【退職しました】来年からはiDeCoをします【まずは資料の取り寄せから】

9年9か月お世話になった職場を退職いたしました。

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

12月末で、長年お世話になった職場を退職しました。

退職時に感じた気持ちについては、うちコイで書きました。

さて、退職に伴い、企業型確定拠出年金からiDeCoに変更です。

今回のブログは、退職後、確定拠出年金手続きの最初にやることについて書きます。

また、わたしは姓が変わるため、手続きがイレギュラーになります。

イレギュラーな手続きについても残していければ…と思い、記事にします。

本日もぜひ最後までご覧ください。

移管先の金融機関での手続き

わたしはマネックス証券 iDeCoへ移管することとしました。

  1. 移管したい金融機関から資料請求
  2. 書類を記入・提出

請求後2〜3日で、資料が届きました。

資料請求だけならば、在職中に行なっていてもよかったかもしれません。

移管後の金融機関選びは慎重に

移管後の金融機関(運営管理機関)は慎重に選びましょう。

後から変更もできるんちゃうん?

後日、運営管理機関の変更は可能ですが、変更手数料が発生したり、手続きが煩雑であったりするため、あまりおすすめできません。

金融機関選びは、以下の3点をポイントに選べばよいと思います。

  1. 運用商品の種類
  2. 手数料体系
  3. サポート

長くおつきあいする金融機関なので、しっかりと選びましょう。

わたしがマネックス証券を選んだ理由

自分が運用したい商品(iFree NEXT NASDAQ100)の取扱がマネックス証券だったからです。

マネックス証券はiDeCoの取扱商品が多く、商品拡充にも積極的な印象です。

また、手数料は楽天証券やSBI証券と同等の水準で、ローコストです。

メールでの問い合わせができない点がやや不満ですが、目当ての商品で運用できるのでヨシとしています。

\マネックス証券は運用商品が豊富/

移管手続きには審査がある

移管手続きには、審査(1〜2か月)が必要です。

実際に運用できるようになるまで、時間がかかります。

退職後に移管する場合、早めに資料請求すると、後の手続きがスムーズです。

スポンサーリンク

確定拠出年金の手続きは何かと時間がかかる

確定拠出年金の手続きは何かと時間がかかります。

6か月間、確定拠出年金を移管せずに放置しておくと、国民年金基金連合会へ自動移管されます。

自動移管されると、手数料が発生します。

  1. 自動移管時:特定運営管理機関手数料(3,300円)&連合会手数料(1,048円)
  2. 自動移管後:管理手数料(52円/月)

また、自動移管後の資産を金融機関に移すときにも、手数料が必要です。

なんやかんやと手数料が取られる…。

あっという間に6か月が経ち、連合会へ移管、手数料だけが取られる…なんてことになりかねません。

電話一本、メール一本で済むので、早めに移管手続きをしましょう。

次は手続き書類の書き方や運用商品について書きます。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

▼うちコイもぜひ読んでくださいね!


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

iDeCo
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました