こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【継続してわかったこと】インデックス投資って儲かる?→儲からない。

インデックス投資

 

投資をしていると言うと、「儲かるの?」と聞かれること多くないですか。

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

インデックス投資では儲からないですね。大損もしないけれど、世間一般の言う「儲かる」とは違います。

ドカンと利益を出したかったら、キラリとひかる銘柄を見つけてきて集中投資する方がよいです。

にもかかわらず、私がインデックス投資を続ける理由は「インデックス投資が自分にとって最適解だから」です。

スポンサーリンク

インデックス投資で儲かる?【儲からない】

「世界経済が緩やかに拡大していく」と言う前提で投資をするならば、インデックス投資で大負けはしません。ゆっくりですが着実に資産は増えます。

でも、自分よりも利益を出している投資家は必ずいます。

これはインデックス投資家の宿命です。

VTIよりも儲かる銘柄はあります

こちらのチャートをご覧ください。

VTIとマイクロソフトのチャートを重ねました。

ご覧の通りマイクロソフトの方がVTIを上回る値動きをしています。

マイクロソフトに集中投資をしている人は、インデックスをコツコツと買うよりも利益を上げています。

ほな、VTI全部売って、マイクロソフトにしよ。

インデックス投資は所詮平均点狙いの投資です。

優秀な銘柄があれば、そちらに投資をする方が断然有利です。

みんなソッコーでお金持ちになりたい

書店で投資本コーナーを見ていても、人気があるものは「1年で2,000万円増やす株式投資術」とか、「私が5億の資産を作った理由」とかそういう本が多いです。

やっぱりみんなすぐにお金持ちになりたいんですよね。

ゆっくり着実にコツコツお金を増やそうとする人なんて少数派かもしれません。

投資は趣味ではありません。手段です。

わたしにとって投資は趣味ではなく、手段です。

短期で売買したり、銘柄研究をしたり、毎日株価チェックをしたり…、あまり頑張れません。
本を読んだり、音楽を聴いたり、友達や家族と過ごしたりする方が楽しいかもです。

そんな自分にとっては、インデックス投資が最適解だという結論になりました。

投資スタイルなんて十人十色です。

あなたが続けられる方法で、あなたが良いと思った方法で、やったらいいんです。

12月もVTI・BNDを買いました

さて、1年間コツコツ続けたVTI&BND投資の12月分の買付が済みました。

2019年度のETF買付はこれにて完了です。

2019年度ETF積み上げ

2019年度のETF積み上げ結果は以下の通り。

気づけば、9,000ドル近く積み上げていました。

  • VTI→49株/平均取得単価:145.88ドル
  • BND→24株/平均取得単価:83.39ドル

1年間やってみて、自分にしっくりくるスタイルだということがわかりました。

保有中の銘柄整理もしつつ、来年も同様にETFを積み上げていきたいと思っています。

ゆる投資スタイルです。

スポンサーリンク

あなたにとってコスパ良好の投資スタイルを【儲けよりも大切】

インデックス投資は長期投資で時間がかかります。

しかし、運用期間中の手間は、比較的かからない投資だと思っています。

投資にどっぷりハマって、しっかりと時間を割けない自分にはインデックス投資が最適解でした。

投資は才能や能力よりも、継続・習慣化させることが大切です。
数%の確率で、目利きの投資家さんがいるかもですが、大抵の人は地道にコツコツがベターです。

自分が無理せず続けられる範囲で、コスパのよい投資スタイルを探ってみてください。
儲けよりも大切です。

VOOやVTIにコツコツ投資する人も、ハイテク銘柄に集中投資する人も、こかブログはあなたの投資を応援しています!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。YEAH!


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今日も応援よろしくお願いします☆

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

インデックス投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました