こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【人気資格】ファイナンシャルプランナーの資格って意味ない?【副業でお役立ち】

キャリア・会社員

最近、ファイナンシャルプランナーを受験する人が多いですね。

自ら進んで勉強するなんてすごいなぁと思います。

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回の記事は、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格が役に立つかどうかについてお話しします。

金融機関に入社3年目のとき、わたしはファイナンシャルプランナー2級の資格を取得しました。

あ、「取得させられた」が正しい表現です。

わたしは不本意ながら取得したFPですが、最近、自ら進んで受験する方が多く感心しています。

FPは人気資格ですね。

FPってそんなに役に立つ資格なん?

FPはお金のことを体系的に学ぶことができますが、実際、年収アップにつながったり、起業したり…はあまり期待できません。

しかし、最近の副業ブームで副業面では評価されることもあり、FPはスキルのひとつとして価値ある資格だと思います。

本日もぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

一般企業でFPの資格ってムダ?

一般企業勤務でFPの資格を取得しても、業務面での評価は期待できません。

FPが仕事の評価に直結しない理由は3つです。

  1. FPが仕事の評価に直結しない理由年収アップしない
  2. 転職で超有利というわけではない
  3. 独立・開業できるわけではない

年収アップはしません

残念ながら、FPを資格しても給与は上がりません。

金融機関に在籍していたときでさえ、名刺の肩書きに「ファイナンシャルプランナー」とひとつ増えただけで、サラリーには影響ゼロ。

一般企業に勤めているならなおさらです。

転職で超有利というわけではない

金融業界に転職する場合を別として、FPを持っているから転職時に優遇されるようなことはありません。

「お!FP持ってるんやね」と面接で言われたことはありますが、採用の決め手になることはナシ…。

FPは超難関資格というわけでもないですしね。

簿記やエクセルスキル(マクロが使えるなど)の方が評価されることが多いです。

資格=スキルじゃないもんね…。

日本では独立系FPが少ない

FPを持っているからと言って、独立開業できるわけではありません。

FPは医師や会計士のような業務独占資格ではないため、FPだけで食べていくにはとても厳しい…。

また、日本では独立系FPは少ないです。

保険代理店等に所属し、お客様のライフプランを提案するFPがほとんどです。

FPの資格は副業で有利

頑張って資格を取っても評価されへんのやったら、しんどいだけや。

副業のシーンではFPがプラスに働いたこともあったで。

FPを取得していると、副業面で有利です。

FP資格があったからこそ採用された提案があります。

マネー系ライティングの提案です。

マネー系ライティング

過去記事で書きましたが、2019年5月よりウェブライティングの副業をしています。

始めたてのころは実績がないため、なかなかお仕事がもらえません。

ある日、クラウドワークスで案件を探していたところ、金融系ライターの募集がありました。

1記事1000〜1500文字、文字単価0.5円かぁ…。

ビギナーにはちょうどいいけれど、実績ないし採用されへんかも。

募集要項を読み進めると、「FP有資格者は実績問わず、優遇します」との文字が!

「ひょっとしたら採用されるかもしれない」と思い、応募したら無事に採用されました。

正直なところ、金融系ウェブライティングは、FPの威力を発揮できたシーンベスト3くらいに入るかもしれません。

小さく始めたウェブライティングも今や文字単価2円で受注させていただいており、副業の大切さをひしひしと感じています。

お金の相談

先日、ココナラでキャリアについてのコーチング(カウンセリングのようなもの)を受けました。

その時に言われたことが

こかさんはFP持ってるんだから、ココナラでお金の相談とかやってみたら?

とのこと。

確かに、ココナラの相談コンテンツって盛り上がってる…。

ココナラの相談カテゴリで活躍している一般の方も多くいらっしゃいます。

FPはもちろん、自分のスキルや得意を生かして誰かの相談に乗り、感謝されれば、立派なお仕事です。

1,000人に1人の逸材になれなくてもいい

今の時代はスキルを掛け合わせて使う時代です。

1,000人に1人の逸材になれなくても、10人に1人のスキル・特技を3つ掛け合わせれば、10×10×10=1,000です。

これからの時代、「この資格があれば安泰」「これができれば職に困らない」といったものは減っていくと思います。

コロナで働き方や生き方の見直しが迫られ、今まで通りのキャリア形成では厳しいんじゃないかな…と。

FPの資格ひとつでたちまちキャリアが変わることはありません。

けれども、FPの資格は、あなたのスキル・特技のうちのひとつとして、他のスキルと掛け合わせれば、十分役に立つのではないでしょうか。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

人気記事▶︎【投資の種銭を作る】残業代に頼らない!つみたて資金作りには「おうち稼ぎ」

Twitter、Instagramやってます。

もしよかったら、お友達になってください!

Twitterはこちら
Instagramはこちら


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

キャリア・会社員
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました