【USA360とグロ3を比較】楽天・米国レバレッジバランス・ファンドはおすすめ?

グローバル3倍3分法ファンド、ウルトラバランス世界株式…、また新しいレバレッジバランスファンドが募集開始となりました。

どんなファンドなん?

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

最近、レバレッジ型のバランスファンドが大人気で、グローバル3倍3分法ファンドの純資産額は順調に増加しています。

楽天投信から楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)が販売されました。

本日の記事では、USA360についてご紹介します。

  1. USA360の商品内容について
  2. グローバル3倍3分法ファンドとの比較
  3. USA360は買いか、どうか

本日も最後までご覧ください。

まるっと!楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)

USA360についてご紹介します。

レバレッジ運用については、他のレバレッジ型バランスファンドと似ています。

しかし、投資対象が米国のみという点がUSA360の個性です。

投資対象

USA360の投資先はたった2つです。

  • 米国株(VTI)
  • 米国債券

バランスファンドと銘打っていますが、投資対象国は米国のみ、投資対象資産は株式&債券のみです。

100%米国へ投資しているレバレッジ型バランスファンドは、USA360の大きな特徴です。

また、米国株式部分はバンガード社のVTIでの運用です。

運用方法

他のレバレッジ型ファンドと同じく、USA360も先物を利用した運用をしています。

先物取引を利用することで、資産総額の360%(3.6倍)相当額を株式と債券に分散投資しています。

運用資産の90%が株式です。

先物を利用して残りの270%を債券で運用しています。

先物を利用した取引をイメージしてみる

先物を利用する…なんてわかりづらいですよね。

10,000円を運用すると仮定して考えてみます。

たとえば、10,000円を運用する場合

  • 9,000円で米国株を買う
  • 残り1,000円、先物を利用して27,000円分の米国債を買う

先物を利用することで、10,000円の投資資金で36,000円(9,000円+27,000円)の投資ができる。

目論見書からイメージ図を引用します

下記は目論見書にのっていた運用イメージの図です。

目論見書より。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/usa_leverage/pdf/pdf_01.pdf

運用の中身がレバレッジ商品ではありません。

運用手法にレバレッジを用いています。

基準価額と純資産のチャート

設定来のUSA360の基準価額と純資産の推移です。

2019年の米国株相場が好調だったことも追い風となり、基準価額、純資産ともによいスタートです。

2020年1月31日現在のUSA360の基準価額は11,008円で、純資産額は20.45億円です。
順調に伸びています。

信託報酬

USA360の買付手数料や信託報酬をまとめました。

購入時手数料0円(金融機関によっては最大3.3%)
信託財産留保額なし
運用管理費用年0.4675%(税込)
信託期間無期限

信託報酬については、グロ3倍やウルトラバランス世界株式と同程度です。

レバレッジ運用のファンドで0.5%前後ならば、十分安い基準だと思います。

つみたてNISA

商品の性質上、USA360はつみたてNISAの対象外です。

つみたてNISAの対象商品は、長期分散投資を目的とするもので金融庁が認めた商品に限られます。

レバレッジファンドという特性のため、USA360はつみたてNISA向きの商品ではありません。

USA360とグローバル3倍3分法ファンドを比較

レバレッジファンドの先駆けであるグローバル3倍3分法ファンドとUSA360を比較します。

基準価額推移の比較

USA360とグローバル3倍3分法ファンドの基準価額の推移を比較しました。(2019年11月5日〜2020年1月31日)

比較のため、グローバル3倍3分法ファンドも10,000円スタートとしています。

USA360とグロ3倍比較チャート

まだ設定されて間もないため、参考程度ですが、堅調な米国市場の流れを受け、USA360の方がよいパフォーマンスです。

ちなみに、同期間の騰落率は以下のようになりました。

  • USA360:110.0%
  • グロ3倍:103.2%

米国株の強さを感じます。

投資対象の比較

パフォーマンスに差が生じた要因は、投資している対象が異なるためです。

  • USA360:米国株・米国債のみへ投資
  • グロ3倍:世界の株式・債券・リートへ投資

USA360は地域分散できない点に加え、株式と債券のみしか組み入れていません。

REITにも投資したい場合はグローバル3倍3分法ファンドの方が適切です。

スポンサーリンク

USA360は買いかどうか?

USA360はメイン投資でなく、サブ投資がよいと思います。

レバレッジ型の運用をメイン投資にするリスクの高さ、投資対象の偏りを考えると、USA360をメインでポートフォリオを組むのは少し躊躇してしまうかな…と。

米国株が順調ならば、USA360も順調でしょう。

しかし、米国経済に翳りが刺したとき、レバレッジ運用はちょっとコワイと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

VTIやS&P500のパフォーマンスを超えるのは、やはりNASDAQ100?
米国株取引手数料、安く抑えるならば

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

投信・その他商品
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました