こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

2020年はつみたてNISA?一般NISA?【継続力は人生のコンテンツ】

投資マインド

 

来年は一般NISAかつみたてNISAか、どうしよう…。

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

毎年年末になると、「来年は一般NISAにしようか、それともつみたてNISAにしようか」と迷います。
それぞれ一長一短あり、なかなか決めることができません。

最近のこかは、「継続力に自信がある場合、つみたてNISAが有力」と考えています。

加えて、つみたてNISAを続けたということが人生の資産になるし、ひとつのコンテンツとして成り立ちますよね。

スポンサーリンク

つみたてNISAか、一般NISAか

つみたてNISAに最大の魅力は「最長20年間運用益非課税」です。

継続してこそのつみたてNISAです。

20年…。人にとっては長く感じたり、途中で売却したりする可能性もあります。

20年間継続できるならば、つみたてNISAが有力かと考えています。

つみたてNISAと一般NISAの違い

つみたてNISAと一般NISAの違いをさくっとまとめてみました。

つみたてNISA

一般NISA

対象者

日本に住む20歳以上

投資方法

積立方式

通常買付・積立方式

年間投資上限額

40万円

120万円

非課税となる期間

最長20年

最長5年

対象商品

国が定めた基準を満たした投資信託

国内株式・海外株式・投資信託

非課税対象

対象商品にかかる配当金・分配金、売却益

口座開設期間

2037年開始分まで

2023年開始分まで

金融機関変更

各年ごとに変更可能

今までは一般NISAを利用していました。

実際に投資をしたり、ブログを運営しているうちに、つみたてNISAの魅力に気づき、来年からはつみたてNISAで楽天VTIやeMAXIS Slimの積立もアリかと思案中です。

前は「20年って長いな」「年間40万円は少ないな」と思っていました。

実は20年近く継続していたモノ

以下は投資とは関係のないエピソードです。ご興味ない方はスルーしてください。

「つみたてNISAの20年は長いなぁ」と思っていた私ですが、実は20年間近く継続しているものがありました。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、わたしのブログの締め言葉はL’Arc-en-Cielの「Driver’s High」の歌詞です。

ずっとラルクファンなんです。気づけば、20年近くファンしていました。

父が「こーーーこーーーさんねんせぇぇぇぇーー」と昔の曲を歌う姿を見て、「おっさんが高校三年生ってどないやねん」と思っていましたが、わたしも「かっわいたぁぁぁぁーー 風をからませぇぇぇーーー」と20年前の曲を歌っていました。

自分のラルクファン歴を振り返ると、つみたてNISAの20年なんて短いなと思います。
HONEY歌ってたら、カンタンに20年過ぎました。

継続はコンテンツになる

「継続」すると、自分の人生の資産になるし、ひとつのコンテンツとして成り立ちます。

つみたてNISAで投資を始めたものの、途中でドロップアウトする人が多いです。
すぐに利益を確定させたり、値下がりに耐えられなくなったり、積み立てをやめたり。

2年と経たずに、つみたてNISAから退場している人が多いという現実があります。

だから、「つみたてNISAを続ける」だけで自分の資産・コンテンツになりますよね。

「自分の強みをあげてください」と問うと、「人と違うこと」「人より優れていること」をあげようと思いがちですが、違います。

「普通のことを続けた」ことがあなたの強みになるんです。

継続できたことに誇りを持つべき

プロのスポーツ選手も、デキる会社員も、コツコツとした積み上げが土台になって、実績や成功を納めています。

投資も同じことで、1年やそこらでは結果を出すことが難しいです。

つみたてNISAの20年は気の遠くなる積み上げと感じますが、ココを乗り越えない限り、資産形成は難しいです。
しかし、積み上げたという実績は必ずあなたにとってプラスになり、成果につながります。

最後にイチロー選手の名言を引用します。
イチロー選手は継続についてこのように語っています。

自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。

それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべき。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。YEAH!


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今日も応援よろしくお願いします☆

投資マインド
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました