こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【毎月配当金がもらえる】NYダウ採用銘柄10種の配当金支払月をまとめてみました。

配当金

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

会社からのお給与以外にも毎月おこづかいが入ってきたら嬉しいですよね。
わたしは、初めは少額でも「毎月配当金がもらえるシステム」の構築を考えています。

現在の配当金受取状況は見事に偏っていた

私が現在保有している国内株式での配当金支払月をまとめました。(2018年実績)

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

27,644

5,420

13,902

12,663

11,500

1,993

16,328

89,450

決算月を考えずに購入していたので見事に偏っています。
日本企業はほとんどが3月決算もしくは12月決算なので仕方がないことですが…。

配当金は上記金額のとおりですが、他に株主優待でQUOカードや自社製品などをもらっているので、株主優待を含めた利回りはもう少しあります。

現在支払いのない月にも配当金が支払われるようにして毎月配当金が受け取れるようにすることが理想です。
現在支払いがない月は1月、2月、4月、7月、10月です。
これらの月にも配当金が支払われるようになれば、まずは配当金毎月システム達成です。

配当金を毎月もらうには

R0360048
先日買い付けた【VZ】は2・5・8・11月が配当金支払い月なので、来年からは2月は配当あり月にカウントされます。

では、毎月配当金をもらうためには1・4・7・10月が配当支払月である銘柄が必要です。

国内株式でも探してみましたが、国内株式は6か月配当がほとんどであること、そもそも1・4・7・10月が配当月である銘柄が少ないため、米国株から探すことにしました。

スポンサーリンク

NYダウ採用銘柄配当利回りトップ10の配当支払い月まとめ(2/1現在)

米国株から探すと言っても、ある程度の配当利回りはもちろん銘柄そのものが孕んでいるリスクが気になります。

そこでNYダウ採用銘柄の中から配当利回りのよいトップ10に絞り、配当支払月をまとめました。

銘柄名

市場

業種

配当金利回り

配当金支払月

TAT&TNYSE通信サービス6.782・5・8・11
IBMIBMNYSEコンピュータ4.673・6・9・12
XOMエクソンモービルNYSE石油4.473・6・9・12
VZベライゾン・コミュニケーションズNYSE通信サービス4.372・5・8・11
CVXシェブロンNYSE石油4.152・5・8・11
PFEファイザーNYSE医薬品3.393・6・9・12
KOコカ・コーラNYSE飲料3.243・6・9・12
JPMJPモルガン・チェースNYSE金融(銀行)3.091・4・7・10
PGプロクター・アンド・ギャンブルNYSEトイレタリー2.972・5・8・11
MRKメルクNYSE医薬品2.951・4・7・10

配当金支払い月は2月グループもしくは3月グループが多く、私が探している1月グループは【JPM】【MRK】のみでした。

国内株式でも金融株が多いので、この上【JPM】を増やすのは少し躊躇します。
でも、【MRK】はなぜだかピンと来ない…。

投資方針に従ってシステマティックに投資するのが一番の近道とわかりつつも、感情が入ってきて判断がつかない。
一番よくないパターンですね

注目すべき点はここにある銘柄に満遍なく分散投資すると、自動的に毎月配当金がもらえるようになるということです。

自分でこれらの銘柄を使ってインカムゲインファンドを作ると1月〜12月まで毎月配当金が入ってきます。
お金に働いてもらうとはこのことですね。

しかし、1・4・7・10月が配当支払月である銘柄は国内株式・米国株式ともに対象銘柄は少ないです。
REITも視野に入れて探してみる方がよいかもしれません。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

配当金
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました