ちょっと前まで、わたしは個別銘柄への投資こそが株式投資だと思っていました。
今回はそんな思い込みの話です。 


みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

つい最近まで、株式投資家は個別銘柄へ投資してこそいっちょ前だと思っていました。
なんだかカッコイイと思っていました。

根拠はありません。
単なる先入観です。

しかし、世間を見てみれば、年金運用などのプロの投資家だって、インデックス運用。

個別銘柄投資をしてこそいっちょ前の投資家だなんて、ただの思い込みでした。

個別銘柄へ投資をしてこそ、いっちょ前の投資家だ


「個別銘柄へ投資をしてこそ、いっちょ前の投資家だ」

誰かから言われたわけでもありません。

証券会社時代の取引を見ていたことが影響しているのかもしれません。

でも、なぜかそのように思い込んでいたので、米国株投資も個別銘柄へ投資してナンボだと思っていました。

インデックス運用は平均点を狙う投資


わたしがメインで投資しているETFなどのインデックス投資は、平均的なリターンを狙うインデックス運用です。
市場全体をまるっと買って、大勝ちすることがなければ、大負けもしない「平均点」を狙う投資です。

個別銘柄への投資は平均点を超える投資であったり、配当金を狙う投資であったり、積極的なリターンを狙うアクティブ運用です。
プロの投資家やAIも参入しており、個人投資家が戦うにはちょっとムズカシイのが現実です。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用


「インデックス運用ってなんだか手抜きなんじゃないの〜」と生意気ながらにも思っていたわたし。
しかし、インデックス運用こそプロの投資家も採用していることが多いです。

たとえば、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用。

GPIFは安定的に国民に年金を支給し続けるために、長期的な視点で資産を守り、育むことが使命です。

GPIFの資産のほとんどは、インデックス運用です。
アクティブ運用は約2割にとどまっています。
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人):日本の年金資金の管理・運用をしている公的機関

バフェットだってイチオシのインデックス運用


バフェットが自身のワイフに対して「資産の90%をS&P500へ投資しなさい」と言っていることは、超超有名な話です。

エリート投資家がこぞって勧めているインデックス運用。

「え?実は、めっちゃイケてるんじゃないか」と思い始めたのはここ1年ほどの話です。


いっちょ前の投資家は自分の信念を持っている人

FullSizeRender


よく考えると、あの投資方法が優れてるとか劣ってるとか、間違いとか正しいとかではなかったのです。

いっちょ前の投資家はいいときも、悪いときも、自分の信念を持って行動している人のこと–
最近はそのように思うようになりました。

特に悪い時にこそ信念が貫ける人はホンマもんではないでしょうか。  

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。