こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【SPYDの尖り具合を見てみる】VTIとSPYDの時価総額ベースの重複はたったの8%?!

インデックス投資

SPYDをVTIと比較して、尖り具合を確認します

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回の記事では、SPYDとVTIの組入内容の重複を調べました。

組入内容の重複を見ることで、SPYDの尖り具合がわかります。

「市場平均型のETFとどのくらい違うのか」を知ることで、SPYDのような特化型ETFとのつきあい方が見えてくるのではないでしょうか。

本日もぜひ最後までご覧ください。

SPYDをVTIを比較してみた


SPYDとVTIの組入内容の重複を調べてみました。

参考サイト▶︎https://www.etfrc.com/index.php

SPYDの尖り具合を見てみる

VTIとSPYD(etfrc.com)

etfrc.comでSPYDとVTIを比較しました。

78、2.3%、98.7%、少し重なっている円、横向けのグラフ…のがパッと目につきますね。

詳しく見てみます。

  • SPYDとVTIが重複している銘柄数:78銘柄
  • SPYDとVTIの重複している銘柄の割合:2.3%
  • SPYDとVTIが時価総額で重複している割合:8%
  • 情報技術セクターやヘルスケアセクターはVTIのほうが豊富、一方不動産や金融はSPYDの方が多い

VTI、SPYDの特性を考えると、ほとんどの銘柄が重複してるのは納得。

時価総額ベースで見ると、重複部分は2.3%だから、SPYDの「尖り具合」がよくわかるね。

仮に、VTIを「満遍なく分散されたETF」と定義します。

相対的に見ると、SPYDは「満遍なく分散されたETF」とは言い難く…。

etfrc.comでの結果をみると、SPYDは市場平均よりも偏りがある組入をしていることがわかります。

偏った結果が現在のSPYDのパフォーマンスに影響しているのではないでしょうか。

たとえ話をします

VTIは和洋中、デザートまで揃っているビュッフェのようなものです。

前菜、メイン、パンやライスなどの炭水化物、デザートも、食後のお茶も揃っています。

バランスよく食事ができるオールラウンドなビュッフェです。

一方、SPYDはオールラウンド型のビュッフェからデザート部分のみを切り取ったスイーツビュッフェのようなもの。

扱っているメニューはオールラウンド型のビュッフェと重複しているんだけれど、注力している商品が異なります。

結果、顧客層に偏りが出てきます。

また、栄養バランスが偏ってしまいます。

スポンサーリンク

SPYDとどうつきあうか、が大切

わたしはVTI(もしくはVOO)のみを推奨したり、SPYDを否定したりするつもりはありません。

特化型ETFは「全体のどこを切り取るか」「どこにフォーカスして投資するか」を理解しておかないと、パフォーマンスに一喜一憂させられるのではないかと懸念されます。

理解した上で、「特化型ETFとどうつきあうか」は投資家それぞれかな…と。

「SPYDはS&P500採用銘柄だから大丈夫…VOOとか調子いいし」と思って安易に買うと、ちょっとコワイかなと改めて思い、記事にしました。

もちろん、花形ETFのQQQとて同じことです。

QQQも尖ったETFのひとつです。

当たるか、外れるかは結構大きいと思います。

VTIをベースとして考えることで、自分の「リスク許容範囲」を見直すきっかけとなりました。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

人気記事▶︎会社イヤやねん!配当金で生活したい→米国株の高配当銘柄でマネーマシーンを作る

人気記事▶︎【投資の種銭を作る】残業代に頼らない!つみたて資金作りには「おうち稼ぎ」

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

インデックス投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました