ベライゾンが5Gサービスエリアを拡大することが発表されました。
2Q決算も発表になりましたね。 


みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

7月31日、ベライゾンの5Gサービスのエリア拡大がおしらせされました。
翌8月1日には、2019年の2Q決算が発表されました。

8月2日の株価は55.58ドルでした。
全体相場のあおりを受けて、ベライゾンも下げていますが、わたしは引き続きホールドです。

ベライゾン5Gサービスエリア拡大


7月31日付のベライゾンHPでお知らせされていました。

Verizon customers in four more U.S. cities experience 5G Ultra Wideband service

Customers in Atlanta, Detroit, Indianapolis and Washington, DC join the growing list with access to the future with the launch of Verizon 5G Ultra Wideband mobility service

Verizon 5G Ultra Wideband service is available in and around public spaces like parks, monuments, museums, college campuses and stadiums


アメリカの4つの都市で5Gサービス開始

アトランタ、デトロイト、インディアナポリス、ワシントンD.C. で、ベライゾンの5Gサービスが開始される。
ベライゾンの5Gサービスは、公園、記念碑、美術館、大学のキャンパス、スタジアムなどの公共スペースで利用できる。 

サービス提供エリアが着々と広がっていっていますね。

一度、5Gを体感してみたいものです。

ベライゾン2019年2Q決算

ベライゾン決算

先日発表された決算内容は以下のとおりでした。

2019年第2四半期決算発表
売上高:320億ドル7100万ドル(前年同期比±0)
純利益:40億7400万ドル (前年同期比5%減)
売上高純利益率:12.70%
EPS:1.23ドル

EPSはアナリスト予想の1.20ドルを上回る結果となりました。

また、ワイヤレスサービスの契約者数は45万1000人増加し、こちらもアナリスト予想を上回っています。

5Gはまだまだ発展途上段階→だから長期で保有

ベライゾン株価

エリア拡大中の段階であったり、対応端末が高額であったり、5Gはまだ「これからの産業」、発展途上です。
接続状態が不安定だという声も聞きます。

しかし、あらゆるものがインターネットとつながるIoTだったり、今は当たり前になった動画視聴やビデオチャットなどには、5Gの技術が欠かせないはず。

ベライゾンの株価が急騰することは難しそうですが、長期間ホールドしていればじわじわと資産を底上げしてくれるのではないかと期待しています。

配当金をざくざくいただきながら、今後の展開に期待するとします!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。