【総務経理10年】傷病手当金の手続きや振込時期を解説します

総務経理を10年間やっていました。

経験を踏まえて、傷病手当金について解説します。

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

今回のブログは、傷病手当金の手続きについてお話します。

10年間、総務経理を担当していました。傷病手当金の申請も行なっていました。

結論からお伝えしますと、休職するようなことになった場合、まずは会社へ報告・相談してください。

その上で、傷病手当金の申請について指示を受けてください。

ネットの情報など鵜呑みにせず、ご自身の健康保険組合の案内をよく読み、手続きしてください。

では、わたしの経験も踏まえて、傷病手当金のお話をします。

本日もぜひ最後までご覧くださいませ。

傷病手当金とは傷病で働けない人に支給される手当

傷病手当金とは、病気やケガのため働けず、給与が支給されない人に支給される手当のことです。

国民健康保険に加入している人や扶養家族には適用されません。

支給の条件4つ

傷病手当金には支給条件が4つあり、すべてに該当するときに支給されます。

    傷病手当金の支給条件
  1. 病気やケガのために療養している
  2. 療養のため、働くことができない
  3. 給与などの支給を受けていない
  4. 連続して3日以上休んでいる

病気やケガのための療養は、入院のみでなく、自宅療養も含みます。

また、療養期間中に会社を休んでいても、給与をもらっていたり、3日未満の休みだったりすると、支給対象外となります。

「3日以上の休み」は土日祝なども含む

連続して3日以上休んだ場合、4日目から傷病手当金が申請されます。

3日以上の休みって、土日も含むん?

3日連続の休みには、土日祝や有給も含まれます。

最初の3日を連続して休むことを「待機」と言います。

待機が完成しないと、傷病手当金は支給されません。

「待機」なんて言葉の意味は覚えなくてもOKです。

労災は支給対象外

病気やケガのための療養には、労災対象の傷病は含まれません。

業務中のケガの療養で会社を休む場合、労災適用となり、健康保険の対象外です。

支給される金額

傷病手当金の1日あたりの支給金額は、以下の式で求めた金額です。

直近12か月間の標準報酬月額の平均額÷30×2/3相当額

標準報酬月額とは、社会保険料の基礎となる金額のことで、月々の給与や通勤費などを基に計算されます。(説明が長くなるため、割愛します)

「月給を30で割った金額の2/3相当額」ではありません。

「月給の6割程度」とざっくり考えてもよいですが、イコールではないことにご注意ください。

支給される期間

傷病手当金は、待機期間完了後、支給開始が決定してから、1年6か月間支給されます。

1年6か月間に、復職したけれど、再発した場合は?

復職後、同一疾病や関連疾病で再び休職

一度、復職したけれど、同一疾病や関連疾病で再度、休職する場合、1年6か月の間ならば傷病手当金が支給されますが、1年6か月を過ぎると傷病手当金が支給されません。

10年間、人事労務をやっていて、傷病手当金の支給なしと判断されたパターンがありました。

    傷病手当金が支給されなかったケース

    途中入社したAさんが、傷病Bで休職することとなり、傷病手当金の申請をしました。

    申請したものの、結果は支給なし。

    入社前に、Aさんは傷病B’で傷病手当金を1年6か月間受給していたため、「支給なし」と判断されました。

最終決定は健康保険組合が行います。

迷った場合は、会社の担当者もしくは健康保険組合に相談してください。

振り込まれる時期

傷病手当金の振り込まれる時期は、申請後1か月以内が目安です。

健康保険組合内での処理や締めの都合があり、一概には言えませんが、大体1か月くらいで振り込まれます。

ただ、初回申請はやや時間がかかるように感じます。

給与のように、締め支払いが決まっているものではありません。

傷病手当金の申請をするには

傷病手当金の申請フローをお伝えします。

    傷病手当金の申請方法
  1. 長期療養の旨を会社へ報告
  2. 傷病手当金支給申請書を記入
  3. 傷病手当金支給申請書を提出

長期療養の旨を会社へ報告

長期間、休職することが決まったら、まずは会社へ報告・相談しましょう。

有給を使うか、欠勤にするか

長期間の休職に伴い、「有給を使うか。有給を残しておき、欠勤にする(≒傷病手当金の申請をする)か」を相談します。

有給が残っていて、使えそうならば、有給から消化していく方がベター。

やむをえず、欠勤とする場合は傷病手当金の申請が発生します。

傷病手当金支給申請書を記入する

傷病手当金は申請して初めて、支給されるものです。

申請書を書き、提出しましょう。

申請書は3つのパートで成り立っています。

  1. 本人が記入するパート
  2. 医師が記入するパート
  3. 会社が記入するパート

傷病手当金支給申請書は、加入中の健康保険組合からダウンロードできることがほとんどです。

本人が記入する

氏名や住所、疾病情報、振込先など、本人の情報を書きます。

捺印が必要な可能性もあるため、ハンコも準備しておきましょう。

医師が記入する

疾病の状況や経過、治療内容など、医師に記入を依頼する箇所があります。

病院に申請書を持っていき、記入を依頼しましょう。

病院で書いてもらうとき、費用が発生する可能性があります。

会社が記入する

就労の事実を会社が証明する欄があります。

勤怠状況や給与支給状況が記入されます。(わたしはコレを書いていました)

傷病手当金支給申請書を提出

申請書が記入されたら、健康保険組合へ提出します。

会社経由で提出されるのではないかと思いますが、会社によりけりかもしれません。

基本的に、毎月、申請書の記入と提出を行います。

2〜3か月分まとめて申請することもできますが、傷病手当金の性格上、毎月申請される方がほとんどです。

スポンサーリンク

傷病手当金はお得な制度ではありません

傷病手当金は、傷病のために働けない人へ支給される手当です。

「1年半も働かずに、手当がもらえてお得!」という意見も見かけますが、果たしてお得なのでしょうか。

わたしが手続きをした方で、傷病手当金がお得だと仰るような方はひとりもいませんでした。

わたしは、健やかに暮らすことが一番だと思います。健康な体が最強の資産ではないでしょうか。

傷病手当金の申請をされるような方がいらっしゃいませんよう、末筆ではございますが、こかブログの読者さまの健康をお祈りしております。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

社会保険・税金
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました