お金がなくても不動産投資だっ!初のCOZUCHIやってみた

オシャレな街、自由が丘…

自由が丘のビルに投資してみたで!

え?ビルに投資?!

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こか(@cocablog)です。

 

読者のみなさんは、「自分が働かなくても入ってくる収入」を欲しいと思ったこと、ありますか?

わたしはあります!!!会社以外の収入、ウェルカムです。

 

自分はまだまだ資産を拡大させるフェーズであり、不労所得を夢見るほどの種銭は持っていませんが、たとえ数千円、数万円であっても、会社以外の収入があれば嬉しいし、安心できるし、自己肯定感にもつながります。

 

不労所得の究極は、不動産オーナーになって賃料を稼ぐことだと思いますが、資金力・知識・行動力が不足しているため、いきなり不動産投資を始めるわけにはいかず…。

先日、10,000円から始められる不動産投資のクラウドファンディングCOZUCHI で、自由が丘のビルに投資しました!

 

今回のブログは、COZUCHIでの初投資についてお話しします。

本日もぜひ最後までご覧ください。

COZUCHIで投資デビューしました

2022年8月、COZUCHIで投資デビューしました。

投資した物件は、以下のとおりです。

  • 一棟ビル@自由が丘
  • 想定利回り(年利):5%(インカム:3%/キャピタル:2%)
  • 運用期間:18ヶ月
  • 投資金額:100,000円

 

自由が丘…

かわいいカフェや雑貨屋さんが多い、女子に人気のエリア♪

インカムゲインメインの投資であること、物件情報ページに売却ストーリーが添えられていてイメージしやすいことが決め手でした。

 

投資案件の詳細は、ホームページに載っています。よかったら、ご覧ください。

 

COZUCHIとは何ぞや

COZUCHIは、LAETOLI株式会社が運用している不動産投資のクラウドファンディングです。

 

不動産投資クラウドファンディングを図にすると

不動産投資のクラウドファンディングを、イメージ図にしますね。

複数の投資家から集めた資金を元に、事業者が不動産を購入・運用します。

みんなで出資するから、少額で不動産投資が可能なんです(COZUCHIの場合、10,000円から)

 

不動産に対する知識やまとまった資金がなくても、投資できる点がメリット。

不動産固有のリスクは、普通の不動産投資を同じや。

賃料が下がったり、売却損が発生したり。

リスクを抑える優先劣後出資のしくみ

「投資」だから、リスクゼロではありません。

元本割れ、想定リターン割れもありえます。

 

しかし、なるべくリスクを抑えられるよう、優先劣後出資のしくみが取り入れられています。

一般投資家といっしょに事業者も出資し、売却損が出た場合、事業者出資分から負担するしくみです。

もうちょい詳しく。

事業者が10%出資している場合
  • 1億円の物件を9,000万円(マイナス10%)で売却
  • マイナス分は事業者出資分から負担されるため、投資家には影響ナシ

 

売却して損失が出ても、まずは事業者分から売却損が負担されます。

損失が事業者分の出資額で収まる場合、投資家は損失を免れます。

 

3週間くらい、投資するか悩んだ

実は、3週間くらい、投資するか悩みました!!

以前、下記ツイートをしたとき、「CREALもすごいけど、COZUCHIの方がもっと勢いがありますよ」とリプいただき、ずっと気になっていました。

償還ファンドを見ると、10%・20%の利回りのものもあり、「なんで…?!」

 

CREALで経験済みだったので、不動産投資のクラウドファンディングがミドルリスク・ミドルリターンだと認識していましたが、COZUCHIってどうなん…?と。

正直、メガバンクや有名な企業の列会社だったら、「大手の安心感」でチャチャッと動けたでしょうが、(失礼ながら)あまり存じ上げない会社。

なかなか腰が上がりませんでした。

 

COZUCHIについて情報収集した方法

不動産クラファンもちょっとしたブームで、玉石混交です。

COZUCHIを始める前、運営会社のLAETOLI株式会社について調べました。

運営会社を調べた方法
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 企業発信のnote

 

会社概要はちょっと堅めなので、わたしは採用情報で調べることが多いです。

採用情報の「わたしたちはこんな会社です」と自己紹介しているページや募集職種の職務内容を見て、事業内容を調べました。

LAETOLI株式会社の会社概要はこちら

 

また、企業が発信しているnoteも参考にしました。ユーザーの声も載っていて、大いに参考になりました。

 

成長中の企業

LAETOLI株式会社は、成長中のベンチャー企業です。

大手の系列会社でもなければ、上場企業でもありません。

そのためか、「従来の金融会社」とはちょっと違う雰囲気。集客と販売方法が上手だと思います。

 

Webサイトの作りがうまく、TV CMもまぁおもしろい。

賛否両論あるでしょうが、過去のA物件に投資した投資家のみが投資できるファンドなど、募集のしかたも独特。(新規顧客より、リピーターを狙うのが、商売の基本ですしね)

物件情報に、投資ストーリーが書かれている点も、特別ですね。

 

最初は手堅くインカム型のファンドにしました

3週間迷った末、投資家登録をし、COZUCHIはキャピタル重視のファンドも多い中、最初は手堅くインカム型のファンドへ投資しました。

よかったら、ほかのファンドにも投資したらいいなぁと思っています。

また、Amazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンも利用しました。

初めてCOZUCHIで投資する人が対象で、投資家登録&10万円以上の投資をすれば、投資額の1%相当のAmazonギフト券がプレゼントされます。

キャンペーン期間→2022年9月1日(木)00:00~ 2022年9月30日(金)23:59

気になる方は、公式サイトをご覧ください。

引用:https://cozuchi.com/ja/

 

COZUCHIで投資する3ステップ

自分の備忘も兼ね、COZUCHIで投資する3ステップをまとめます。

  1. 会員登録をする
  2. 投資家登録をする→審査
  3. 気になる物件に投資する

 

まず、COZUCHI のホームページで無料の会員登録を行います。

会員登録後、SMSへ届くコードを入力し、アカウント認証します。

「送信」クリック後、氏名や住所(本人確認書類と一致させる!)などを入力し、本人確認書類のアップロード、顔認証に進みます。

アップロード時のガイドラインがわかりやすくて、操作しやすかったです。

 

一通りの登録を終えると、審査が行われます。

わたしの場合、1営業日半ほどで審査結果が届きました。

登録不備があると、審査NGになってしまうから、登録は正確に!

審査が済めば、いよいよ投資スタートです!

 

投資家登録って…ハードル高いです

急に投資家登録なんてハードルが高い方は、公式サイトから投資案件を確認できます。

(わたしも3週間、眺めていました)

気になる方は、公式サイトで投資案件をご覧くださいね。

 

入金のタイミング

ちなみに、入金は投資が確定してからでOKです。

CREALは入金が先だったので、後日入金のシステムはちょっとうれしい。

(投資物件への応募者が多い場合、抽選となり、抽選結果判明後の入金です。)

 

インカム目的の投資も賢く使う

繰り返しますが、わたしはまだ資産拡大フェーズにいるため、投資の基本は株式投資です。

「経済成長に波に乗っちゃおうぜ」がコンセプトです。

 

しかし、短期〜中期で運用したい資金やインカムメインで投資したい資金もあるため、REITや不動産投資のクラウドファンディングを利用しています。

高配当株投資は…わたしには難しく、断念しました。

 

リスクを抑えつつ、会社以外のお金を得たい方は、不動産投資のクラウドファンディングも視野に入れるのも悪くないと思います。

ご興味があれば、トップページだけでも覗いてみてくださいね。

》COZUCHI公式サイトを見てみる

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました