こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

投資マインド

NYダウが4日ぶり反発しました。なんど1,000ドル高!

みなさん、こんにちは。ヒヨッコ投資家 こかです。

10日の米株式相場は大きく反発し、ダウ工業株30種平均は前日比1,167ドル14セント高い25,018.16ドルで取引を終えた。

新型コロナウイルスの感染拡大を警戒しつつも、米政府による減税による景気刺激策への期待が高まり、投資家心理が好転した。

NYダウ4日ぶり反発、1000ドル高 減税期…(写真=ロイター)
■乱高下続き、一時は下落に転じた ■新型コロナの感染拡大への警戒なお ■トランプ氏は給与減税など経済対策説明へ

暗い話題続きでしたが、ようやく株式相場がプラスに転じました。

このまま上昇してくれればよいですが、さてどうなることやら。

今回の記事では、有名な相場の格言をご紹介し、現在の株式相場の状態を考えてみます。

スポンサーリンク

強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

相場の有名な格言です。

強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく
ジョン・テンプルトン(アメリカ投資家)

強気相場が産声をあげるとき

ジョン・テンプルトンの格言では、相場の4つのステージを表現しています。

  1. 株式市場全体が総悲観になったときが強気相場の始まり
  2. 先行きに不透明感や警戒感があるうちは上昇相場の途中
  3. 警戒感が薄れ、市場が楽観的になったときは相場の天井
  4. 市場が楽観的になり幸福感に浸っているころ強気相場は終わる

さて、現在の相場はどのステージでしょうか。

まだまだ強気相場が来そうにない

個人的な考えですが、強気相場はもう少し先なのではないかと思います。

投げ売りしている人も多いですが、まだまだ前向きな投資家も多いです。

冷静に行動している人もいれば、いつも以上にリスクを取った運用をしている人もいて、「ハイ」になっている様子も。

全員が総悲観…とはほど遠く、テンプルトン氏の格言の「悲観」ステージではない気がします。

落ちてくるナイフを素手で掴むな

2020年3月10日のFear&Greed Index

わたしの感覚では、「まだ総悲観ではない」です。

しかし、指標をみると「投資家心理が冷えている」ことは明らかです。

上は2020年3月10日のFear&Greed Indexです。

Fear&Greed Indexは数字が小さいとFear(恐れ)の傾向を示し、数字が大きいとGreed(楽観)を示します。

1月には90近くあった指標が今や6、「非常に恐れている」状態です。

ココから巻き返す可能性もありますが、ナイフはいつどこから落ちてくるかわかりません。

今までも数多くの投資家が素手でナイフを掴み、血塗れになってきました。

普段ならば素手でナイフを掴むようなことはしないでしょうに、恵みの雨と勘違いしたのでしょうか。

相場は人を狂わせます。普段冷静な人も冷静さを欠く行動をしてしまいます。

だからこそ、ちょっと辛口の言葉を胸に刻み、素手でナイフを掴むようなことは避けるべきです。

最後にもう一度テンプルトン氏の格言を。

「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」

あなたは今はどのステージだと思いますか?

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

人気記事▶︎【投資の種銭を作る】まだ残業代に頼るの?「おうちで稼ぎ」でつみたて資金作り

Twitter、Instagramやってます。

もしよかったら、お友達になってください!

Twitterはこちら
Instagramはこちら


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今日も応援よろしくお願いします☆

note第二弾書きました!

【いすと机とわたし】ノウハウ以前の片付け|こか|note
こんにちわ。こかです。 2016年10月からシンプルライフにハマり、今では片付けも苦になりません。 最小限のモノで暮らすようになってから、心なしか人生が好転し始めました。 「それって本当に必要?」と自問自答し、「いらない」と判断したものは手放しています。 今までに手放したモノたち ・テレビ→日々...
投資マインド
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました