【KO】コカコーラ配当金と増配率に注目!こかのコカコーラリサーチ。

バフェット銘柄で有名なコカコーラ。
先日、配当権利落ちしましたね。

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

私は「こか」という名前からコカコーラが好きと思われることが多いです。
ちっとも飲まないのですが…。

 

バフェットも保有、愛飲しているコカコーラ【KO】。
インカムゲイン銘柄として注目されているコカコーラ【KO】。

コカコーラ【KO】の現在の株価と配当金について調べてみました。

[ad]

コカコーラ【KO】の株価について

2019年6月の配当権利は、6月12日までにコカコーラ株を保有している株主に対して与えられます。

配当落ち後の株価はどうなっているのでしょうか。

4月、5月は40ドル台で推移していましたが、6月の配当権利獲得に向け株価は上昇してきました。

6/12の終値は51.64ドルでした。
12日時点の株主へ0.4ドル/株の配当金が支払われます。

翌13日の終値は51.13ドルで、0.51ドル下げています。
14日には株価を戻して、51.31ドルで引けています。

米国株は日本株ほど権利落ち後の株価が下がらないと思うねん。

コカコーラ【KO】の配当について

コカコーラの配当利回り、配当額、配当性向、連続配当性向は以下のとおりです。

  • DIVIDEND YIELD(配当利回り):3.12%
  • ANNUALIZED PAYOUT(年間配当額):1.60ドル
  • PAYOUT RATIO(配当性向):77.3%
  • DIVIDEND GROWTH(連続増配年数):56年間 

特筆すべきは、連続増配年数です。
56年間連続増配しています。

直近10年間の配当実績は以下のとおりです。

年間配当

増配額

2009年0.82

2010年0.880.06
2011年0.940.06
2012年1.020.08
2013年1.120.1
2014年1.220.1
2015年1.320.1
2016年1.40.08
2017年1.480.08
2018年1.560.08

増配額は微々たるものですが、増配率で考えてみると

増配率

2010年7.32%
2011年6.82%
2012年8.51%
2013年9.80%
2014年8.93%
2015年8.20%
2016年6.06%
2017年5.71%
2018年5.41%

毎年、5%以上の増配を実施していることがわかります。

また、60銘柄以上のETFがコカコーラ【KO】株を組み入れており高配当株式ETFに組み入れられていることが多いです。

HDV(iシェアーズ高配当株式ETF):4.39%
VYM(バンガード高配当株式ETF):1.94%
SDY(SPDR S&P高配当株式ETF):1.40%

コカコーラ【KO】はディフェンシブかつ増配率が魅力

コカコーラ【KO】は生活必需品セクターであり、景気後退期のディフェンシブ銘柄として魅力があります。

セクターとしての魅力に加え、コカコーラ【KO】のブランド力もディフェンシブ力をプッシュしてくれていますね。
バフェットが魅力に感じているのも、コカコーラ【KO】ブランドの信頼性と知名度にあると思います。

加えて、56年連続増配というのは素晴らしいです。

人間に例えると、0歳から56歳までずーーっと世の中に価値を与え続けているようなもので、「生涯現役」です。

赤ちゃんモデルから始めて、渋い目名俳優になるまで活躍しているみたいなイメージですね。

国内株では誰もが知っている銘柄で連続増配しているコカコーラ【KO】のような銘柄はありません。
資産株として保有しておくのもひとつの選択肢です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました