DCプランナー2級で年金の勉強|独学で一発合格した学習方法について

2018年9月、DCプランナー2級に受験し、合格しました。
マイナーな資格なのか、ネットで検索してもなかなか情報が見つからず…。
私の体験を記事にしました。

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

2018年9月に受験したDCプランナー2級の試験についてです。

受験を迷っている方や勉強方法を探している方のお役に立てばと思います。

DCプランナー2級試験の概要

DCプランナー試験は、日本商工会議所と金融財政事情研究会が共同で主催している資格試験です。
年金制度全般についての知識を問われる試験です。

金融業界の方が受験することが多い試験です。
試験日は金融系の試験が多く、手持ちの教材を見ていると銀行業務系の教材を持っている方が多かったです。

さて、DCプランナー2級の試験概要は以下のとおりです。

試験について

  • 出題形式・試験時間:マークシート形式・四答択一式問題30問/事例5題 /150分
  • 受験資格:誰でも受験可能
  • 合格基準: 100点満点で70点以上

申し込み方法

  • インターネット申込
  • 郵送申込

DCプランナー2級の受験目的は?

金融業界に勤めているわけでもない、製造業で働くわたしが受験した目的は2点ありました。

  • 確定拠出年金の事務担当者なので専門知識をつけたかった。
  • FP2級をすでに保有中なので、更なる知識をつけたかった。

わたしは給与担当をしており、従業員の皆さんの確定拠出年金の事務担当をしています。
新入社員への説明や既存社員への継続教育を担当する機会があるので、受験しました。

業務と関連性のある資格なので、上司に相談、申請し、会社の経費で受験させてもらいました。

また、以前金融業界に勤めていたときに、FP2級を取得しました。
DCプランナーはポートフォリオ論や投資についても学ぶことができ、自分の知識をブラッシュアップできる点も魅力的でした。

DCプランナー2級の独学で一発合格する方法


DCプランナー2級の合格率は約4割です。
社労士試験よりはずいぶん簡単ですが、きちんと勉強しないと合格できません。
わたしの感覚では、FP2級や日商簿記2級の方がしんどかった感じです。しかし、きちんと勉強すれば独学でも合格できます。わたしの学習データは以下のとおり。

学習期間:1か月半
学習スタイル:独学
学習の歴史:4年制大学の受験勉強まで。自分の「学習スタイル」 はおおよそわかっています。

わたしはゆっくり勉強して1か月半でしたが、学習スタイルが確立できている人や実務に携わっている人が超特急で学べば1か月〜3週間でも合格できると思います。

では、実際の学習方法についてご紹介します。

DCプランナー2級の試験対策で使う教材は2つだけ

DCプランナー2級の試験対策で使用した教材は2つだけです。

  1. DCプランナー入門(DCプランナー実務研究会)
  2. DCプランナー2級試験問題集(一般社団法人金融財政事情研究会 検定センター)

この2冊は金融財政事情研究会のHPでも試験対策問題集・参考書として挙がっています。
試験会場でもこの2冊を復習している人が多かったです。

この2冊を繰り返し学習すれば、十分合格できます。

むしろ、この2冊を学ばないと合格レベルに達しないと思います。

DCプランナー入門(DCプランナー実務研究会)

DCプランナー入門(DCプランナー実務研究会)、テキストです。

  • 中古本で前年度のものが出回っていますが、受験年度のものを買った方がよいです。

たった1年前の情報でも法改正などで古くなっていることがあるため、誤った情報を学習すると受験前から点数を落としてしまいます。

  • テキストは知識整理に使っていました。

テキストを一読してから問題集を解くやり方が理想ですが、学習時間も限られていたのでイキナリ問題集から始め、知識の整理・補完にテキストを読んでいました。

苦手なところや覚えづらいところはふせんをつけて繰り返し学習できるようにしていました。

いきなりこのテキストで学習を始めると、テキストの厚み(2cmくらい)と専門用語が並ぶ内容に心がくじけます。学習意欲を削ぐ可能性があるので、ご注意を。

  • 余談

実は、受験後もこのテキストを開くことが多いです。
年金制度の復習だったり、係数表を見返したり、何かと役に立っています。

DCプランナー2級試験問題集(一般社団法人金融財政事情研究会 検定センター)

DCプランナー2級試験問題集(一般社団法人金融財政事情研究会 検定センター)、問題集です。

  • 繰り返し、繰り返し解いていました。

結局、5周ほど解いたでしょうか。
最初は正解率が低かったですが、繰り返し、繰り返し解くことで、正答率が上がっていきました。
選択問題が多いので、筆記用具がない環境でも学べます。
スキマ時間の学習OKです。

  • 正答率の低い問題はテキストに戻って、知識を整理する。

よく間違う問題はテキストで基礎知識を整理して、再チャレンジ&答え合わせ…を繰り返していました。
3,4回間違う問題はポイントをまとめた付箋を解説部分に貼ったり。
小さな付箋にまとまるポイントじゃなきゃ頭に入りません(笑

  • 最新年度のものを使って学習していました。

テキスト同様、問題集も最新年度のものを使った方がよいです。
中古で安い教材が手に入るのは魅力ですが、誤った知識を学んだがゆえに再受験することを思えば、テキストを新品で購入するくらいなんともないです。

DCプランナー2級の学習に社労士試験の対策サイトが役に立つ

DCプランナー2級の試験ってあまり情報がないので、孤独な戦いになりがち。

しかし、社労士試験の年金制度部分と学習範囲が重複していることがあります。
社労士試験ならば情報もたくさんあるので、苦手な箇所・覚えにくい箇所は社労士試験の学習サイトを参考にしていました。

特に、老齢基礎年金の支給開始年齢の語呂合わせは助けられました。

ノートまとめはしてはいけない

テキストの内容をノートにまとめるのはやめましょう。

社会人の学習時間は限られています。
テキストをノートにまとめる時間はありません。

ノートまとめで満足してしまうくらいならば、問題集を解いた方がよいです。

わたしは「どうしても覚えられない箇所」「どうしても頭に入らない箇所」だけざっくりとまとめていました。
テキストの書き方が自分にとっての最適なまとめとは限らないので。

ポイントを絞った学習が大切です。

オマケ:本当に情報が少なかったDCプランナー2級試験

インターネットで検索すれば大抵のことは解決できる時代、DCプランナー2級についての情報は本当に少なかったです。

試験概要はわかりますが、実際に受験した方の体験談や学習方法などの情報が見当たらず…。

教材も限られているし、心細い思いで受験したことを覚えています。

当日はFP試験や銀行業務の検定も行われる日です。

試験が終わって開放感だっぷりでSNSを見ても、「DCプランナーの試験終わったー」「今年のDCプランナーは難しかった!」というような書き込みはなく…。

「FP試験終わった!」の書き込みの方が圧倒的に多かった
です。


それでも、毎年2,000名近くの方が受験する試験。
だからこそ、ブログ記事にしようと思った次第です。

DCプランナー2級は独学でも十分合格できます

DCプランナー2級は正しい教材で、正しく勉強すれば決して難しい試験ではありません。

ご紹介した2冊の教材を繰り返し、繰り返し学べば、合格できると思います。

今後、年金知識は必要とされるでしょうし、学んで損はありません。

これから受験される皆さんの学習を応援しています。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました