【iFreeNEXT ATMX+】中国版GAFAMへ投資する投資信託をまるっとご紹介!

中国のハイテク産業に投資する投信があるんやって。

中国株か。悪くないかも。

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こかです。

5年前、海外旅行に行ったとき、中国人観光客のデバイスもりもりスタイルに驚きました。

スマホ、タブレット、スマートウォッチ、デジカメ…。

もりもり身につけるセンスはさておき、中国のテクノロジーの発展を感じました

「日本、あきらかに負けてるやん」と。

さて、今回のブログは、中国のテクノロジー産業に投資する「iFreeNEXT ATMX+」についてお話しします。

前半ではiFreeNEXT ATMX+を概要をまとめ、後半ではリスクや投資方法について検討します。

本日もぜひ最後までご覧ください。

iFreeNEXT ATMX+をまるっと!

今回の記事、長くなりそうな予感や。

先に結論を。

結論
  • iFreeNEXT ATMX+は、中国のテクノロジー企業へ投資する投資信託
  • 組入銘柄数は10銘柄と少なめ
  • 中国や中国企業を取り巻く環境の不安定さは否定できない
  • 個人的に、全力投資はおすすめしません

iFreeNEXT ATMX+の概要

iFreeNEXT ATMX+の概要は以下のとおりです。

iFreeNEXT ATMX+
設定日2021/3/24
純資産
(2021/6/27時点)
7.28億円
ベンチマークFactSet
ATMX+指数
買付単位100円〜
購入時費用0円
信託報酬率
(税込)
0.781%
信託財産留保額0円
信託期間無期限
つみたてNISA対応していない
決算月3月
運用会社大和アセットマネジメント
2021/6/27現在

今回、ご紹介した投資信託は、レバレッジなしですが、レバレッジありの【iFreeレバレッジ ATMX+】もあります。

※買付単位や購入時費用は販売会社によります。

ATMX+って、何ですか?

で、ATMX+って何やねん。

聞き慣れへん指数やね。

ATMX+は、中国のテクノロジー関連銘柄のみで構成されている指数のことです。

ざっくり言うと、中国版GAFAMみたいなものですね。

また、iFreeNEXT ATMX+は、組み入れ銘柄へ均等に投資しています。

ATMX+に含まれている銘柄は?

ATMXはアリババ、テンセント、メイトゥアン、シャオミをさす。

ATMX+に含まれている銘柄は、合計10銘柄です。

すべて香港証券取引所に上場する銘柄です。

銘柄名大きな特徴近い企業やサービス
アリババECサイトや決済サービスAmazon・PayPay
テンセントメッセンジャーアプリWeChatFacebook・LINE
メイトゥアンフードデリバリーやレストラン口コミUberEats・食べログ
シャオミスマホやウェアラブル端末Apple
JDドットコム中国最大級のECサイトAmazon
ネットイースゲーム事業を強みとするインターネット事業グリー・コロプラ
サニー・オプティカル世界トップクラスの光学機器メーカー富士フイルムHD
バイドゥ「baidu.com」検索エンジン中国最大手Google
ビリビリデジタル・エンターテインメント企業YouTube
クアイショウ
テクノロジー
ショート動画やライブ動画、ライブコマースの
プラットフォームを運営
TikTok

SNSで聞く銘柄もチラホラあるな。

アリババは、毎年11月11日の独身の日セールが有名ですね。

2020年の独身の日セールでは、7.7兆円もの取引が行われたとか。

テンセントのWeChatは、メッセージ送信から決済まで行うことができるアプリです。

頻繁に中国へ出張へ行かれる方は、「WeChatでなんでもできる」とおっしゃっていました。

販売会社はどこの証券会社?

iFreeNEXT ATMX+が買える証券会社をまとめます(2021年6月現在)

  1. SBI証券
  2. auカブコム証券
  3. 松井証券
  4. マネックス証券
  5. 楽天証券

設定されて間もないファンドなので、まだ取り扱いは少ないですね。

スポンサーリンク

iFreeNEXT ATMX+とNASDAQ100を比較

わたしは毎月NASDAQ100投信を買ってる。

NASDAQ100はスゴイけど、ATMX+もすごいんやろか。

iFreeNEXT ATMX+とNASDAQ100を比較します。

2015年からのパフォーマンス

以下は、大和アセットマネジメントの公式サイトからのチャートです。

ATMX+、NASDAQ100、MSCI中国、日経平均の比較チャート
引用:https://www.daiwa-am.co.jp/special/atmx/index.html

2018〜2019年は日経平均と同じくらいのパフォーマンスです。米中貿易摩擦がニュースになっていたころです。

2019年半ばから、ATMX+の勢いが出てきて、現在はNASDAQ100をも超えるパフォーマンスです。

設定来のパフォーマンス

3月の設定からのパフォーマンスです。

比較のため、同じiFreeシリーズのNASDAQ100のチャートを重ねました。

青:ATMX+/ピンク:NASDAQ100

iFree NEXT ATMX+とNASDAQ100を比較
引用:ヤフーファイナンス

NASDAQ100に比べると、ATMX+は不安定な動きをしています。

基準価額が10,000円を割れる局面もあったようです。

正直なところ、短期間のパフォーマンスは微妙かな…と思います。

ATMX+のリスクと投資方法を考える

ATMX+のリスクと投資方法を考えてみます。

ATMX+のリスク

想定リスク
  • 銘柄分散力が弱め
  • 世界と中国の摩擦
  • 国家による企業への干渉

銘柄分散力が弱め

10銘柄への投資は、分散されているとは言い難いです。

銘柄分散によるリスク分散は期待できないかなと思います。

中国固有の問題

アメリカや世界と中国の摩擦や国家による企業への干渉は、中国固有の問題かなと思います。

各企業を取り巻く環境が悪ければ、優れた技術も日の目を見るのは厳しいかもしれません。

ATMX+へどう投資するか

実は、かー坊もアリババに投資してたねん。

中国企業のテクノロジー発展を見ていると、3〜5年も待てば悪くないかなと思います。

しかし、短期的には値動きもありそうです。

余力の余力で中期的に保有するのがよいのではないでしょうか。

それに、中国株って好みもあるでしょうし。

わたしは、手持ちの楽天ポイントも合わせて、3〜5万円ほど買ってみようかなと考えつつ、動きを見ています。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

新興国
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました