こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【8604:野村HD】顧客ニーズって何?最終赤字1004億円で役員賞与カット!

マネーリテラシー

野村HDが通期赤字に転じたというニュースを見ました。
「顧客のニーズを拾いきれなかった」と言いますが、ニーズを拾い切れていた時はあるのでしょうか。

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

スポンサーリンク

野村HD 前期最終赤字

野村の前期、最終赤字1004億円 のれんの減損響く

野村ホールディングスが25日発表した2019年3月期の連結決算(米国会計基準)は、最終損益が1004億円の赤字(前の期は2193億円の黒字)だった。
ホールセール部門で814億円ののれんの減損損失を計上したほか、不透明な市場環境のなか顧客の取引が減少し個人営業部門も大幅減となった。

 

収益合計(金融費用控除後)は25%減の1兆1167億円、税引き前損益は377億円の赤字(前の期は3281億円の黒字)だった。
ホールセール部門はのれんの減損に加え、債券取引が低調に推移し日本を含む全地域で減収となった。個人営業部門は手数料収入の減少などにより税引き前利益は495億円と前の期から半減した。

 

同日記者会見した北村巧財務統括責任者(CFO)は、個人営業部門が大幅減益となったことについて、「客のニーズを拾いきれなかったことを反省している。対応策として株、債券、投信に加え、オルタナティブ商品も併せて提案できるよう商品戦略の見直しに着手する」と述べた。

 

併せて同社は業績悪化の責任を取り、野村ホールディングスと野村証券の取締役と執行役について、19年3月期の業績に連動する変動報酬(=役員賞与)をゼロとすることを明らかにした。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL25HZB_V20C19A4000000/ 日本経済新聞

証券会社は月給より賞与が魅力の業界です。
きっと一般社員の賞与額にも影響が出るでしょうね…。

客のニーズを拾いきれなかった??

上記ニュースの中で、「客のニーズを拾いきれなかった」とあります。

証券会社が「客のニーズを拾いきれた」時ってあるのでしょうか。

現場で飛び交っている言葉は「収益」「収益」です。

「顧客のために」商品を販売していては収益が上がらず、コンプライアンスぎりぎりの回転売買が横行しています。

AAA格の外債を売却して、同国通貨のデジタルクーポン債を提案…なんてことも普通に行われています。

顧客の取引が減少したのは、不透明な市場環境のせいだけではないと思います。

賢くなった投資家たちが愛想を尽かした結果と受け止めてほしいものです。

商品戦略の見直し

「オルタナティブ商品など商品戦略の見直しを~」という発言も疑問を抱きました。

商品が複雑化すればするほど手数料が高くなることは予想されます。
コストが高く、理解しにくい商品を投資家が求めているとは考えられません。

ここでも顧客ニーズを拾い切れていないのではないかと思いました。

IMG_2294

それでも、高齢者は証券会社の営業に乗せられてしまうと思います。

「新しいおすすめの商品が出たんですよ」となじみの営業マンから言われたら、ほいっと資金を出してしまう・・・。

彼らは投資のプロではなく、販売のプロです。
くれぐれも「証券会社のいいお客さん」にならないようにしてほしいです。


一度、「信頼関係」を築いてしまうとついつい営業マンの口車に乗せられてしまいます。

投資目的や商品の特性、コストを把握し、冷静に判断して投資を行うことが何よりも大切です。

「あなたの資産を守ります」なんて証券マンはいません。
収益を上げることに必死なんです。

「投資家保護」という言葉がむなしく響く…。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

応援していただけると、とても嬉しいです。

よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

マネーリテラシー
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました