【債券投資】株式投資とかリスク高くてできないから、外債にするね(元証券マン)

今回のブログは、金融機関に勤めていたときの話です。

えらい前の話やな。

印象的なことでもあるん?

いつも一生懸命なあなたへ。ヒヨッコ投資家 こかです。

「株はリスク高いから」と言って、元証券マンが豪ドル債を50,000ドル買ったことをよく覚えています。10年以上前の話です。

思い出すたび、「時代が変わったなぁ」と感じます。

現代は、つみたてNISAやローコスト投信のような投資しやすい商品も増え、米国株や中国株など外国株へ投資する人も多くいます。

しかし、多額の損失に苦しむ人や投資に恐怖心を抱いている人もまだまだいます。

与えられた環境で、制度や商品にうまく乗っていくスキルが大事だなと実感しています。

スポンサーリンク

株ではなく外債を選んだ元証券マンの話

証券会社に勤めていた頃の話です。

私のお客様で元証券マンの方がいました。

気さくな方で、よくざっくばらんにお話ししていました。

株とかリスク高くて一度にまとまった額はできないから、外債にするね。

入社三年目のある日、お電話で外債の注文を受けました。

新発の豪ドル債50,000ドルの買付注文でした。当時の為替で400万円くらいです。

まだ大きな額の注文になれていなかった私は、ドキドキしながら端末操作をしました。

その時の会話はよく覚えています。

株だったら手数料稼げたのに、外債でごめんね。

株とかリスク高くて一度にまとまった額はできないから、外債にするね。

株を売って手数料を得ていた元証券マンの口から出た言葉です。

手元に400万円あったら、どうするか

もし、今、手元に400万円があれば、何に投資しますか。

「まとまった額を株に投資できない」気持ちは、外債を購入されたお客さまと同じです。

しかし、少額での分散投資が可能となった現代ならば、外債一本を選ぶことはないと思います。

商品や投資時期を分散させることで、リスクコントロールができるからです。

「投資と言えばお金持ちがするもの」「株は回転させて利益を得るもの」という平成初期の投資に対する考えが薄れてきた今、投資に対する選択肢が増えました。

投資対象も投資期間も、投資金額も、自分で選べ、身近なものになりました。

一方では、リスクを過度に取ったり、生活資金にまで投資にまわしてしまったりという話も聞きます。

自分の資産を大きくする手段は整えど、自己管理ができていなければ、簡単に破滅します。

10年前と現代では、環境は変わりましたが、自己管理の必要性は不変だと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

▼繊細さんが幸せに生きるためのブログ

▼少人数の結婚式、家族婚専門ブログ

ヒヨッコの庭(雑記)
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました