こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【配当利回り6%超え】JT(2914)は今が買い時か?

JT買おうと思うねん。

確かに、安値圏で推移してるね。
配当利回りが6%超えてきてる。

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

【JT】(2914)が年初来安値を更新し、安値圏で推移しています。
そのため、配当利回りが6%を超えてきています。

私も保有していますが、配当のお知らせがくると「やっぱり高配当銘柄だな」と思わされる銘柄です。

配当利回りが魅力のJT。

今はJTの買い時なのかどうか検証していきます。

高配当株JTってどんな株?

JT(2914)は高配当銘柄として注目されており、高配当株投資をしている米国株投資家の方でもホルダーが多い銘柄です。

以下はJTの配当実績です。

1株当たり配当金(円)

連結配当性向(%)

中間

期末

年間

2019年度(予想)777715474.6
2018年度757515069.7
2017年度707014063.9
2016年度646613055.2
2015年度546411853.2
2014年度505010050.1
2013年度46509640.8
2012年度30386837.6

直帰の配当利回りは6%を超えています。
配当利回りランキングでは上位に位置していることでしょう。

JT(2914)とは

タバコを中心として事業展開をしています。

決算12月
設立1985.4
上場1994.10
特色たばこが事業の中核。

M&Aで海外たばこ事業を拡大している。

食品・医薬品も展開している。

連結事業海外たばこの比率が高め→為替注意

国内たばこ28、海外たばこ59、医薬5、

加工食品7、他0 <18・12>

健康志向の高まりで喫煙者は減るものの、電子タバコのような代替品が出てきました。
加えて、JTは食品、医薬品も展開しています。

タバコ産業という事業内容に加えて、高配当銘柄ということがプラスになり、「ディフェンシブ銘柄」として扱われています。

タバコ業界全体の動きを追うには、国外のタバコ銘柄である【PM】や【MO】もチェックしておくべきでしょう。
また、タバコ銘柄の指標であるMSCI World Tobacco Indexも要チェックです。

※MSCI World Tobacco Index:MSCI世界タバコ指数。6つのタバコ銘柄で構成されている指標

チャート

株式相場が不安定だったり、軟調だったりするときに有利に働いてくれるデフェンシブ銘柄。
…のはずですが、直近のJTの動きは好調とは言い難いです。

5/10には年初来安値を更新し、株価は2456円をつけました。
しばらく、低空飛行が続いている状態です。

スクリーンショット 2019-05-13 6.31.24

陽転し上昇しても勢いが続かず、3月に隠転してからは下げ基調が続いています。

こちらは一目均衡表です。
スクリーンショット 2019-05-13 6.33.58

やはり雲の下を這っており、元気がありません。

2,500円を割った今、節目である2,500円を超えて、2,700円までタッチするパワーを見せて欲しいところです。

JTは今が買い時?

安値圏で推移している現在、配当利回りも6%を超え、高配当銘柄としての魅力が増してきています。
配当金通知が来ると、配当利回りの高さを実感します。

高配当銘柄をポートフォリオに加えておくことは悪くないと思います。

しかし、ここからの株価推移が懸念されます。
上昇に転じるのか、まだ下がるのか。

JTの場合は値動きがゆるやかです。
割安で放置されているからといって出来高が急に増え、爆発的に上がるようなことは少ないです。

そのため、株価の動きには「だまし」が入る可能性が考えられます。

上昇トレンドがしっかりと確認できてから買付する「順張り」が無難だと思います。

国内株は1株の金額が大きく、積立形式で増やしていくことができません。
売買タイミングが重要となり、株式投資の難しさを痛感させられます。

「底で拾って、天で売る」というような神業を狙わず、オーソドックスな攻め方が無難で怪我のない方法です。

ウォッチリストやアラート機能を活用して、チェックしておこう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

応援していただけると、とても嬉しいです

よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました