こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

私の老後不足金は2,333万円!年金がいくら不足するかアプリで試算したよ【おかねのコンパス】

Pick Up!

老後のお金についてリアルに考えたことある?

え〜〜。

「年金ヤバイな〜」くらいしか考えてない…。

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

おかねのコンパスという無料アプリをインストールしました。

金融資産の管理ができるアプリで、将来の年金の試算もしてくれます。

自分の老後の必要金額が細かく表示され、思わずドキッ!

資産運用を改めて考えるきっかけになりました。

今回の記事は、「将来にそなえていくらくらい必要か?」という未来へ向けたお話です。

本日もぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

老後資金、2,332万円なり。

老後を楽しむにはいくら必要か試算しました

おかねのコンパスと年金定期便を使って、老後にいくら必要かシミュレーションしました。

わたしの場合、老後を楽しむためには2,333万円(インフレ考慮せず)必要と試算されました。

無料アプリなのに、コンテンツが充実しています。

お金のコンパスとはマネーフォワードとマネーコンパス・ジャパンの共同開発アプリ。

マネーフォワードが得意とする金融資産の一元管理に加えて、年金や保険の情報も管理することができる。

提携できる金融機関は無制限(マネーフォワードは有料プランのみ無制限)

お金のコンパスで老後の必要資金を見てみる

お金のコンパスってどうやって使うんや?

使い方を説明するよ。

  1. アプリインストール▶︎おかねのコンパスを開く
  2. アカウント登録
  3. アプリ設定

おかねのコンパスをインストール

まずは、スマホにアプリをインストールします。

インストールはこちら》おかねのコンパス

アカウント登録

メールアドレスやパスワードを設定し、新規登録します。

アプリ設定

新規登録完了後、金融機関の連携や年金の試算等が可能になります。

今回はねんきん定期便を使って、将来の年金額の試算をしました。

ねんきん定期便を準備し、カメラでパシャリ。

アプリがねんきん定期便に書かれている年金額を読み取ってくれます。

続いて、将来の年金額を算出するために必要情報を入力。

年齢・国民年金or厚生年金・毎月の報酬額(ざっくりでOK)を入力します。

ジャン!アプリが年金受取額を試算してくれます。

わたしの年金、12万円…。

さらに、老後を楽しむために必要な資金を入力すると…。

公的年金のほか、自分で努力が必要な額が試算されます。

77,000円/月も足りない!

年金では足りないことをな〜〜んとなくわかっていても、実際にいくらくらい不足するか把握している人は少ないと思います。

おかねのコンパスで老後の資金を試算することで、一気に現実味をおびました。

2,333万円を準備するには?

2,333万円…。

どうしたらいいの?!

積立×長期×継続のパワーで2,333万円を準備しましょう。

短期で資金を準備しようと思うと、レバレッジかけまくりのFXやバクチ銘柄へ投資してしまうこととなります。

元手がなくなっては元も子もないので、時間を見方につけてコツコツを貯めるのがよいと思います。

おなじみの楽天証券の積立かんたんシミュレーションを使って、月々の積立額を計算しました。

投資先は全世界もしくは先進国や米国のインデックス投資とし、リターンは7%とします。

※インフレや税金は考慮しません。

無難に30年コース

7%/年のリターンで30年積み立てる場合、必要な積立額は19,115円です。

20,000円弱かぁ。

ちょっと頑張れば続けられる金額やね。

時間を味方につければ、月々20,000円で老後資金を準備することができます。

「焦らない、欲張らない、くじけない」を心がければ、だれでも資産を形成することができます。

超特急10年コース

10年間で資産を貯めたいならば、月々13万円ほどの積立額が必要という結果になりました。

期間を1/3にするだけで、必要な額が6倍以上だなんて…。

運用期間を圧縮すると、その分資金が必要になります。

「複利は人類最大の発明である」とアインシュタインがいうとおり、お金がお金を呼ぶパワーは絶大で、時間をかければかけるほどパワーは増幅されます。

一定ペースで積み立てることが大切ですが、個人的には、ガンガン積立期/ほどほど積立期/取り崩し運用期…のように、自分のライフイベントや収入状況に合わせて、強弱つけながらの積立もよいと考えます。

続けることが必要最低限の条件ですから。

将来の自分に向けて

資金使途が老後資金と明確ならば、iDeCoが一番効率よく貯められるのではないでしょうか。

60歳を過ぎるまで資金を引き出すことができず、資金が拘束されるというデメリットがありますが、iDeCoの最大のメリットは税制面での優遇です。

  • 運用益非課税
  • 拠出中は所得控除対象
  • 受取は受取方法によって控除アリ

運用益非課税っておいしすぎる…。

たとえ少額であっても、地道に積み上げればかならず将来の自分の役に立ちます。

さて、最近、motoさんの「転職と副業のかけ算」を読みました。

motoさんご本人からリプをいただき、テンションが上がったことはヒミツです。

読書をきっかけに、「なりたい自分」や「理想の自分」について考えることが多くなりました。

そんな中、投資の目的の一つとして老後について考えているときに「お金のコンパス」と出会いました。

最初は金融機関が無制限に登録できる点に惹かれたのがきっかけでした。

老後資金について考えるならば「マネーフォワード」より、年金の試算ができる「お金のコンパス」の方がオススメです。

ご興味がある方は一度お金のコンパスをインストールしてみてください。
おかねのコンパスを見てみる

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。


なりたい自分の探し方についてはうちコイに書きました。
なりたい自分がわからない!自分の願望を見つける方法2つ


SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

Pick Up! 投資初めてさん
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました