こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【SPYD】個性的な高配当株式ETFを検討中

高配当利回りが魅力のETF【SPYD】について調べました!

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

 

高配当株式ETFを保有することは「期待の分散」と思っています。

  • 【VTI】は時価評価額が右肩上がりになることを期待。
  • 【SPYD】のようなETFは配当利回りの良さに期待。

期待を分散させることも「分散投資」の一つかと考えるようになりました。

三人兄弟がいて、それぞれに各々らしい成長を期待するような感じ。

さて、高配当株式ETFの中でも、【SPYD】は個性的な印象です。
サテライト資産として保有しようか検討中です。

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF  【SPYD】

特徴

  • 銘柄の組入比率が均等
  • 他の高配当利回りETFと比較すると、配当利回りの高い
  • 経費率は平均的

 

SPYD

インデックス

S&P 500® 高配当指数 

設定日

2015/10/21

特徴

・S&P 500®組入銘柄のうち、上位80位を対象

・組入比率は均等配分

決算

3/6/9/12月決算

直近配当利回り

3.49%

経費率

0.07%

組入内容について

2018年12月31日現在の組入内容です。
銘柄・セクターと見てみます。

組入銘柄

私が【SPYD】を個性的と思った理由は、組入銘柄が他のETFとは異なるからです。

銘柄

セクター

比率(%)

PG一般消費財1.61
PFE医療1.60
O不動産1.58
AESエネルギー1.52
WELL不動産1.51
VZ通信1.51
ETRエネルギー1.51
FEエネルギー1.50
UDR不動産1.50
AEPエネルギー1.50

https://www.spdrs.jp/etf/fund/ref_doc/Factsheet_SPYD.pdfより

比較対象として【VYM】を例にあげます。

組入トップ銘柄がJNJ、JPM、XOM…と続く【VYM】と比較すると、【SPYD】の組入銘柄は他とは一線を画すことがよくわかります。

組入セクター

組入セクターも特徴的で、不動産がトップです。

不動産の比率が高い分、景気の影響を受けやすいです。
そのため、サテライト資産として考えています。

セクター

比率(%)

不動産24.87
公益事業22.81
一般消費財・サービス10.50
生活必需品9.06
エネルギー7.79
情報技術5.63
金融5.49
コミュニケーション・サービス5.17
ヘルスケア4.24
資本財・サービス2.32

https://www.spdrs.jp/etf/fund/ref_doc/Factsheet_SPYD.pdfより

ETFってどれも同じって考えがちだけれど、中身を紐解いていくとそれぞれの個性がわかっておもしろいね。

【SPYD】を保有しようか検討中

こかは【SPYD】を保有しようか検討中です。

保有するならば、以下のようなイメージです。

毎月の定期買付:VTIとBNDを8:2づつ
賞与など臨時買付:SPYD

年間買付金額は定期買付やつみたて投信の1/3〜1/2程度を予定しています。

日本株式でも不動産セクターやREATに興味がありましたが、保有していません。
【SPYD】は一つのきっかけになるなと思いました。

買付け時は時間分散を予定しています。

賞与支給後、一旦他の口座に資金をプールさせる
↓↓
決めた月に決めた額を購入する
(一年を通して購入する)

※ NISAは定期買付に利用するため、特定口座利用での取引となる→買付時の最低取引手数料に注意

たくさんの銘柄を保有すると管理ができなくなるので、10銘柄程度が限界だと思っています。

自分の管理できる銘柄数の範囲で高パフォーマンスが期待できるよう、楽しく運用していきます。

これからも応援していただけると、とても嬉しいです

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました