【SPYDとVTI】複数ETFの保有が分散投資と言える理由〜比較してみた〜

私はすでにVTIを保有していますが、高配当が魅力のSPYDを買いたいなと思っています。

ETFを複数保有することは有効なの?

みなさん、こんにちは。
ヒヨッコ投資家 こか(@cocablog)です。

インデックスに連動するETFはたくさんありますね。

さまざまなETFを保有している場合の分散力やパフォーマンスが気になるところです。

今回の記事では、複数のETFを保有するメリットを検証するため、VTIとSPYDを比較します。

結論からお伝えすると、VTIとSPYDは組み入れ銘柄やセクターが異なるため、共に保有することでお互いを補完しあうことができます。

では、VTIとSPYDについて検証していきます。

本日もぜひ最後までご覧ください。

VTIとSPYDの商品内容をまるっと比較

VTIとSPYDの商品概要を比較します。

VTI
バンガード・
トータル・ストック・マーケットETF
SPYD
スパイダー・
ポートフォリオS&P500高配当株式ETF
インデックスCRSP USトータル・マーケット・インデックスS&P 500® 高配当指数 
設定日2001/05/242015/10/21
特徴・米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーする
・MicrosoftやAppleなどが組入上位銘柄に並ぶ
・配当利回りは2%弱
・S&P 500®組入銘柄のうち、配当上位80位を対象とする
 ・不動産や公益事業や一般消費財セクターが組入上位に並ぶ
・配当利回りは4%以上
決算月3/6/9/12月決算3/6/9/12月決算
経費率0.03%0.07%
2021年11月現在

どちらも低コストで、長期保有におすすめのETFです。

VTIとSPYDで、配当利回りやパフォーマンスに差があるのはなんでや?

ETFの投資対象が違うからかな?

 

VTIとSPYDは投資対象が異なる

同じアメリカ市場へのインデックス運用であっても、VTIとSPYDは投資対象が異なります。

 

  • VTI:米国株式市場のほぼすべての銘柄へ投資する
  • SPYD:S&P500採用銘柄のうち配当利回りのよい上位80銘柄へ投資する

 

VTIは米国市場全体をまるっと投資対象にしており、リスク分散されたETFです。

キャピタルゲインを狙う投資家にはぴったりのETFです。

 

一方、SPYDはS&P500の中でも高配当株のみへ限定し、投資しています。

配当金生活を目指す投資家からの人気が高いです。

 

VTIで全米株式へ投資し、米国経済の恩恵を享受する。
SPYDで配当金を受け取り、配当金生活を楽しむ。

 

VTIとSPYDの投資目的はまったく異なる

VTI・SPYDの構成銘柄の違いから、両方の銘柄を保有していても、全く別目的での投資となります。

SPYDは「VTIでは配当金面で物足りないなぁ」と感じる投資家のニーズを満たしてくれるETFですね。

 

SPYDの組入セクターは不動産が多い

ちなみに、SPYDの組入セクターに不動産(REIT含む)がラインナップされています。

 

SPYDが不動産を組み入れる理由は、配当利回りが高いからです。

組入基準が配当利回りのみであるSPYDは、不動産の比率も上がります。

高配当株ETFではVYMやHYDも有名ですが、SPYDのように不動産へは投資していません。

 

組入セクターに特徴があるため、SPYDは他の市場平均へ連動するETFとは一線を画します。

すでにS&P500へ投資していても、SPYDは他の商品とは異なる値動きをしそうやな。

 

VTIとSPYDの値動きをまるっと比較

チャートを使って、VTIとSPYDの値動きを比較します。

今回は、2パターンのチャートをご紹介します。

  1. VTI・SPYD・S&P500
  2. VTI・SPYD・VYM

いづれもSPYDが設定された2015年10月21日を起点に作成しています。

では、実際見てみましょう。

 

VTI・SPYD・S&P500を比較

まずはVTI・SPYD・S&P500の比較です。

SPYD:青/VTI:水色/S&P500:紫

引用:YahooFinance

チャートを見ると、VTI・S&P500とSPYDの値動きの違いがよくわかります。

  • VTIとS&P500:ほぼ重なって動いている
  • SPYD:VTIとS&P500に比べ、全体的にパフォーマンス低

 

VTI・SPYD・VYMを比較

次に、VYMのチャートを重ねてみます。

SPYD:青/VTI:水色/VYM:紫

引用:YahooFinance

3つのチャートはどれも重ならないね。

注目すべきは、高配当株ETFチームのSPYD・VYMのいづれも、VTIよりも劣る値動きであるという点です。

やはり、広く分散されたETF(VTI)がパフォーマンス面では優秀だということでしょうか。

 

配当金込みのチャートで比較

配当金込みのパフォーマンスで比較しても同様です。

SPYD:緑/VTI:青/VYM:黄

SPYDやVYMよりも、VTIのほうがトータルリターンが優れています。

高配当株ETFは、リターンを狙うのではなく「配当金をもらうもの」という目的で投資すべきETFですね。

 

投資目的が異なるならばVTIとSPYDの合わせ技はアリ

すでにETF投資をしていると、別のETFへの投資は決め手にかけたり、悩んだりします。

しかし、複数のETFを保有していても、運用指針や組入銘柄が異なるとパフォーマンスに差が生じます。

結果、まったく別の投資パフォーマンスとなります。

 

今回、比較したVTIとSPYDも期待するパフォーマンスや投資目的が異なります。

 

わたしは、キャピタルはVTIに期待することとし、SPYDは配当利回りを楽しむとして、両方のETFを保有することとします。

SPYDとVTIは異なる投資目的のため、分散投資の一つとして投資します。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。


3つの米国株

【無料レポート】Amazon、Teslaに続く銘柄は?日本人が知らない3つの米国株

米国アナリスト:アレックス・グリーン氏が書く無料レポートをご覧になったことがありますか?

株価10倍を狙う3つの成長株(医療技術分野)を公開
イノベーションが期待される銘柄
レポートは無料

下記URLをクリックして、メールアドレス登録!レポートをあなたへお届け!

》【無料】株価10倍が狙える3つの米国株レポートを見る



いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら
VTISPYD
あなたのSNSでシェアしてね
Follow me
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

  1. ぽん太 より:

    初めまして。
    私も最近米国株デビューしブログも始めたものです。
    1人で四苦八苦しながら株の購入をしているのですが、
    こかさんはVTIやVOO、SPYDなどを購入されていると思うのですが、
    ドルの購入手数料はどうしていらっしゃるでしょうか。
    楽天証券で円貨購入すると為替手数料が1ドルあたり25銭か買ってしまい、SBIだと1ドルあたり5銭で変換できると聞いています。
    このあたりの知見をお持ちでしたら教えてください。よろしくお願いします。

  2. こか より:

    @ぽん太さん
    はじめまして。
    コメントいただき、ありがとうございます!
    私はすでに楽天証券で口座を持っており、NISAも楽天証券で開設済みでした。
    また、楽天市場や銀行、Edyなど、楽天経済圏を利用することが多いので、楽天ポイントも貯めています。
    SBIの手数料体系は魅力的ですが、本年度は楽天証券を利用するつもりです。
    あまりお役に立てずに申し訳ございません。
    ブログ書かれているのですね。
    (ブログ村がメンテナンス中で見れないのですが、)米株村にいらっしゃいますか。
    遊びに行かせていただきます♪

  3. ぽん太 より:

    ありがとうございます!
    私も楽天で一式揃えてしまったので、SBIと2口座管理するか迷っていたのですがしばらく楽天1本で行こうかと思います!
    SPYD魅力的ですよね。VTIは持っているのですが、高配当はまだ持っていなくて。
    皆さんと違って雑なブログなのでお恥ずかしいですが、人気ブログランキングの15位くらいをうろうろしていますので、良かったら遊びに来てください!

タイトルとURLをコピーしました