年収400万円台一人暮らしで年間100万円貯めました②

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

年収400万円地方在住で一人暮らしの私ですが、2018年は年間貯金額100万円を超えました。
先日の記事の続きです。

お金を「貰う」「使う」ときのこころがけに続いて、「貯める」「働かせる」ときのこころがけを考えました。
ここが一番楽しいところでした。

貯めるときのこころがけ

 

  1. 貯金をシステム化する
  2. 毎月定額を積立投信にまわす
  3. 金融機関のマイページは決めた日に見る
  4. 不労所得は別口座にまとめる

貯金をシステム化する

2018年の年初に「100万円貯める」と決心しました。
しかし、金額目標を設定しても100万円貯金までの道のりは程遠く感じ達成できないのではないかという不安ばかりが募りました。

そこで、エクセルで年間貯金計画を立て、ひと月当たりの貯金金額・ボーナス支給月の貯金金額と運用先を決めて、毎月同じことを繰り返す貯金のシステム化を図りました。

100万円を貯めるために一ヶ月でどれだけ貯めなければいけないかを計算すると、

1,000,000÷12=83,333円 です。

80,000円を貯金するのは少し厳しいので、賞与月にまとまった額を貯金し、残りの金額を12か月で割るようにしました。

私の勤め先は3月に業績賞与が支給されます。

よって、3月、7月、12月の賞与月で合計400,000円ほど貯金することとし、給与から残り600,000円を貯金することとしました。

50,000円/月の貯金を会社の確定拠出年金のマッチング拠出、積立投信、普通預金に振り分けました。

自動引落や積立のシステムを使うと勝手に貯まっていきます。

繁忙期などで残業代が多かった月は多めに貯金したりして、2018年の貯金結果は以下のようになりました。

2018年度貯金合計額

3月賞与

7月賞与

12月賞与

給与

1,045,200

77,000

150,000

160,000

658,200

「今月はたくさん貯金できた」と楽しみながら貯金するのもよいですが、毎月の貯金額を決めておいてシステム化してしまう方が楽チンで確実です。

決めてしまえば、後は実行するだけです。

ルーティーンとなり、「貯金できない」と自分に言い訳することもありません。

毎月定額を積立投信にまわす

最初、私は積立投信に懐疑的でした。

金融機関が勧めてくるもの=手数料が高く取れるものだと思っていたので、巷で積立投信が流行っていることを耳にしてもスルーしていました。

けれど、毎月決まった額を決まった日に買い付けてくれるなんてこれこそ貯金のシステム化ではないかと思い、2017年より10,000円をバランス型投信の積立にまわしました。

時間を味方につけて買付価格を平均化するというシンプルな運用方法が功を奏し、2年以上保有しているこの積立投信は安定しており、利益が出ています。

相場が上昇している局面ではやや物足りなさを感じましたが、暴落相場に強いという噂どおり相場が下げているときに強みを発揮します。

積立投信の良さを理解できたので、2018年からは6,000円増額しました。

金融機関のマイページはきちんと見る

私の勤め先は確定拠出年金を導入しています。

しかし、「マイページを見ている」という人はほどんどいません。

自分の年金資産がどうなってるか気にならないのかと疑問ですが、「パスワード忘れてほったらかし」という人も多いです。

確定拠出年金のように長期的な運用の商品であってもマイページで資産を確認することは大切です。

自分の資産の資産状況を確認すると嫌でもお金のことを考えます。

常にお金のことを意識している思考がお金を増やすコツだと思っています。

引き寄せの法則ではないですが、潜在意識を味方につけることも重要です。

不労所得は別口座にまとめる

株式の売却益や配当金などは全て一つの口座にまとめています。
また、そこにはフリマサイトやオークションサイトでの売上金も振り込まれるようにしており、不労所得が一目でわかるようにしています。

まとめておくと再投資がしやすいというメリットがあります。
得た利益をさらに投資にまわす、お金に働いてもらってお金を増やすサイクルが作りやすいです。

また、残高=不労所得なので数値化されることでモチベーションもアップします。

【注意】NISA口座株式の配当金について

一旦証券会社に振り込まれた配当金についてのみ、NISAでの非課税の恩恵が受けられます。
直接個人の銀行口座に振り込む設定をしていると、課税されてしまいます。
面倒ですが、私は証券会社に振り込まれた配当金を銀行口座に振り込んでいます。

日々のこころがけ

他にも日々の生活でこころがけていることは以下の2点です。

  1. ラテマネーは使わない
  2. 健康でいる

ラテマネーは使わない

元々コンビニに立ち寄る癖はないのですが、「毎日してしまう無意識の買い物」を減らすようにしています。

モノを買うときは自分の中で目的意識を持ち、惰性で買ってしまうというようなことがないようにしています。

健康でいる

「体が資本」とはよく言われますが、健康でなければ身体的、精神的、経済的負担が大きくなります。

時間やお金の自由がきかなくなってしまうので、規則正しい生活と適度な運動を心がけています。

といっても、

早寝早起き
歩くこと
自炊すること
体を温めること

の4点ですが、おかげさまで風邪をひくことも減りました。

以上が現時点での私のお金の貯め方です。

私がやっていることはどれも特別なことではありません。
普通の会社員がやっていることで、普通の会社員ができることです。

これがベストとは思っていませんし、これからもまだまだ見直していきたいと思っています。
無理なく、簡単に、自分の生活に馴染む習慣を考えることが楽しいです

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました