こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【MO買い増し】アルトリア タバコ株の今後に未来はあるのか。

米国株式投資

【MO】の買付単価を下げるために、買い増ししたねん。
これで買値が58ドルくらいになった。

最近、【MO】下がってるしね。取得単価下げるにはいいかも。

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

先日、かー坊がアルトリア【MO】を買い増ししていました。

私は【JT】を保有しているので、【MO】を買う予定はありません。
タバコ銘柄ってどこまで下がるのって不安があるので…
しかし、MSCI WORLD TOBACCO INDEXを見ているとタバコ銘柄も捨てたものじゃないなと感じさせられます。

嫌われ者のタバコ。
しかし、MSCI WORLD TOBACCO INDEXはMSCI WORLDをもしのぐようなパフォーマンスを見せていました。

【MO】アルトリアってどんな株なの?

アルトリアグループはアメリカに籍を置く世界最大のタバコ製造・販売会社です。

2003年まではフィリップ・モリスの名で親しまれていました。

S&P500にも採用されています。

MOは配当利回り6%!

【MO】は高配当銘柄として有名で、49年連続増配銘柄です。
現在の配当利回りは6%を超えています。

以下は、【MO】の配当実績です。
順調な増配傾向がわかりますね。

2011年1.58
2012年1.7
2013年1.84
2014年2
2015年2.17
2016年2.35
2017年2.54
2018年3

 

【MO】アルトリアは嫌われ者タバコ産業〜FDAの規制〜

配当利回りを見ていると、【MO】がインカムゲイン目的の投資家から愛される理由がわかります。

しかし、タバコは健康へ害を及ぼすとして、「規制」「裁判」の連続です。

【MO】はタバコ銘柄ゆえ、FDAによるタバコ規制が入るとすぐに株価へ影響が出ます。

ひとたび、芳しくないニュースが出ると、株価がガタガタと下がってしまいます。

上記は直近2年間のチャートです。

途中、大きく株価を下げているところがあるのがわかりますね。

全体相場の下落に加え、FDAによる規制という大きな大敵が【MO】には潜んでいます。

【MO】も規制のたびに憂き目に遭っています。

スポンサーリンク

MSCI WORLD TOBACCO INDEX(MSCI世界タバコ指数)という指数がある

配当収入は魅力的だけれど、株価推移が気になるタバコ銘柄。

しかし、タバコ銘柄ホルダーにとって、注目すべき指標がありました。

 MSCI WORLD TOBACCO INDEX(MSCI世界タバコ指数)です。

MSCI WORLD TOBACCO INDEXは6つのタバコ銘柄で構成されている指標です。

構成銘柄と比率

  1. フィリップモリス(34.47%)
  2. アルトリアグループ(26.15%)
  3. ブリティッシュアメリカンタバコ(22.90%)
  4. インペリアルブランズ(7.76%)
  5. JT(6.52%)
  6. スウェディッシュ・マッチ (2.19%)

MSCI WORLD TOBACCO INDEXの設定来(1994年〜)パフォーマンスは13.01%で、MSCI WORLDのリターン7.19%を凌駕しています。

現在はなかなか株価が上がらないタバコ銘柄ですが、現在まではなかなかの株価推移を見せてくれていたのです。

13%ものリターン…。
「実績」と言えど、タバコ株も捨てたものではない!。

タバコ株とは長期のおつきあいになりそう

実績はあくまで過去のものであり、未来の株価を予測する材料にはなりません。

しかし、 MSCI WORLD TOBACCO INDEXを見るとタバコ株に対する悲観的な気持ちを和らげてくれました。

【MO】も【JT】も割安で放置されている高配当銘柄です。

配当金を享受しつつ、配当金込みのトータルリターンでプラスを狙うー

インカムゲインを含めたリターンならば、長期投資で勝てる可能性もゼロではないかもしれません。

さて、タバコ株以外にも米国株には配当利回りのよい銘柄があります。

たとえば、マーク・リクテンフェルド氏が提唱している「6つの高配当米国株」

マーク・リクテンフェルド氏とはファイナンシャル業界で30年以上のキャリアを持つアナリスト。

CNBC、ウォール・ストリート・ジャーナル、Bloombergなどの有名メディアにも多数出演している。

「6つの高配当米国株」はメルマガで紹介されており、無料で6つの高配当銘柄を知ることができます。

たとえば、月10,000円の配当金を得ることができれば、年間で12万円の不労所得となります。

得た配当金をさらに利回り4%ほどで運用すれば、お金がさらにお金を呼んでくれる好サイクルが出来上がります。

リクテンフェルド氏の投資哲学も参考になりますし、メルマガ登録は無料なので、よかったらご覧ください。

》【無料】オックスフォードインカムレターで「6つの高配当米国株」を見てみる

メルマガが不要になれば、いつでも解除できますよ。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。

人気記事▶︎会社イヤやねん!配当金で生活したい→米国株の高配当銘柄でマネーマシーンを作る

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

米国株式投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました