こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【SUSA】世界が注目しているESG投資。iシェアーズ MSCI米国ESGセレクトETFをご紹介します

米国株式投資

ESG投資って興味ある?

そう言うことはよくわからん。

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回の記事は、SUSA(iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト ETF)のご紹介です。

米国のESG銘柄へ投資できるETFで、直近5年間のパフォーマンスはS&P500をオーバーパフォームしています。

ESG投資ってそんなに重要なのかな…。

最初に、ESG投資についてとわたしがESGに興味を持ったきっかけをお話します。

多分、ESG投資って興味ない方にとってはホントに興味ないと思うので、「合わないな」と思ったら、今日の記事は読み飛ばしてください。

でも、最後までよんでいただけると、とてもとてもうれしいです。

ESG投資とは

ESG投資とは、ESG要素に考慮する投資のことです。

ESGって何や?

ESGは以下の英語の頭文字を組み合わせた言葉です。

  • 環境(Environment)
  • 社会(Social)
  • ガバナンス(Governance)

今までは、利益率やキャッシュフローなどの財務情報に基づき投資を行ってきました。

ESG的な要素は財務諸表に現れる数字ではありませんが、近年、機関投資家の間でもESG投資が注目されています。

たとえば、マイクロソフトは農業AIをプロジェクトを通じ、CO2削減に取り組んでいます。

ESGに配慮した取り組みですね。

GPIFもESG投資に取り組んでいます。

ESG投資なんて興味がなかった

実はESG投資なんてあまり興味がありませんでした。

しかし、「環境や社会、企業統治に無関心な企業に投資したいかな?働きたいかな?」と疑問を持つようになりました。

実は、ウチの会社のエライさん(役員)がビルのテナントの喫煙禁止場所で喫煙していて、管理会社から注意されたことがあります。

その話を聞いて、「うわ…、ウチの会社の恥じゃないか…」と思いました。

役員=会社の顔なのに残念過ぎます。

とってもマクロな出来事ですが、環境に配慮しない企業って魅力感じないなぁと失望しました。

管理会社の人から「喫煙禁止場所でタバコ吸ってた役員が勤務している会社の授業員」って思われるのもなんだかイヤでした。

コレ、投資に置き換えたらどうなんやろ?

「喫煙禁止場所でタバコ吸ってるような役員がいる銘柄」に投資したい?

バンバン有害物質出してたり、ハラスメントが横行してたりする企業に投資するかな?

一従業員として思ったことは、投資をする観点でも重要じゃないかと思い、ESG投資に興味を持ちました。

【SUSA】iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト ETF

SUSA(iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト ETF)をご案内します。

※情報はすべて2020年11月6日現在のもの

概要

SUSAの概要です。

SUSA

設定日

2005/1/24

純資産額

20億ドル

経費率

0.25%

構成銘柄数

157銘柄

分配金利回り

1.33%
(3・6・9・12月)

運用会社

ブラックロック

連動指数

MSCI USA エクステンデッド

ESG セレクト・インデックス

テーマ型ETFのようなものなので、経費率はややお高めの0.25%です。

QQQの経費率0.4%と比較すると安いですが、VTI等に比べると割高に感じてしまいます。

銘柄数は157銘柄と、しっかりと分散投資ができていますね。

突出したパフォーマンスを期待することはできませんが、分散投資されていると「自分の銘柄だけ市場から取り残される感」がありません。

市場全体から置いてけぼりをくらうと、長期投資の決意が揺らいでしまいます。

分散投資、大事です。

組み入れ銘柄

組み入れ銘柄トップ10です。

保有銘柄

ティッカー

構成比

MICROSOFT CORPMSFT5.05%
APPLE INCAAPL4.88%
SALESFORCE.COM INCCRM3.18%
ALPHABET INC CLASS AGOOGL3.00%
ACCENTURE PLC CLASS AACN2.64%
CUMMINS INCCMI2.22%
BLACKROCK INCBLK2.08%
NVIDIA CORPNVDA2.02%
HOME DEPOT INCHD2.00%
ALPHABET INC CLASS CGOOG1.97%

「ん?結局、GAFAM?」みたいな印象を受けましたが、よく見るとVTIやVOOなどのトップ10とはやや顔ぶれが違います。

ご参考までに、組み入れ銘柄トップ10が占める割合はこちらの円グラフのとおりです。

SUSA組入銘柄比率

VTIのように、GAFAMで2割を占めているようなことはありません。

組み入れ銘柄11位以下もざっと目を通すと、企業のイメージが割とパッと思い浮かぶところが多かったです。

ティファニーなんかも含まれていました。

しかし、SUSAにアマゾンは含まれていません。

セクター比率

SUSAセクター比率

次にSUSAのセクター比率を見てみます。

セクター

構成比

情報技術30.5
ヘルスケア12.9
資本財・サービス11.2
一般消費財・サービス9.4
金融8.6
通信8.1
生活必需品7.8
不動産3.8
公益事業3.5
素材2.6
エネルギー1.3

情報技術がトップである点は他のETFと似ていますが、通信やエネルギーセクターが少ない(VTIではエネルギーセクター2%ほど)のは、ESG観点で見ると投資対象になる銘柄が少ないからかと推測できます。

S&P500との比較チャート

SUSAとS&P500の比較チャート(参照:yahoo finance)

SUSAとS&P500の比較チャートです。

特に、コロナショック以降はSUSAが伸ばしてきています。

スポンサーリンク

SUSAほしいかも!!

SUSAは米国株でのESG投資がかなうETFです。

ESG投資ってマーケティングツールの一面もあるのかなと思っていましたが、長期的には投資価値ありかなと思います。

ESG投資は、GPIFのような機関投資家も掲げています。

まだ、ESG投資を積極的に選択する風潮はないかもしれません。

テーマ型ETFと言っても、産業特化型ではなく、ESGは「企業としてのあり方」なので興味関心の度合は投資家によってばらつきもあるでしょう。

ESGへの取り組みはコストもかかるので、企業にとって負担となる可能性もありますし。

しかし、「あの企業って環境に配慮してないな」「あの製品って社会問題をはらんでるよな」という考えが無意識にESG投資への選別を促すようになるのではないでしょうか。

ESGの取り組みって四半期でカンタンに結果が出るものではなく、時間をかけて社会に貢献していくことだと思います。

先日、小さな甥っ子とのエピソードをnoteに書いたのですが、こういう小さな子達がおとなになったとき、暮らしやすい社会になっていればな〜と漠然と思っています。

わたしはセカンドETFとして、SUSAを長期で保有したいですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

人気記事▶︎会社イヤやねん!配当金で生活したい→米国株の高配当銘柄でマネーマシーンを作る

人気記事▶︎【投資の種銭を作る】残業代に頼らない!つみたて資金作りには「おうち稼ぎ」

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

米国株式投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました