【マイナンバーカード不要】確定申告 ID・パスワード式の発行方法

※2019年2月14日 更新

みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

今年からマイナンバーカードなしで確定申告ができるということをご存知でしょうか。

ID・パスワード式と呼ばれるe-Taxのひとつです。

本日は、ID・パスワード式の発行方法についてご紹介します。

「聞いたことはあるけれど、手続き方法がわからない」
「ややこしいのかな」

と思っている方、誰でもできることなので是非チャレンジしてみてください。

要点
1 ID・パスワード式のe-Taxを利用するとマイナンバーカード不要
2 ID・パスワード式の発行方法は税務署に行くだけ!
3 確定申告が簡単になったことで税への意識を高めよう

 

スクリーンショット 2019-02-13 22.04.49

マイナンバーカードがなくても確定申告が可能に!

e-Tax ID・パスワード式とは

e-Taxを利用すると、確定申告のために税務署へ行かず自宅で済ますことができます。
今までのe-TaxはマイナンバーカードとICカードリーダーが必要で、なかなか利用が促進されなかったようです。

暫定対応として、
マイナンバーカードとカードリーダーなしでOKのID・パスワード式
がとられるようになりました。

国税庁では・・・個人納税者の方のe-Tax利用をより便利にするためのシステム改修を進めており、平成31年1月から以下の2つの方式がご利用いただける予定です。
・・・
e-Tax利用の簡便化の2つの方式
・・・
<id・パスワード方式>
「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたe-Tax用のID・パスワードを利用して、「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxを行う方法です。
マイナンバーカードとICカードリーダライタは不要です。

「ID・パスワード方式の届出完了通知」の発行は、税務署で職員による本人確認を行った上で発行しますので、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、お近くの税務署にお越しください。

http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/index.htm</id・パスワード方式>

国税庁のHPでは上記のように案内されています。

では、私が行った実際の発行手続きについてご紹介します。

とても簡単なので本当におすすめです。

e-Tax ID・パスワード式手続き

ID・パスワードの発行は所轄の税務署で行うことができます。

実際に税務署で行った手続きのご紹介です。

◆持ち物

免許証などの本人確認書類

◆手順

1 税務署に行き、ID・パスワードの発行の旨を伝えるとすぐに対応していただけました。

2 アンケート用紙を受け取り、記入します。

FC14D4A8-B388-4D77-AC0D-1FB43AA29397

3 記入し終えたらパソコンで、氏名など必要事項を入力します。

4 入力後、職員さんに声をかけて本人確認書類にて本人確認し、IDが即時発行されます。

—–
手続きは以上です。

私が行ったときは空いていて待ち時間もなく、15分ほどで手続きが完了しました。

たったこれだけのことで自宅から簡単に確定申告が出来るならば、もっと積極的に広めてもいいのになと思いました。

確定申告のために税務署へ行く時間がなかなか取れない方には、一度の来所で手続きが済むID・パスワード式がオススメです。

税金への意識が高まる?

今年は10月に消費税増税も控えており、「税金を支払わなくてはいけない」という意識ばかりが先立ち、「自分の税を正しく申告する」という意識はなかなか育まれていないのが現状です。

扶養家族の異動などを正しく申告せずに年末調整を済ませ、数年後に「●●年度の所得税の追加納付をお願いします」というお知らせが届き、過去の税金を納めることとなるパターンもあります。

このID・パスワード式であれば、今までよりもぐっと確定申告のハードルが下がります。

これを機に納税者一人一人が税金への興味・関心を持つようになって正しい納税ができるようになればよいなと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

これからも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました