こかブログはコツコツ長期投資する人を応援します

【売却基準の明確化】3543:コメダHD売却しました

国内株式投資

4月1日のご祝儀相場で【3543:コメダHD】を売却し、45,000円利益を得ました。

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

4月1日、【3543:コメダHD】を100株2,120円で売却しました。
買付単価は1,660円でしたので、利益は約45,000円です。(税金考慮せず)

株主優待が魅力で保有していたので、なかなか売却できませんでした。
今回、売却基準を明確にすることで、売却に踏み切れました!

景気後退が危ぶまれる中、保有株式の見直しをしています。
その時の記事はこちらです。

売却基準

株主優待目当てで保有していると、なかなか手放せません。
そこで、売却リーチがかかった銘柄を売却するときの基準を考えました。

  • 評価損益(%)が株主優待と配当金の合計利回りを超える場合
  • 評価損益(%)が10%以上になる場合
上記のいづれかに該当したら売却する。

今回のコメダHDの場合で考えてみます。

株主優待:コメダ珈琲のプリペイドカードへ年間2,000円分のチャージ
配当金 :1株あたり50円/年(2018年実績)100株保有の場合、5,000円

100株保有している株主の場合、【2,000+5,000=7,000円】が株主優待と配当金の合計金額です。

私が購入した【1,660円・100株】の利回りを見てみます。

株主優待+配当金の合計利回り
7,000÷160,000×100=4.22%/年

続いて、売却価格での評価損益(%)を計算します。

(2,120ー1,660)÷1,660×100=27.71%

株主優待と配当金利回りは保有期間によって異なりますが、単純比較するため1年間の数字を用いました。

売却した方が有利やね。

このように自分を納得させた上で、売却しました。

銘柄に惚れてしまう

保有銘柄企業の製品やサービスが好きで、ずっと株主優待銘柄を保有することにメリットがあるならば、売却リーチがかかることはないでしょう。

株主優待銘柄の場合、銘柄への情があって売却できないことがあります。
私はそうでした。

しかし、明確な売却基準を持っていれば、売却も実行しやすいです。

DSC_0311

他にも入れ替え候補銘柄や売却リーチ銘柄があります。
順次検討していくつもりです。

気づけば、コメダHD株でコーヒー100杯分の利益が出ていました

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

応援していただけると、とても嬉しいです

よろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

SNSやってます♪
Twitter、Instagramやってます。 もしよかったら、お友達になってください!
Twitterはこちら
Instagramはこちら

いつもありがとうございます!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今日も応援よろしくお願いします☆

HSPブログもよろしくお願いします。

noteも書いています。

国内株式投資
この記事が気に入ったらシェアしてね
Follow me
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒヨッコ投資家 こかの投資ブログ(米国株長期インデックス投資)

コメント

タイトルとURLをコピーしました