こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【ウォルトディズニー株価上昇】契約者1000万人超え!Disney+好スタート!

米国株式投資

先週、DISが急上昇しました。

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

Disney+の好スタートを受け、ウォルトディズニー株が急上昇です。

北米中心の地域限定サービスであるため、全世界展開など課題を抱えるサービスですが、ウォルトディズニーの強いコンテンツ力を感じます。

今週末からはアナと雪の女王2が日米同時公開です。

ウォルトディズニー株はまだまだアツイ銘柄だと思っています。

スポンサーリンク

契約者1000万人超え!Disney+好スタート

ウォルトディズニー社のストリーミングサービスである「Disney+」が契約初日からユーザーが1000万人を超え、好スタートを切りました。

Disney+, the highly anticipated streaming service from The Walt Disney Company, has already reached a major milestone, achieving a remarkable 10 million sign-ups since launching.

ウォルトディズニー社が提供しているDisney+はすでに1,000万ユーザーの契約に達した。

・・・

the service is the exclusive streaming home for films released by The Walt Disney Studios in 2019 and beyond, including Captain Marvel, Avengers: Endgame, Aladdin, Toy Story 4, The Lion King, Maleficent: Mistress of Evil, Frozen 2, and Star Wars

ウィルトディズニースタジオが2019年以降にリリースしたキャプテン・マーベル、アベンジャーズ:エンドゲーム、アラジン、トイストーリー4、ライオンキング、マレフィセント2、アナと雪の女王2、スターウォーズなども独占公開する。

Disney+ Sees Extraordinary Demand with More Than 10 Million Sign-Ups - The Walt Disney Company
Disney+, the highly anticipated streaming service from The Walt Disney Company, has already reached a major milestone, achieving a remarkable 10 million sign-up...

Disney+はサービス開始早々、1000万ユーザーを獲得しました。
ユーザー数では驚きの数字ですが、ベライゾンユーザーの一部は無料利用できるらしく、1,000万ユーザーの中には無料ユーザーも含まれているかもしれません。

ディスニー社の最新映画までが見られるストリーミングサービスなのだから人気が出るのも納得です。

Disney+の利用料金

Disney+の利用料金は、6.99ドル/月 (年間払いならば69.99ドル/年)で、Huluや ESPNも視聴できる特別プランならば12.99ドル/月です。

Disney+のサービス対象国

Disney+が利用できるのは、スタート段階では米国、カナダ、オランダのみ。
11月19日からはオーストラリアとニュージーランド、プエルトリコでも開始予定です。
2020年3月にはイギリス、ドイツ、フランス、スペインでもサービス開始となっています。

現時点では日本でのサービス開始は未定です。

Disney+でウォルトディズニー社はどうなる?

Disney+の好スタートのニュースを受け、株価は急上昇。

11月13日には148ドルまで達しました。少し前までは130ドル台で推移していたのに急進です。

14日、15日の相場では少し株価も落ち着きました。

Disney+はウォルトディズニー社が持つ4つのセグメントのうちのDirect-to-Consumer & Internationalに属します。

ウォルトディズニー社のセグメント
Media Networks:テレビ放送とラジオ放送
Parks, Experiences and Products:ディズニーパーク・リゾート事業
Studio Entertainment:映画の制作・配給
Direct-to-Consumer & International:ストリーミングサービス(消費者直結事業)とアメリカ国外への展開を担当

2019年度決算ではDirect-to-Consumer & Internationalは費用がかさみ営業赤字を出していましたが、売上が伸びてきている事業です。

2018年度は全体の6%しかなかったDirect-to-Consumer & Internationalの売上が、2019年度には13%と前期比2倍以上増えました。

Disney+の売上が貢献すればさらなる飛躍も望めるはず。

しかし、Disney+はまだ地域が限定されているサービスです。

Internationalの言葉通り、これからは全世界へのサービス展開が求められるでしょう。

また、新規事業のため、利益を生み出すまでは時間・コストがかかる可能性があります。

スポンサーリンク

ウォルトディズニー株はまだまだアツイ銘柄

 

11月22日、ウルトラヒットを記録したアナと雪の女王2が日米同時公開です。

アナと雪の女王は日本の歴代興行収入第3位の作品で、子供から大人までが楽しめる作品でした。

今までのプリンセスモノとは異なり、孤独や葛藤、恐れを描いた作品で幅広い層に共感された作品です。

過去の作品を振り返ると、「プリンセスは王子様を待つモノ」というストーリーから始まり、自ら幸せを探しにいくプリンセスや聡明なプリンセス、戦うプリンセスまで。

時代とともにコンテンツが成長しているディズニーの魅力です。

わたしはウォルトディズニー株はまだアツイ銘柄だと思っています!

アナ雪はダブルヒロインだからグッズも2倍売れるんよね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。YEAH!


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今日も応援よろしくお願いします☆

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

米国株式投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました