こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【ポートフォリオ難民】最強最適なポートフォリオなんて作る必要なし

インデックス投資

2018年ごろのわたしは「エエ銘柄ないかな〜」と検索ばかりしていました。

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回の記事は、最適で最強のポートフォリオはあると信じていた過去の自分に向けての記事です。

世の中に「秘宝」的なポートフォリオが存在し、作れると信じていました。

少し賢くなった今は秘宝ポートフォリオなど「まやかし」だとわかりました。

本日もぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

さまようポートフォリオ難民

2018年ごろ、「なにかエエ株はないだろうか」「どうしたらバランスよく収益が上げられるだろうか」と最適かつ最強のポートフォリオを思案していました。

「ポートフォリオ 30代」「ポートフォリオ 株式」など、検索しまくっていました。

「ブラックパール号」や「生命の泉」を血眼で探す海賊ばりに探していたように思います。

「ブラックパール号」や「生命の泉」級のポートフォリオは見つかったんか。

見つかるわけなし。

最適最強のポートフォリオなんて作る必要なし

個人投資家が最適かつ最強のポートフォリオを作る必要はありません。

全世界株式型の投資信託ひとつで十分です。

つまらない結論ですが、多分、正解に近いと思っています。

GPIFのポートフォリオ

2019年度の運用成績が8兆円を越す赤字と報じられ、話題になったGPIFの運用。

単年度で見ると、赤字の年もありますが、2001年度からのGPIFの通算評価損益は57.5兆円(収益率:2.58%)となかなか優秀な運用成績を残しています。

GPIFのポートフォリオを覗いてみると、徹底した分散投資です。

GPIF資産構成(2020年3月)

株式と債券を50%ずつ組み入れ、投資先は全世界です。

つまり、長期的に安定した運用を目指すならばGPIFのように幅広く分散されたポートフォリオで十分なのです。

GPIFとは年金積立金管理運用独立行政法人のこと。

わたしたちの年金を運用してくれている。

2.5%の運用ってすごいの?

2.5%/年の運用益ってどれくらいのもんや?

GPIFの収益率:2.58%ってどれくらいすごいのでしょうか。

楽天証券の積立かんたんシミュレーションを使って、シミュレーションしてみました。

  • シミュレーション条件月々10,000円つみたて
  • 30年間複利で年2.5%運用

複利のチカラを見てみるで。

楽天証券積立かんたんシミュレーション

フツーーーに貯金すると、360万円です。

2.5%で複利運用すると、シミュレーション結果は535万円となりました。

米国株で1億円貯めるシミュレーションをしています↓
スポンサーリンク

ポートフォリオ難民する時間がもったいない

2018年のポートフォリオ難民のわたしへ言いたいことはただ一つ。

ポートフォリオなんてサクッと「全世界株式型」に決めてしまったらいいよ!

とは言えど、欲深く未熟なわたしは配当金もほしいし、NASDAQ100の恩恵も被りたいし、現在も散らかったポートフォリオを運用しています。

5年くらいかけてポートフォリオのダイエットをします。

2019〜2020年で5銘柄くらい整理しました。

お気に入りの銘柄まで整理するつもりはありませんが、違和感のある銘柄は順に整理していきます。

新しい銘柄、商品を加えることがポートフォリオ作成ではなく、最適化されたポートフォリオはすでに目の前に存在しているのではないでしょうか。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

人気記事▶︎会社イヤやねん!配当金で生活したい→米国株の高配当銘柄でマネーマシーンを作る

人気記事▶︎【投資の種銭を作る】残業代に頼らない!つみたて資金作りには「おうち稼ぎ」

Twitter、Instagramやってます。

もしよかったら、お友達になってください!

Twitterはこちら
Instagramはこちら


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

インデックス投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました