考の価値アリではないでしょうか。

本日もぜひ最後までご覧ください。

VTVは米国の大型バリュー株に投資できるETF

VTV(バンガード・米国バリューETF)は、米国の大型バリュー株へ投資するETFです。

VTIやVOOでおなじみのバンガード社のETFで、経費率の安さはバツグンですね。

VTVの概要

VTV
バンガード・米国バリューETF

設定日

2004/01/26

純資産額

82.88億ドル

経費率

0.04%

構成銘柄数

332銘柄

分配金利回り

3.08%
(3・6・9・12月)

運用会社

バンガード

連動指数

CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックス

銘柄数は332と、分散投資の観点では申し分ないと思います。

特徴的なのは、分配金利回りですね。

VTVの分配金利回りは、高配当株ETFであるVYMに近い分配金利回りです。

分配金利回り比較VTI:1.72%

VOO:1.78%

VYM:3.62%

VTV:3.08%

VYMの経費率は0.06%なので、よりコストを抑えつつ、分配金利回りも追い求めたいならばVTVで十分かもしれません。

組み入れ銘柄

VTV組み入れ上位10銘柄の比率

次にVTVの組み入れ銘柄トップ10をご紹介します。

保有銘柄

ティッカー

構成比

Berkshire Hathaway Inc. Class BBRK.B3.247%
Johnson & JohnsonJNJ3.115%
Procter & Gamble Co.PG2.746%
UnitedHealth Group Inc.UNH2.355%
JPMorgan Chase & Co.JPM2.332%
Verizon Communications Inc.VZ1.957%
Walt Disney Co.DIS1.783%
Intel Corp.INTC1.751%
Comcast Corp. Class ACMCSA1.677%
Merck & Co. Inc.MRK1.668%

アップルやマイクロソフトが並ぶVTIやVOOとは違う顔ぶれがライナップされています。

個人的な感想ですが、わたしの保有銘柄が2つも(VZとDIS)がVTVのベスト10に入っていて、驚きました。

知らぬ間に、「ひとりVTV」してた…。

セクター別構成比率

VTVセクター別構成比率

VTVのセクター別構成比率を見てみます。

セクター

構成比

ヘルスケア19.5%
金融18.3%
資本財12.5%
生活必需品11.7%
一般消費財8.6%
公益7.6%
電気通信6.9%
テクノロジー6.3%
Energy3.9%
素材2.5%
不動産2.2%

ヘルスケアや金融、資本財で約半数を占めています。

たしかに割安銘柄の多いセクター群です。

相場の潮目が変わったは本当か?

ちなみに、11月15日現在のS&P500マップ(直近1か月の推移)とVTVの組み入れ銘柄・セクターを比較してみると、、、

S&P500マップ(Finvizより)

直近では、VTVの組み入れ銘柄やセクターがプラスに転じています。

「相場の潮目が変わった」と言われるのも納得できます。

VTVとS&P500の比較チャート

VTV(青)とS&P500(水色)Yahoo financeより

2005〜2008年ごろ、VTVはS&P500をアウトパフォームしていました。

しかし、2010年代に入るとS&P500よりも冴えない動きです。

2020年11月に入ってからのVTVは大きく値を上げましたが、過去10年間ほどはS&P500に勝ることはない成績でした。

スポンサーリンク

個別銘柄でのバリュー株投資が難しいならばVTVもあり

米国の大型バリュー株へ投資するVTVをご紹介しました。

バリュー、高配当とグロースはよく比較されますが、まったく別の魅力を持つ投資対象です。

グロース派の人から見たら、いくら配当利回りがよくても、いつ市場評価が上がるかわからないバリュー株投資は辛気くさいと感じるかもしれません。

今後のバリュー株の行末は、どれだけの資金が流入するかにも依存していると思います。

企業の価値を反映しているのが株価と言えど、人気がなければ買われないし、株価は上がりません。

投資家の資金がどの程度バリュー株に向かうかという点も、重要なポイントではないでしょうか。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

人気記事▶︎会社イヤやねん!配当金で生活したい→米国株の高配当銘柄でマネーマシーンを作る


3つの米国株

【無料レポート】Amazon、Teslaに続く銘柄は?日本人が知らない3つの米国株

米国アナリスト:アレックス・グリーン氏が書く無料レポートをご覧になったことがありますか?

株価10倍を狙う3つの成長株(医療技術分野)を公開
日本人投資家に知られていない銘柄
レポートは無料

ご興味がある方は下記URLをチェックしてみてください!

》【無料】株価10倍が狙える3つの米国株レポートを見てみる



いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

ほか米国ETF
あなたのSNSでシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました