勧誘されて入会した持株会。
目の上のたんこぶ…な存在でしたが、なんとか口数減に成功しました! 


みなさん、こんにちわ。
ヒヨッコ投資家 こかです。

私のように「なんとなく」「つきあいで」「勧誘されたから」と自社の持株会に入会している方、いらっしゃいませんか。

以前のブログに書いたとおり、持株会は給与収入元と投資先が一箇所に集中されてしまうというリスクがあります。
辞めたいなぁと思っていましたが、規約・つきあい等でなかなかやめられず…。

今回、ようやく口数減の手続きができました!
5口(5,000円)から1口(1,000円)へ変更しました。

持株会に充てていた資金を【VTI】購入に変更します。

持株会のメリット・デメリット


持株会のメリット・デメリットについて整理します。

持株会のメリット
  1. 1口(1,000円)から始められる
  2. 奨励金が出る(弊社は15%の奨励金です)
  3. 給与天引きでできる 

次はデメリットです。

持株会のデメリット
  1. 規約に則った手続きが必要となるため、すぐに売却できない
  2. 収入を得るところと株式資産の投資先が同一である 

従業員にとって、奨励金制度はありがたい制度です。
奨励金制度は社内でも好評です。
奨励金目当てで、毎月30,000円ほど持株会へ投資している従業員もいるくらいです。

しかし、資金が固定されてしまうことや収入元と投資先を一箇所に集中させるリスクを踏まえると、持株会はゼロもしくは少数口数で十分です。

「自社株の積立」と聞くと敷居が低く、投資に対して抵抗がある人でも心理的なブロックを解いてしまいますね。

つきあいで始めたけれど


私は持株会には興味がなかったのですが、つきあいで始めることとなりました。

しかし、自社の体制に疑問を抱き始めたことをきっかけに、事務局へ「持株会を辞めたい、引き出したい」と伝えましたが、なかなか辞められず、困っていました。

売却には取締役会の承認が必要であったり、口数・休会手続きは所定の時期のみであったり。

とにかく、資金を固定されてしまいます。

今回、ようやく手続きができる時期が来たので、口数減の手続きを行いました。
FullSizeRender

口数減の手続きを行うことに


口数減を申し出ると、理由を聞かれました。

まさか、「自社の体制に疑問を感じています。私の大事なお金を預けたくありません」と言えないので、「他の貯金をしたいんです」と伝えました。

書類を書いて、ハンコを押して…。
晴れて、5口(5,000円)から1口(1,000円)へ口数減に成功!

本当は休会したいのですが、つきあいもあり休会はできませんでした。

【VTI】への積立に充てます

 
持株会の口数を減らしたことで解放された4,000円は月々の【VTI】買付に充てます。

弊社の成長率よりアメリカ経済の成長率の方が高いことは明白です。
【VTI】を買っている方が旨味があります。

奨励金を加味すると、持株会は利回りのよい投資かもしれません。
けれども、奨励金制度なんて経営状況によっていつまで続くかわからないし、アテにできません。

自分が納得して定期的に買い付けしている【VTI】を増やしたい!

持株会はほどほどに


持株会にもデメリットばかりではなく、メリットもあります。
成長企業に在籍していた方の持株会の資産が、定年時には大きくなっていたという話も聞きます。

けれども、ある程度成熟した企業や安定している企業の場合は時価の上昇は望み薄です。

自社への投資と米国株を始め世界への投資。
どちらが有利か考えて、持株会はほどほどに。



今日もお読みいただき、ありがとうございました。
最高のフィナーレを。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
応援していただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いします。


持株会辞めたいと思ったきっかけについての記事はこちら↓↓

【持株会辞めたい】私が直面したリスク因子

入社時、持株会に勧誘され、入会しました。奨励金も出るけれど、正直なところ、退会したいです。 みなさん、こんにちわ。ヒヨッコ投資家 こかです。中小企業ですが、弊社は持株会(奨励金あり)制度があり、会員です。奨励金は持株会拠出額の15%です。実は退会したいと思い