【SPYD】S&P 500 高配当株式ETFを買い増し予定です

7月も後半になってきました。
今月は【VTI】の買付が遅かったけれど、ぼちぼち8月の米国株買付も考えないと。

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

8月に【SPYD】S&P 500 高配当株式ETFを買い増し予定です。
米国株投資を初めて7か月、自分の投資ペース・ルールができてきました。

粛々と積み上げていきます。

【SPYD】S&P 500 高配当株式ETFへの投資について

5月に【SPYD】S&P 500 高配当株式ETFを買いました。

【VTI】の方が優れたパフォーマンスだと思います。
長期投資のモチベーション維持のため、配当金がもらえる【SPYD】もポートフォリオに入れています。

現在の保有数量は以下のとおりです。

SPYD:25株 949.50ドル(平均買付単価:37.716ドル)2019/5から開始

【SPYD】S&P 500 高配当株式ETFからの配当金

5月に【SPYD】を買ってから、一度配当金を受領しました。

7/2受取(楽天証券)11.55ドル(税引き前)
利回り:約4.9%

利回りの高さは期待どおり!

配当金支払い月の前月に買うと決めたから

8月に買うと決めているのは、配当金支払い月の前月に買うと決めたからです。

【VTI】と異なり、【SPYD】はサテライト的位置付けです。
年に数回の買付を予定しており、買付タイミングをルーティーン化するために配当金の前月に買うというルールにしました。

買付ルールを決めた時の記事はこちらです。

ルーティーンと聞くと、「決まりきった動作」「日課」というような言葉をイメージしがちです。

樺沢 紫苑さんの「絶対にミスをしない人の脳の習慣」によると、動作をルーティーン化することで雑念が入らず、集中力がアップするという効果があるようです。

脳内の作業スペースは限られています。

限られた脳内の作業スペースを使い切るような「ルーティーン」を行うと、雑念が入る余地がなくなり、集中力を発揮できると書かれています。

スポーツ選手のルーティーン動作は典型ですね。

投資においてのルーティーンは、迷いや余計な思惑をなくすという効果があるなと思います。

米国株買付のルーティーン

私の米国株買付のルーティーンは、「【VTI】を毎月買う」「【SPYD】を配当金支払いの前月に買う」です。

安易に情報を得ることができ、誘惑が多い現代社会では選択と集中が必要です。
ルーティーンは選択と集中の手助けになると思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました