グロース株全体へ投資できるETF【VUG】のご紹介です。 


みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

アップル【AAPL】やビザ【V】が欲しいけれど、資金の都合で複数銘柄の保有が難しかったり、好調相場に潜む暴落の存在を恐れたり。

なかなか個別銘柄投資に踏み切れないようなとき、【VUG】バンガード米国グロースETFを選択肢に入れてみませんか。

【VUG】バンガード米国グロースETFとは


【VUG】米国グロースETFは、バンガード社のETFで大型グロース株へ投資するETFです。

2019年7月3日現在の価格は167.04ドルです。


バンガード・米国グロースETF

【VUG】

インデックス

CRSP USラージキャップ・グロース・インデックス

設定日

2004/01/26

特徴

大型グロース株に投資

決算

3/6/9/12月決算

経費率

0.04%


CRSP USラージキャップ・グロース・インデックスは、米国の大型グロース株指数です。
投資対象がグロース株なので、配当利回りは0.99%です(2019/7/3現在)

経費率は0.04%です。
【VTI】や【VOO】が0.03%であることを踏まえると、経費率も妥当です。

経費率は6月に安くなったばかり!
バンガードさんのこういうところ、好き。 

【VUG】バンガード米国グロースETFの構成銘柄とセクター


【VUG】米国グロースETFの構成銘柄の上位10銘柄の顔ぶれは以下のとおりです。

保有銘柄

構成比

Microsoft Corp.

7.771%

Apple Inc.

6.084%

Amazon.com Inc.

6.069%

Facebook Inc. Class A

3.467%

Alphabet Inc. Class A

2.712%

Alphabet Inc. Class C

2.684%

Visa Inc. Class A

2.312%

Mastercard Inc. Class A

1.880%

Home Depot Inc.

1.756%

Comcast Corp. Class A

1.516%



THE 成長銘柄!
今をときめく銘柄たちが並んでいます。

Home DepotはNYダウ構成銘柄のひとつで、大手ホームセンターです。
Comcastはケーブルテレビ会社です。

【VUG】米国グロースETFの構成セクターはこちら。

セクター

比率

テクノロジー

33.8%

消費サービス

20.2%

資本財

14.0%

金融

13.0%

ヘルスケア

9.6%

消費財

5.2%

石油・ガス

2.3%

素材

1.6%

電気・通信

0.3%



【VUG】を紐解くと、やっぱりそうかぁ〜と感じる中身です。

【VUG】バンガード米国グロースETFのパフォーマンスは


【VUG】米国グロースETFと【VOO】の比較チャートです。
青:VUG/水色:VOO

VUGチャート

全体の動き方は似ていて、二本のチャートが並行しています。
しかし、【VUG】の伸びは【VOO】を凌いでおり、上昇相場の中ではグロース株の強さをしみじみ感じます。

「上昇相場では好パフォーマンスでも、景気後退期は弱いんじゃないの?」と思い、リーマンショック時のS&P500との比較チャートを調べてみました。

青:VUG/水色:S&P500


VUGチャートリーマンショック時

S&P500以上の下げを見せるかと思いきや、S&P500をあまり変わらない動きをしていました。

リスク許容度に応じて一考の価値アリ


【VUG】バンガード米国グロースETFは大型グロース株へ投資しています。

グロース株投資は個別銘柄の方が投資冥利につきるでしょう。
しかし、ETFならば個別銘柄のリスクを抑えることができます。

リスク許容度に応じてポートフォリオに入れるのがよいと思います。

わたしは【VTI】のスパイスとして【VUG】を組み入れるのがいいと思うな。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。