【CRWDだけじゃない】米国株のサイバーセキュリティETF(BUG・HACK)についてご紹介します

この前、会社でセキュリティトラブルに巻き込まれて、めっちゃ疲れた…。

疲れすぎて、晩御飯が作れへんかったもんな。

情報セキュリティってホンマ大事やで。

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こかです。

業務でのセキュリティトラブルに巻き込まれ、報告したくてもリーダーがおらず、3時間ほどひとりで悶々としておりました。

サラリーマンの方なら、重要インシデントを報連相できずに抱える辛さはお分かりいただけると思います。

あの時、心の底から思ったことは「情報セキュリテイって、ホンマに重要!!!いつ、どこで自分が当事者になるかわからない」ということです。

最近、サイバー関連のセキュリティに敏感なわたし。

今回のブログは、サイバーセキュリティ関連の米国株についてお話しします。

個別銘柄ではクラウドストライクが有名ですが、本日はサイバーセキュリティ関連のETFについてご紹介します。

本日もぜひ最後までご覧ください。

BUGとHACKはサイバーセキュリティ関連のETF

日本から買える、米国サイバーセキュリティ関連のETFは、2つあります。

BUGとHACKです。

初めて聞くETFや。

サクッと教えて。

  • BUG:グローバルX サイバーセキュリティ ETF
  • HACK:プライム サイバー セキュリティー ETF

BUGは30ドル台、HACKは60ドル台で推移しています。(2021年9月現在)

概要

グローバルX サイバーセキュリティ ETF
BUG
プライム サイバー セキュリティー ETF 
HACK
設定日2019/10/252014/11/11
純資産816百万ドル2,431百万ドル
経費率0.50%0.60%
インデックスIndxx・サイバーセキュリティ・インデックスISEサイバー・セキュリティ・インデックス
組入銘柄数3042
投資対象国世界世界
運用会社グローバルXETFMG
2021年9月12日現在

BUGは比較的新しいETFです。

そのため、純資産額が少ないですが、HACKより経費率が安い点が魅力ですね。

また、いづれのETFも米国のみでなく、欧州やアジア、世界のサイバーセキュリティ関連銘柄を投資対象としています。

日本は、4704:トレンドマイクロなどが含まれています。

個人的に、2年くらい前からグローバルXのアクティブETFには興味があるため、選ぶならBUGかな…と思っています。

組入銘柄

BUGとHACKの組み入れ銘柄トップ10です。

BUGHACK
1ZSCALER INCDARKTRACE PLC
2FORTINET INCCLOUDFLARE INC
3CROWDSTRIKE HO-ACISCO SYS INC
4PALO ALTO NETWORKS INCFORTINET INC
5OKTA INCPALO ALTO NETWORKS INC
6VARONIS SYSTEMS INCSPLUNK INC
7RAPID7 INCCYBERARK SOFTWARE LTD
8CYBERARK SOFTWARKNOWBE4 INC
9CHECK POINT SOFTWARE TECHAVAST PLC
10NORTONLIFELOCK INCQUALYS INC

同じようなコンセプトなのに、組入銘柄に差がある!

似たようなETFを比較した場合、上位の組入銘柄が似通うことが多いですが、意外にも似ていません。

ザッと銘柄に目を通した感じ、知ってる銘柄が多いのはBUGの方でしょうか。

組入銘柄の差がパフォーマンスにどう影響してるん?

直近のパフォーマンス

各ETFの直近のパフォーマンスをまとめます。

2021年8月31日時点での累積リターンを比較してみます。

BUGHACK
1か月8.76%3.21%
3か月18.82%10.52%
設定来114.84%167.50%

BUGの方が直近の成績はよいですが、設定来はHACKの方が好パフォーマンスです。

ただ、設定時期に5年の差があるため、正確な比較ではありません。

BUGはグローバルXの公式サイトより、HACKはetfmgの公式サイトより引用。

チャート(BUGはQQQ超え)

サイバーセキュリティ関連銘柄がアツイってわかってても、NASDAQ100超えしなきゃ投資する意味ないかも…。

BUG、HACKとQQQのパフォーマンスを比較しました。

2019年12月からの比較で、青:BUG /水色:HACK /紫:QQQです。

BUG、HACKとQQQのパフォーマンスを比較
引用:YahooFinance

BUGがQQQを超えてる…?!

今回、比較した期間に限ってですが、BUGがQQQを超えています。

過去のパフォーマンス比較は、どの期間を切り取るかによって、見える景色は異なります。

しかし、GAFAM抜きのBUGでこのパフォーマンスはなかなかのものだなぁと思います。

テーマ型ETFは外すとイタイ…

テーマ型ETFはアクティブで、集中投資のひとつです。

当たったらよいですが、外したときのダメージは大きいです。

「サイバーセキュリティ、昔、流行ったやつ?」と、テーマ型ETFは時代遅れな投資になる可能性も孕んでいます。

よって、VTIやVOOのような幅広く分散された銘柄より、リスクは高めです。

BUGやHACKの組入銘柄数は、30〜40前後と多くないよね。

分散力はやや乏しいな。

【ちょっと深掘り】BUGの銘柄について

BUGの組入銘柄について、ちょっと深掘りします。

BUGに組み入れられているこれらの銘柄は、日本法人もあるグローバルな企業です。

英字のまま検索しても、日本サイトが出てくるよ。

BUG組入銘柄の特徴をざっくりと

組入銘柄上位5銘柄の、各社の特徴をざっくりとまとめますね。

  • ZSCALER:モバイル・クラウド向けセキュリティ
  • FORTINET:ネットワーク・クラウド向けセキュリティ
  • CROWDSTRIKE:クラウド向けセキュリティ
  • PALO ALTO NETWORKS:総合サイバーセキュリティ
  • OKTA:ID管理システム

それぞれ得意分野があるようですが、収益の柱は利用料で、BtoBサービスメインという点は共通しています。

一度、企業がシステムを導入するとなかなか乗り換えないので、既存顧客からの安定した収益を見込めるんじゃないかと思います。

また、リモートワークが広まったことで、セキュリティ意識はより一層高まっていることでしょう。

吸収合併の可能性や開発費の負担が懸念されるところですが、ETFで投資すれば多少はリスクを抑えることができるのではないでしょうか。

サイバーセキュリティ関連銘柄はアツイ銘柄?!

サイバーセキュリティ関連銘柄へ投資するBUGとHACKをご紹介しました。

リモートワーカーやノマドワーカーが増えるにつれて、今後もますますサイバーセキュリティへの関心は高まってくると思います。

セキュリティでケチがついたら、企業の社会的損害はとても大きいです。

企業もサイバーセキュリティ対策には力を入れるでしょうね。

さて、現在のBUGのチャートを見てみると、50日移動平均線にタッチしそうな動きです。

BUGチャート

下がってきたら、少額でちょこっと買ってみようかなと思っています。

需要があれば、BUGの買付報告記事を書きますね!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。


【無料動画】米国の敏腕アナリスト、アレクサンダー・グリーン氏が2023年までの米国株投資について語る!

動画の中で、氏は、「これから2年間で、過去20年分の富がやってくる」と話し、自身が注目している4分野について解説しています。

ご興味がある方は下記URLから閲覧してくださいね!

》【無料動画】今後2年間の米国株投資は?動画を見てみる



いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

米国株
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました