こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【米国株】強めの買い増し意欲!投資根拠を改めて考える

米国株式投資

1ヶ月でどれだけ米国株相場は動いた?

いったん、退場すべき??

みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。

米国株相場が荒れています。

一気に下がったかと思えば、一気に上がる。

「もう米国株投資はやめようかな…」と米国株投資に対する意思が弱ってきているかもしれません。

しかし、今後も人口増加が見込める米国は、投資対象国として優れているという点は変わっていません。

本日の記事は、米国株投資をする根拠を人口推移面から改めてふりかえります。

スポンサーリンク

米国株買いたい

わたしは米国株の買い増し意欲が強めです。

自分でもびっくりしているのは、昨今の暴落相場でもちっとも焦っていないこと。

数ヶ月の下げは気にしません。

米国株投資の根拠をふりかえる

改めて米国株へ投資している根拠をふりかえります。

「米国株は長期で見ると、ゆるやかな右肩あがり」も米国株へ投資する大きな魅力です。

加えて、日本と異なり米国は人口増加が見込める点も大きな魅力ではないでしょうか。

人口と経済発展

内閣府の「第3章 人口・経済・地域社会をめぐる現状と課題」に人口と経済発展について書かれています。

内閣府のページがちょっと細かいので、ざっくりまとめます。

  • 人口が減少すると…労働力人口の低下
  • 消費の鈍化
  • 生産性の低下

→結果、経済力が低下する

人のいないところでは、経済・産業の発展はありえません。

人口が減ると、働く人が減ります。
労働人口が減ると、生産力が落ち、国の経済力が低下することは火を見るよりも明らかです。

また、人口減少に伴い、消費も低下します。
子供が一人の家庭と子供が三人の家庭では消費する金額は異なるでしょう。

人口減少に伴い経済力が低下している国が我が国日本です。
世界のGDP成長率が3%前後で推移しているのに対して、日本のGDP成長率は1.7%(2017年)。

日本は経済成長しているとは言い難いです。

人口が増加すれば経済が潤う→人口が増加する国へ投資する

投資に最適な人口増加が見込める国として、米国は注目されているのです。

米国は人口増加が見込まれる

United Nationsより世界人口予測をピックアップします。

まずはアメリカの人口予測です。

米国人口予測

シナリオは様々ありますが、今後も順調に人口増加が見込めるようです。

今後も人口の増加が期待される米国、米国株へ投資する理由の一つです。

20年後、30年後も投資していたいと思わせるラインを描いています。

日本の人口推移予想

対して、日本の人口予測です。

日本人口予測

想像はしていましたが、見事な人口減少ライン。

残念ですが、日本は投資対象とするには…見劣りします。

米国株へ長期投資することは変わらない

直近の相場を見ていると、ハラハラしますが、米国株へ投資するという気持ちは変わりません。

新興国などの成長も気になりますが、しばらくは世界経済での米国の優位性は損なわれないでしょう。

少子高齢化が進む日本と人口増加が期待できる米国。

どちらに投資しますか。

歴史を振り返ると、文化や産業、経済の発展には、ヒトの存在が不可欠です。

米国の人口増加ラインには、投資家魂をくすぐるものがありますね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

最高のフィナーレを。

人気記事▶︎【投資の種銭を作る】年収400万円OLがやってみた。「おうちで稼ぎ」でつみたて資金作り

Twitter、Instagramやってます。

もしよかったら、お友達になってください!

Twitterはこちら
Instagramはこちら


いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

今日も応援よろしくお願いします☆

人生初note書きました!

【AM5時の女】朝活で最高の自分になる方法【自分史上最高の人生を送る】|こか|note
はじめまして。こかです。 人生初noteです。 毎朝5時〜5時半に起き、朝活しています。 2018年11月から朝活を始めて1年以上が経ちました。 毎朝「おはようツイート」も1年間継続しています。 元々朝が弱く、起きたら出発時間ギリギリ、タクシー出社…なんてこともありました。 起きた時間が家を出る時間!という日も。...
米国株式投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました