【決定版】VTIを買うならば、ETFか投資信託か?どっち?【手間いらずは投信】

今回はブログ読者さまからいただいた質問をもとに書いてくよ!

お題は「VTIに投資するならETF?投信?どっち?」

かー坊はETFでVTIを買ってるで。

投資実践中やし、今回はお休みしててもかまへん?

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こかです。

「米国株投資がアツイらしい!

S&P500や全米に投資するのがいいらしい!!

…で、ETFを買うのがいいの?投資信託でいいの?うぎゃーーー、わからんーーー」

米国株投資を始める際、誰もが疑問に思う「…で、ETFを買うのがいいの?投資信託でいいの?」

先日、ブログ読者さまより、「ETFかSBI・VシリーズかどちらのVTIがよいでしょうか」とご質問をいただきました。

今回のブログは、「VTIをETFで買うべきか、投信で買うべきか」についてお話しします。

わたしはETFでVTIを買っていますが、手軽に投資するならば投信もアリだと思います。

本日もぜひ最後までご覧ください。

ETF(VTI)と投資信託(楽天VTI・SVI VTI)、どっちがおすすめ?

まずはまるっと結論からいくで。

ETF(VTI)と投資信託(楽天VTI・SVI VTI)、それぞれどんな人におすすめなのかまとめます。

ETFがおすすめな人
  • より低コストに運用したい
  • すでに米ドル資産を持っている
  • 株式市場でリアルタイムに取引がしたい
投資信託がおすすめな人
  • 投資をするのは初めて
  • つみたてNISAを利用したい
  • より手軽に、少額から運用したい

わたしは、ETFでVTIを、投資信託でiFree NEXT NASDAQ100インデックスを保有しています。

ETF、投資信託、それぞれによさがあるなと感じています。

米国株市場を見ながら、VTIへ投資するのもおもしろいし、一方、月に一度自動で買い付けてくれるNASDAQ100投信はめちゃくちゃラクです。

ETFと投資信託、どちらが優れてる…はナイと思います。

ETF(VTI)と投資信託(楽天VTI・SVI VTI)の比較

では、商品選びの参考のため、ETF(VTI)と投資信託(楽天VTI・SVI VTI)を比較します。

ETF投資信託
商品名VTI
(バンガード・トータル・ストック・マーケット)
楽天・全米株式インデックス・ファンド
SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
取引単位1株〜100円〜
購入方法市場価格でリアルタイムで取引毎営業日1回算出される基準価額で取引
通貨米ドル日本円
コスト0.03%0.1%前後
分配金米ドル/日本円で受取自動再投資
NISA一般NISAのみ一般NISA・つみたてNISA
2021年8月21日現在

比較してみたら、そこそこ違いがあるな。

投資対象は同じでも、ETFと投資信託それぞれに特徴がありますね。

運用のシーン別に詳しくみてみましょう。

購入するときの違い

ETFと投資信託、それぞれ購入するときに4つの違いがあります。

  • 取引方法
  • 取引単位
  • 取引通貨
  • 非課税口座

ETFの購入について

ETFの場合、米国株市場で時価で購入します。成行注文も指値注文もOK

1株(約230ドル)単位で購入し、米ドルもしくは日本円で決済します。

投資信託の購入について

対して、投資信託は、1日に一度決まる基準価額で取引します。

100円から購入でき、日本円で決済します。

また、一般NISAの場合、ETFも投資信託も購入できますが、つみたてNISAの場合は投資信託のみの取り扱いです。

ETFはリアルタイムで取引できるところがいいなと思うけど、投資信託の方がカンタンやね。

分配金をもらうときの違い

ETFと投資信託では、分配金の受け取り時も異なります。

  • 受取方法
  • 再投資方法

ETFの分配金について

ETFからの分配金は、円貨もしくは外貨で受け取ります。分配金を再投資するときは、自分で行うこととなります。

投資信託の分配金について

投資信託の分配金は円貨で支払われ、再投資は自動です。(分配金再投資コースの場合)

ETFからの分配金を貯めて再投資するのがちょい手間やったら、投資信託の方がラクやな。

売却するときの違い

購入時同様、売却時もETFと投資信託では異なります。

  • 取引方法
  • 取引単位
  • 取引通貨

市場価格での取引or基準価額での取引については、購入時と同じです。

ETFの売却について

ETFは1株単位で売却し、売却代金は円貨もしくは外貨で受け取ります。

投資信託の売却について

投資信託は口数もしくは金額を指定して売却し、売却代金は円貨受取です。

急に資金が必要になったから、50万円分だけ売却したいようなとき。

投資信託ならば50万円ピッタリが売却できるよ。

(税金の都合上、受取金が50万円ピッタリとは限りません)

共通点:どちらも長期投資向け

比較すると、ETFと投資信託ってそれなりに差があるなぁ。

取引方法などに違いがありますが、ETF(VTI)・投資信託(楽天VTI・SVI VTI)に共通していることは、どちらも長期投資に向いているということです。

投資対象が広く分散された「全米株式」であること、低コストで運用できることを踏まえると、ETFであろうと、投資信託であろうと、長く保有できる商品に変わりはありません。

スポンサーリンク

商品選びでもっとも重要なことは、投資家のニーズ

ETF(VTI)と投資信託(楽天VTI・SVI VTI)を比較し、それぞれの商品に向いている投資家をまとめました。

つみたてNISAを利用するならば投資信託一択です。

一方、米ドル資産を保有していたり、市場で取引したいと感じたりするならば、米国株市場でETFを買ってはいかがでしょうか。

信託報酬や為替などのコストの違いも大事ですが、最も重要なことは投資家自身のニーズです。

「求めてた運用スタイルと違うな」と感じることのないよう、自分のニーズを整理して商品選びをしてください。

本記事があなたの参考になれば幸いです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

米国株
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました